アジアン, 車中泊, 料理研究

豪雪の山中車中泊でベトナム料理

MacBookのバッテリー交換が完成したとの連絡を受け、引き取りに先週に続き、再び山形を訪問しました。

Mac Book(タッチバー付きのモデル)のバッテリーは、キーボードとトラックパッドとも一体化になっているそうで、当然、これらも新品交換になりました。

キーボードが新しくなるのは気持ちいいものですね。

豪雪地帯で車中泊

せっかく来たので、今夜も豪雪地帯、山形蔵王で車中泊敢行です。まずは先日も訪問して気に入っている共同浴場へ。入浴料は200円、いい湯です。

ここは、狭い路地の両側の側溝から湯けむりが立ち登る、風情ある温泉街にあります。

驚くくとに、直線で50mほどの距離に3箇所の共同浴場があります。泉質は同じですが、お湯の濁り具合が明らかに違います。

明日朝も6:00からやっているのでリピート確定です。

入浴後はベトナム料理、フォーを車内調理でいただきました。ライムの香りが鶏出汁を引き出して、文句なしの美味さです。

外気温はただいま-5.1℃、今日の予想最低気温は-10℃とのこと。車内は快適、とても静かです。

雑記

Z世代が生み出す消費市場

昨日ブログで「Z世代」の消費行動について知ったことを記事にしました。

これまで安泰とされてきた市場ですら、コロナ禍と小子化の波によって先行きは不透明です。

これまで当たり前に接してきたTV業界でも、YouTubeの浸透で大きく変化しています。

これまでのTV番組は、選べるのは5つや6つのチャンネルであらかじめ時間帯によって決まっている番組を選んで視聴するスタイルです。そのTV番組は、視聴者のライフスタイルや嗜好とは無関係に、大衆をターゲットに放映するCMによって成り立ってきました。

ここ数年は、特に視聴したい番組もなく、自分には無縁の女性化粧品や買う予定も興味もない自動車のCMが流れるという、今思えばとても無駄な時間を過ごしてきたように思います。

広告手法すら変化させるZ世代の消費行動

コロナ禍で家で過ごす時間が増え、生活様式が一変しました。オンラインでできることはオンラインで済ますことができるサービスが増えました。健康上の理由などで参列できない親族向けにライブ中継を実施する葬儀社もあります。葬儀社に依頼しなくても、参列した人がスマホを使えば、SNSでライブ配信できるのです。

イベントを開催しにくい状況が続き、YouTubeを活用する演者も増え、YouTubeは一気に身近なものになりました。

YouTubeは、TVと違い、見たい動画を検索して探すことができ、見たい時にいつでも何度でも繰り返して見ることができます。

こうなると、広告手法も自ずと変わってくることになります。

YouTubeの「True View」とは

YouTubeを視聴する時に流れる広告には、いくつかのフォーマットがあります。本編動画との親和性や広告掲出企業の費用対効果の観点からいくつかの課金制もあるようです。

視聴者とコンテンツ(投稿者)と広告掲出企業が密接な関係で結ばれた秀逸な広告手法です。

これではTVがかなうはずもありません。

詳しくは以下をご覧ください。

ストックフォトにも新しいビジネスモデル

話は変わり、ストックフォトクリエイターと呼ばれる就業形態(職業)があります。

画像や動画素材を、販売を運営する企業の専用サイトに投稿して販売するものですが、この分野でも新しい市場が生まれていることに今朝、気づきました。

私もクリエイターとして活動を始めていますが、サイトにはプロが撮影したような画像がずらりと並び、趣味以上の経験も知識もない自分では太刀打ちできるはずもなく、何度も心が折れっぱなしでした。

私が活動しているストックフォトサービスは、どちらかというと企業案件です。購入者側の料金体系に「定額プラン」というコースがあるのでわかります。広告代理店などが媒体を制作したり提案資料に使うために便利な料金体系です。

