食べ物, 旅と温泉

これでもう迷わない!「八食センター」で海産物を楽しむ体験談 

今年で創業41年目を迎えた「八食センター」。魚介類・青果・精肉、乾物、珍味、お菓子、お酒など、八戸の名物を多数取り揃えたショッピングセンターです。

八食センター

館内には約60店舗も並び、その場で食べられる施設も人気で、観光スポットになっています。

買ったその場で炭火焼き

八食センター・七厘村

「八食センター」の特徴のひとつ、「七厘村」。

館内で購入した新鮮な魚介類や肉類は、店舗内併設の「七輪村」で炭火焼きで楽しめます。

海鮮炭火焼き

店の人もその辺をよく心得ていて、小分けで売ってくれたり、醤油や割りばしを付けてくれたりと親切です。

生ビール3杯目のおかわり。(左が私)

魚種が豊富な時期到来

11月から12月にかけては、サバ、スルメイカ、鮭、ヒラメ、カニ、マイワシ、サンマ、アンコウ、マダラなどの水揚げが増えます。

今日は、八戸前沖で漁獲されたイナダ2.5kgが1本1,000円。刺身、焼き物、煮物がお腹いっぱい食べられます!

10月から12月は、八戸港で水揚げされる魚種が特に豊富な時期でもあり、今日はとてもにぎわっていました。

坂下商店公式WEBサイト

八戸港お魚カレンダー

漁獲量が特に増える魚介類をざっくりとまとめてみました。

水揚げ月サバスルメイカマイワシサケヤリイカマダラアンコウヒラメカレイ
10~12月
1~3月
4~6月
7~9月
八戸港お魚カレンダー

八戸港ではサバが有名です。漁期初めは小型で脂の乗りも今一つとされていますが、晩秋には脂もばっちり乗ります。

特に9月以降は道東沖で漁獲されたものが八戸港に水揚げされ、脂の乗りがよいとのことでした。

スーパーで八戸産のさば缶を多く見かける理由がわかりました。

出かける前には公式サイトをチェック

八食センターでは、海産物の漁獲や農作物の収穫の時期にあわせて、大規模なイベントがあったりします。

館内ショップには定休日もあるので、お出かけの際には、WEBサイトで営業日や営業時間等、事前に確認することをおすすめします。

11月19日(金)から11月30日(火)まで、「冬の特別宅配便」と題したイベントが予定されていました。地方発送を便利にお得にする企画と思います。

八食センター公式サイト

八仙純米吟醸

今夜は漁港に停泊です。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

“これでもう迷わない!「八食センター」で海産物を楽しむ体験談 ” への 3 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中