今朝発見したのは、数百円程度で売買される、まるで画像のフリーマーケットのようなサービスサイトです。

撮影した画像の「素人っぽさ」がウケているようです。想像ですが、商品レビューを紹介する画像に使われたりもするのでしょう。

インスタ映えするような画像でもなく、「普通の写真」です。

重要なのは、テーマと情報の質、そして誰の、どんな役に立つのか、という思考の深さです。

なるほど!と思いました。

Snapmart側の写真出品を促進するプロモーションもよく考えられているし、Snapmart市場を広告手段として活用する企業も多数あり、まさにYouTubeビジネスモデルの画像版です。

気になる方は、ぜひ、登録してみてください。

雑記

水鳥との共生に学ぶ

私は、将来「無限の自由旅行」に出ることを目標に活動しています。「無限の自由旅行」とは、かんたんに言うと「ノープランの長期旅行」です。

4年ほど前に、酒席で談笑している時に誰からともなく不意に出た「遊んで暮らす」という何とも魅力的なキーワードが頭に残って離れませんでした。

遊んで暮らす

宝くじで高額当選するなど、億単位の大金が手に入る以外に、しがないサラリーマンが「遊んで暮らす」ことは実現可能なのでしょうか?

酒席の場でその言葉を聞いた日からその言葉の魔力に憑りつかれ、つい先日まで真剣に考えてきました。「考えてきた」というより、「検討してきた」と表現した方が、実現性を追い求めている雰囲気があるので、ニュアンスは合っているかもしれません。

遊んで暮らすためのスキルはこちら→今日からプロのクリエイター

そもそも、なぜ、遊んで暮らしたいのか?

記憶を遡れば、「時間の制約」からの解放を意識しはじめた記事がきっかけだったかもしれません。

世界最高峰の羽毛を生み出す水鳥と人間の共生

見出しは、何年か前に読んだ機内誌記事の要約です。

その記事は、北極圏の美しい大自然の中で、のんびりゆったりと親子で散歩しながら過ごすことが伝統的な生活基盤になっているというものでした。

世界最高峰といわれる北欧の羽毛は希少価値が高く、布団にすると数十万円するものもある高級品ですが、この羽毛の元になるが海洋性水鳥(カモ)です。

世界最高峰羽毛布団はアイスランド・アイダーダウン

のんびりゆったりと親子で散歩する理由は、この水鳥の卵を狙う外敵を寄せ付けず、水鳥が安心して巣作りできるようにするためなのです。

水鳥は人の生活圏内にいることで卵の安全が確保され、北極圏の厳しい環境で暮らす人々は、水鳥の巣から採取する羽毛によって生活基盤が確保されています。

彼らの家業は、産卵時期に水鳥が再び飛来するように、平和で静かで、安全安心な自然環境を維持することです。誰かの管理下で与えられた業務をこなすのではなく、水鳥に安心な子育て環境を提供が任務で、そのライフスタイルが良好な社会秩序の維持にもつながっています。

機内誌の記事を読んだとき、美しい自然の中で、小さな子どもとのんびりと散歩する男性の色褪せたジーンズの風合いは、ばかばかしい忖度も見栄もない、飾り気がなく自然で自由な暮らしぶりを物語っているように見えました。

水鳥との共生の仕組みに驚き、憧れたことを覚えています。

アイスランドに生息する、コモ・アイダー(ケワタガモ)の雌鳥は、卵をあたためるために自らの胸の毛をついばんで巣を作ります。
雛が巣立った後のダウンを人間の手で丁寧に集めたものが『アイスランド・アイダーダウン』です。
ヒナをかえすためメス鳥が最も柔らかい自らのダウンをついばんで作った巣から人間が採取。強風にも飛び散らないダウンの秘密は、 その絡み合いから生まれる驚異の暖かさと柔らかさ。それだけに巣から採取された羽毛の精製はたいへん。洗浄には化学薬品などは使わないため、ダウンの損傷もなく、耐久性に優れています。
手間と時間をかけた、昔ながらの手作業により、厳しい品質・衛生基準にもパスするクオリティーが 守られています。
アイダーダックは比較的生息数の少ない鳥であるため、法律によって保護され、ダウンの採取量も最小限にとどめられています。鳥たちの生態系にも細心の注意を払い、昔ながらの手作業によって採取される希少価値の高い羽毛です。熟練された手作業により、変わらぬ品質が守られています。

https://www.anmin-ne.com/shop/down/eiderdown/eideryj-b.html

「遊んで暮らす」とは、自堕落でわがままな日常でいたい、という意味ではなく、北欧の羽毛採取農家のような、自然を軸に循環するライフスタイルを指しています。

どうしたら遊んで暮らせるか

残念ながら日本には羽毛採取農家のような、のんびり散歩することが生活基盤を強固にする就業環境はありません。

それはないけれど、似たようなビジネスモデルはあるはずだとずっと考えてきました。

釣りをしながらのバンライフでYouTubeで生計を維持している人もいます。しかし、それには高いレベルでの動画編集作業が伴うので、求めているのとはちょっと違います。

どうしたら、燃え尽き症候群とは無縁の、自由でいきいきしたセカンドライフを実現できるのか。

日々、そういうことを考えているうちに、答えに近づきつつあるようです。

あきらめず、工夫や研究を重ねることは重要なことです。そして、それよりも重要なのは「時間」。私はそう思います。

秘密基地

車内暖房を考える(その2)

以前の記事で、NVANのルーフにソーラーパネルを取り付け、電気ファンヒーターの電源にすることを検討していました。

その時の記事はこちら→車内暖房を考える

しかし、ソーラーパネルを取り付ける費用と活用頻度を考えると得策ではないという結論に至りました。

snow peakグローストーブはテント内用

これは、普段床下に収納しているプライバシーテント類を展開した時のGoPro広角画像です。

プライバシーテントを展開できるような場面であれば、テント内で「snow peakグローストーブ(対流式石油ストーブ)」が使えますが、強風時や降雪時は、テントにかかる負荷が大きくなるので、テント展開はできず、対流式石油ストーブで暖まることはできません。

コンディションが悪い時は、車内で過ごすことになるわけです。

車内で対流式石油ストーブはもちろん使えないので別の暖房手段が必要です。それがソーラーパネルによる発電での暖房を考えていた主な理由でした。

昼休憩時の暖房テスト

<車内でのストーブ使用は大変危険です。真似しないでください。>

ソーラーがコストパフォーマンスが悪いとなると、やはりガスしかありません。

今日の昼休憩時、長男がワカサギ釣りで使用しているらしいカセットガス式のストーブを借りて実験しました。前回のテスト品は登山など荷物に制限がある場合の暖房手段で、CB缶の周りが熱の照り返しで熱くなるという欠点がありました。

今回のテスト品は、本体周辺が熱くなることもなく、音も静かです。倒れたりするような形状でもありません。しかし、うたた寝することもあることを考えると、使用は緊急時限定です。

そもそも、車内でこういうものを使ってはいけません、一応は。

基本はエンジンで暖をとることをおすすめします。

インナールーフキャリアをブラックアウト

一昨日のことになりますが、車内居住をより快適にするために、目障りだったインナールーフキャリアに黒布を敷いて、目隠ししました。

収納物がごちゃごちゃして目障りでしたが、ネットの下に黒布を敷くことで、すっきりとしました。車内で寝そべって天井を見上げると、目隠しの改善前と後での違いは一目瞭然です。

前回記事で紹介しましたが、床下も目隠ししています。

前回記事はこちらをご覧ください→車内用ゴミ箱を考える

一見、何もない空間に見えるのですが、長期間の快適な車上生活をできるギアが収納されています。

車内に収納してから一度も使わないギアもあるので、整理が必要ですが、「無限の自由旅行」は、少しずつ、前進しています。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。それでは今日はこの辺で。

秘密基地

車内用ゴミ箱を考える

車内に設置しているゴミ箱は、車内用として市販されているものではなく家庭用なのですが、空になったペットボトルが入るサイズでありながら大きすぎず、そこそこ気に入って車内で使っています。しかし、そのまんま置いているだけなので、安定が悪く、たまに横倒しになって室内にゴミが散乱することもありました。

今日、車内(N-VAN)を整理していた時に、車内床下にマジックテープ付きのゴムバンドを落としたことがきっかけで、ゴミ箱安定化にマジックテープを使うアイディアが閃きました。

ニュートンが万有引力の法則を発見した時と似たような体験です。

安定化策は超簡単。ゴミ箱の底にマジックテープを貼り付けるだけです。

ゴミ箱の底には1mmほど出っ張った縁があり、この高さのおかげで、カーペット地の床にガッチリくっつくことはなく、密着度はちょうどいい感じです。

なぜ、こんなに簡単で素晴らしい対処方法に今まで気付かなかったのだろうと、自分を責めたくなるほどの出来具合です。

車内でのゴミ箱の置き場所は、運転席のすぐ後ろです。背中の方に手を伸ばせば届く位置なので、運転中でもゴミを捨てるのが楽ですし、目障りでもなく邪魔でもありません。

後部座席で座椅子モードでくつろぐときは、このままの位置だと邪魔になるので、バックドア付近に常設しているTVの脇に移動します。ゴミ箱は、床からペリッと剥がれます。

ゴミを捨てる時は、内袋ごと取り出して捨てて、ビニール内袋の内側というか外側というか、ゴミ箱本体と内袋の間に収納している内袋の予備をセットします。

秘密基地展開の場合の工夫

秘密基地として展開した時に、車外で吊るして使うため、ドリルで穴を開けて紐を通しました。吊るしておけば、濡れた地面に直置きしないでも済むし、ゴミ箱が風で飛ばされたり、間違って蹴飛ばしたりすることも防げます。

ちなみにこの紐は、アウトドアブランド(MSR)のテント用で、紐に反射塗料が織り交ぜられています。そのため夜間の視認性がバツグンに良く、紐に引っかかったりすることを防げます。

事故防止だけではなく、演出的効果もあるかもしれません。

仕上げに、先日の旅行で立ち寄った「おしかホエールランド」のステッカーを貼りました。

たかがゴミ箱ですがオリジナリティを加えると特別感や所有する意味合いが生まれ、この空間で過ごすことがより楽しくなるような気がします。何より、清潔な空間を維持するための意欲が湧いてきます。

普段、車内での置き場所はこんな感じです。

おまけ|室内をブラックアウト

ついでに、床下に黒布をはり、床下収納品を目隠ししました。写真中央部分のクサビ型に明るくなっているところは車内に差し込んだ太陽光です。テーブルの高さから下は全て黒布で目隠しになっているので、生活感を消し去り、スッキリした空間になりました。

この床下には、ポータブルバッテリーをはじめ、寒暖問わず無限の自由旅行を可能とする装備が収納されています。ちなみにお昼寝用の枕(枕カバーに着替えを入れただけのもの)はTVの後ろに置いています。

助手席側のベット下は以前から目隠し済み。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ストックフォト, フォトグラフ

「道の駅」に出品する感覚

今日は一日を通して、曇り、晴れ、雷、豪雨と目まぐるしい気象条件の変化に見舞われました。

おまけに猛暑。

データは確認していませんが、体感的には今年一番の暑さだったように思います。

そんな休日でしたが、今日は映像作品の制作に取り組みました。

タイトルにある「道の駅」とは何のことでしょうか・・。


「道の駅」の直売コーナーに納品


今日はこの映像を含め、映像クリエイター登録をしている大手コンテンツ販売サイトに、4点の映像作品をサーバー(シンガポール)に納品しました。

やってみて気付いたのですが、これは道の駅の農産物直売コーナーに収穫した野菜を並べるのと似た感覚かも知れません。(道の駅に農産物を出品したことはありませんが)

その地域のその時期で、収穫(出品)される野菜はだいたい決まっています。自分がいかに精魂込めた作物であっても、ライバルも、同じように同じ物を栽培・収穫し、出品しているわけです。生育環境に特殊な装置がなければ、自然環境下で生産できる作物はだいたい同じ品目です。

それでも生産者は、誰かに選んでもらえるかも知れない、選んで欲しいと思って、魂を込めるわけです。これって、おんなじですね。

その中で、売り場を見渡す来店者の目に止めてもらうには、特色が必要です。


久々にMAVIC PROを出動


出品するため、晴れ間のすきに、MAVIC PROを持って出動しました。

この機種は4K動画のほか、様々なインテリジェンス撮影ができる機種です。

iPadを送信機につなぎ、フライト準備が整いました。

外に出ると汗が噴き出てきます。

本来ならば、撮影したいテーマがあったのですが、いざ、自宅から10分ほどの現場に来てみるといい画になりそうもないことがわかりました。

なので、普通に田園風景を撮影しました。準備不足を大いに反省した次第です。


今日は上記の映像も含め、出来の悪い作品を道の駅の売り場に並べる感覚で、生データを納品しました。

それでも、自分の活動フィールドがあるということには意欲が高まりますし、成長のきっかけにもなります。

実は、前段の雲の映像の10分後に雷雨がありました。もう10分カメラを回していれば、もう少しドラマチックな映像になったかも知れません。

毎日、そんな反省と勉強の繰り返しです。それがまた意味があり、楽しいのです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

雑記

こんなライフスタイルが羨ましい

最近、ブログ記事やYouTubeを見ていて、組織から離れ、自由に活動する人が多くなってきたように思います。

私は現在、組織人なので、土日やまとまった休みにどこかへ出かける程度ですが、いつかは自由な旅をしてみたいと考えています。

ここで紹介する動画は昨晩見入った、Digital Homeless YouheiさんがYouTubeに投稿した動画です。映像のクオリティも高く、見ていて気持ちがいい動画です。実際に多くの人々の共感を集めており、動画の冒頭であいさつしている表情はとてもイキイキしていて、映像に引き込まれました。

家を持たないという意味では「ホームレス」に間違いないのでしょうが、行政などの支援に頼らざるを得ない方々とは明らかに次元が異なるので、別な呼び方があった方が良さそうです。

なぜ、多くの人々の共感を集めるのでしょうか。

就労意識の変化

出世を望まない人が増えているとよく聞きます。ひと昔前は当たり前だった勤続年数や終身雇用へのこだわりが薄れてきていることも肌感覚としてよくわかります。

その就労意識の変化は内閣府の調査結果にも表れていました。

平成27(2017)年度内閣府のまとめによれば、「仕事と家庭・プライベート(私生活)」のどちらを優先するかのアンケート調査は以下の結果でした。( )は平成23(2011)年度の調査値です。

「仕事よりも家庭・プライベート(私生活)を優先する」・・・63.7%(52.9%)

プライベート(私生活)を優先すると回答した人を性別で見たのが次のとおりです。

女性・・・・・・・・69.4%(58.6%)

男性・・・・・・・・58.3%(47.3%)

男性は前回調査時よりも10ポイント以上も増えています。

詳細は内閣府のWEBサイトをご覧ください。

「働き方」は「暮らし方」

何をするにでも、就労を通して経済的な基盤を築くことは大事な要素です。

ライフスタイルが多様化し、個人の希望や事情により様々な働き方が受け入れられる環境が整いつつある今は、就労は、収入を得るための手段というだけではなく、「暮らし方」そのものになりました。

加えて、東日本大震災や台風19号などによって、家族や財産が一瞬で奪われる悲惨な光景を目にし、人生観を見直すきっかけになった人もいたのではないでしょうか。

運よく何事もなく定年まで勤めあげたとしても、社会とのつながりも途絶え、途端に魂の抜け殻のようになる人も珍しくはありません。

60歳定年の人の平均余命は男性で23.7年、女性で28.9年です。60歳の定年で魂が抜けるとすれば、男性にとっても女性にとっても、残酷な話ですね。

我慢やストレスから離れ、自分のしたいことができる環境や暮らし方を、早いうちから模索して準備するという選択は、あながち無謀なことではないと思います。

子育てや介護と両立したワーク・ライフ・バランス

養う家族がいる人にとっては子育てや介護などの問題も考えていかなければいけませんね。

私は自分の年齢と家族の年齢の将来推移を年表で表しています。自分自身と家族の加齢によって直面するであろう問題をあらかじめ思い描くことも大切なことと思っています。

年表を眺めていると、必然的にワーク・ライフのバランスが見えてくるような気がするのです。

冒頭のDigital Homeless Youheiさんですが、岩手県八幡平にある藤七温泉に立ち寄ったようです。私も何度か行ったことがありますが、この星空を眺めながらの天空の露天風呂、最高でしょうね。

人生に残された時間は長いですが、行動できる機会はそう多くはありません。近々、NVANで出かけてみたいと思います。

たまたま見入った動画ですが、多くのことを具体的に考えさせられました。まずは行動ですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。それでは今日はこの辺で。


「Nomad Style」は、人生を豊かにする情報発信サイトです。「豪華さ」よりも小刻みに回数を意識して小さな贅沢や、「お金」や「モノ」よりも「時間」や「経験」を重視したライフスタイルを提唱しています。よろしければフォロー&いいねボタンをお願いいたします😄(YouTubeチャンネルも開設しています。)

tamasabu


秘密基地

自分のアウトドアライフをステッカーに

こんにちはtamsabuです。

アウトドア用品やウエアにブランドがあるように、もし自分のライフスタイルを表す独自ブランドがあって、それを誰かに気付いてもらえたとしたら、ちょっと素敵だと思いませんか?

HONDA N-VAN

私は、車(NVAN)、SNS、YouTubeチャンネル、趣味、夢、愛用品、体験など、それぞれを連携し、形として表すことができれば、意欲が深まると思い、自分のアウトドアライフを「ブランド」にすることを約3か月前から構想していました。

今日はその内容をご紹介いたします。

*「ブランド」とは、競合他社の商品やサービスと区別(識別)することを目的とした、名称、言葉、シンボル、デザインなどを組み合わせたものです。「焼印をつけること」を意味する brander という言葉から派生したと言われています。

ライフスタイルのブランディング

ライフスタイルをブランド化すれば、時の流れやトレンドで愛用品や乗る車が変わるなどして新陳代謝を繰り返したとしても、自分自身のイメージ総体は変わることなく、さりげなくカッコよくライフスタイルを主張できそうです。わかりやすく言えば、着る服の好みやセンスをアピールようなイメージです。

私が3か月間の構想の中で重視した下記の5つの項目に沿って、ひとつずつ、解説したいと思います。

(1)ロゴマークデザインは「Looka」が便利

(2)ロゴマークの使い方

(3)ロゴマークの印刷は「印刷の通販グラフィック」がおすすめ!

(4)ステッカー材質の種類と選び方

(5)日常生活でのブランディング

ロゴマークデザインは「Looka」が便利

ブランドロゴマークは、Lookaというオンラインロゴメーカーを使って制作しました。

Lookaでは、ベクトルのロゴファイルやカラーバリエーションを含む商品を提供しています。Facebook、Twitter、YouTube、Etsyなどのロゴの完全なサイズの40以上のバージョンがあり、AIによって、イメージにマッチした秀逸なデザインのロゴを作ることができます。

Lookaを使用するにはアカウント登録(簡単、無料)が必要です。マイページ機能もあるので、デザインの統一性を持たせながら別の形(例えば正方形と円形など)のロゴも作るときにも便利です。

あとはテーマを決めて、好きなようにデザインします。アカウント登録やデザイン作成は無料ですが、できたロゴをダウンロードする際に、クレジットカードで決済($20)する方式です。購入後72時間以内であれば、ロゴデザインを編集し、再ダウンロードすることもできます。

私の場合は「自然」を意識して「山」をモチーフにデザインしました。ロゴ色調はNVAN(ガーデングリーン)と同系色としましたが、デザイン部分の線や文字の色は視認性が良い白の方が良かったかもしれません。

ロゴマークのデザインはけっこう楽しいですので、実際にやってみることをおすすめします。(デザインするだけであれば、おカネはかかりません)

ブランドロゴマークの使い方

例えば、このサイト(サイトロゴあり)をフォローしてくれている人が、同じロゴステッカーを貼った車やバイクを見かけたとしたら、親近感を持ってもらえそうですよね?これが前記した「競合他社の商品やサービスと区別(識別)」された状態です。

使い方としては、車やバイクに貼るのが認知拡散にいちばん手っ取り早いと思います。

(1)サイトアイコンにする

nvanlife.comのサイトアイコン

(2)車に貼る

SUZUKI ソリオ

(3)バイクに貼る

BMW R1200GS ADVENTURE

(4)キャンプや旅行用などの愛用品に貼る

(5)SNS等のプロフィール画像に使う

これらがどこかの場所で絡みあったりすれば、楽しくなるように思います。

ロゴマークの印刷は「印刷の通販グラフィック」がおすすめ!

ロゴマークができたら、ステッカーも制作しようと考えていました。

ひと口に「ステッカー」といっても、用途によって材質や粘着力の指定が必要です。ウィンドウに貼る時のように、デザイン面に糊付けするパターンもあるので、実際にどこかにオーダーしようと考えると、材質、サイズ、ハーフカット、切り抜きなど、多くの指定事項があるので、漠然としたままではステッカー制作作業は進みにくいです。

まずは「何にどう使うか」を決めることが重要です。これが決まれば、サイズや材質は、ある程度絞られてきます。

印刷の通販グラフィックの通販サイトでは、それらの商品説明や指定事項の意味が詳しくてわかりやすく解説が添えられており、安心してオーダーできました。

印刷用の原稿データの入校方法なども説明が丁寧で、入校や作業進行状況のメー連絡もきめ細かく、とても良心的でした。

ただし、制作物によっては、原稿入稿用のデータ作成に専用ソフトが必要な場合があります。サイトでも詳しく解説していますので、Lookaで制作物をデザインする前に、「印刷の通販グラフィック」のサイトで入稿データ形式等を事前確認し、制作物の材質や用途をイメージした上で、PCの制作環境にあわせてすすめるのがよいと思います。

私の場合は、車のリヤウインドウに貼ることを想定して、サイズは4.6mm×4.6mm、材質は「ミラーアルミ」を選びました。

日常生活でのブランディング

Lookaで作ったロゴ画像データを使って、Tシャツやポロシャツへプリントするのは、ステッカーを作るよりも容易ですね。

友人、知人にあげたりもいいかも。(ただし、受け手側に多少の愛着がないとありがた迷惑な話にもなります)

いかがでしたか?

荒削りの説明でしたが、要点の手がかりくらいにはなれたとしたら幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。それでは今日はこの辺で。

秘密基地

NVAN車内を「和風スナック」に

こんにちはtamasabuです。

NVAN車内を和風スナック風にアレンジして庭先で仮想体験してみました。#nvan #車中泊

夢グループの人気商品「カラオケ1番」

スナックになくてはならないのはカラオケです。

さっそく家にあった「カラオケ1番」を車内にセットアップしました。セットアップと言ってもテレビと接続するだけです。すぐにカラオケが楽しめます。

キーを変えたり、エコーのかかり具合を変えたり、ひと通りのことができます。

それにしても、小林旭の表情がいいですね。

豪華歌手の曲目をラインナップ

秋元順子/あすかるうみ/渥美二郎/嵐/石川さゆり/いしだあゆみ/石原裕次郎/五木ひろし/井上陽水/岩崎宏美/内山田洋とクール・ファイブ/EXILE/s4/大川栄策/尾崎豊/かぐや姫/春日八郎/加藤久仁彦とトップギャラン/加藤登紀子/佳山明生/狩人/川中美幸/北島三郎/香西かおり/倖田來未/郷ひろみ/越路吹雪/伍代夏子/小林旭/小林幸子/小林幸子・美樹克彦/コブクロ/小柳ルミ子/COMPLEX/坂本冬美/さだまさし/THE虎舞竜/島倉千代子/神野美伽/杉良太郎/水前寺清子/SMAP/瀬川瑛子/千昌夫/谷村新司/チェリッシュ/テレサ・テン/天童よしみ/徳永英明/敏いとうとハッピー&ブルー/殿様キングス/鳥羽一郎/Dreams Come True/中島みゆき/中条きよし/長渕剛/中村美律子/長山洋子/新沼謙治/橋幸夫・安倍里葎子/浜圭介・桂銀淑/氷川きよし/弘田三枝子/福山雅治/藤あや子/布施明/舟木一夫/フランク永井/ペギー葉山/保科有里/細川たかし/堀内孝雄/牧村三枝子/松崎しげる/松田聖子/Mr.Children/水森かおり/美空ひばり/三橋美智也/都はるみ/宮史郎とピンカラトリオ/三善英史/村田英雄/森進一/森昌子/八代亜紀/山口百恵/山本コウタローとウィークエンド/山本譲二/吉幾三/竜鉄也/ロスインディオス&シルヴィア)

なかなかの充実ぶりではありませんか。

盛り上がる機能が満載

さらに楽しくて便利な機能がついています。(以下はメーカーHPからの転載です。)

採点機能 : みんなでワイワイ歌合戦もOK!
音程調節 : むずかしい歌もラクラク楽しく歌える!
音量調節 : 住宅街・夜間でも思い切り歌える!
テンポ調節 : じっくり・しっとり歌いたい時に便利!
エコー機能 : 美しいエコーでプロ気分を満喫!
録音機能 : 自分の歌声を録音してチェック!

これだけ機能が充実していれば十分ですね。

そろそろ開店時間です。

準備も整いそろそろ開店です。

「いらっしゃいませ〜。あら〜、久しぶりだこと!」

1オクターブ高い、艶やかな声の問いかけが聞こえてきそうな感じがして満足です。

まずはビールから。

今日のお通しは、鯨の竜田揚げ、きゅうりの浅漬け、南蛮のみそ漬けです。

えだ豆をオーダーしたような画。

今夜は特別に奥能登・揚げ浜塩田の輪島塩で味付けしました。この塩はとてもまろやかでおいしいのです。冷やしトマトスライスなどにもよく使っています。おすすめです。

次は野菜サラダ。何てことのないごく普通のサラダでございます。

ビールを手酌で注ぎながらえだ豆をつまみます。

話し相手はいませんが、和服姿の小綺麗な大人の女性店主との語らいを想像しながら癒されております。

メインは沖縄産本まぐろ中トロ。見た目にも美しいです。

宴のテーブルはこんな感じです。写真右手のい草の長座布団は、和風スナックの小上がりをイメージしました。酔っ払えばここにゴロ寝です。

さて、そろそろ一曲いきますか。

「夢グループ カラオケ1番」は、本物のスナックで歌うような機能があって、なかなか面白いです。エコーもバッチリ効きます。

カラオケ中の映像が数パターンの繰り返しになっていて、歌詞と全く関係のない映像が出てくるのですが、それもまた面白いです。

初めて会う常連客との楽しい会話はありませんが、軽バンの車内ということも忘れ、十分楽しめました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。それではまた。