ライフスタイル

知らないと損!少額のお金できる秋のアート鑑賞法

「ランス美術館」とは、フランス・シャンパーニュ(シャンパン)の産地として有名なランス市にある美術館です。

そのランス美術館、大規模拡張に伴うリニューアル工事が予定されており、休館の間でこそ実現できた、宮城県美術館で開催されている「ランス美術館コレクション」を鑑賞してきました。

海外の名高い美術館に行かなくても、日本で鑑賞できるワケです。

このような理由で開催される企画も多々あるようなので、見過ごしたらもったいないです。

ダニ・カラヴァン作「マアヤン」(宮城県美術館)

写真は、宮城県美術館のエントランスにあるオブジェ(彫刻)です。

四角い柱が並んで立っているだけなのに、「精神統一」を要求されているかのような精密さに、しばし見惚れてしまいます。

入り口前にして、テンションが高まります。

バリーフラナガン作「野兎と鉄兜」(宮城県美術館) 

中庭に通じる通路にあるオブジェ。

痩せているのに躍動感があり、体格とは不自然な耳の大きさは生き生きと見えて、不思議です。

「アート」とは、「不思議」であることが心を惹きつけて離さないポイントなのでしょうか。

フェルサンド・ポテロ作「馬に乗る男」(宮城県美術館) 

このオブジェにも惹きつけられます。計算されたようなアンバランスな構図。

「見る人に想像を委ねるのがいい写真」と何かの記事をみた記憶がありますが、この像からはいろんな想像を掻き立てられます。

佐藤忠良記念館(宮城県美術館)

撮影許可を得て撮影した写真です。まるで生身の人間が醸し出すような感情が伝わってきました。

コローから印象派へ

ウジェーヌ・ブータン作「船の帰還」

タイトルの「コロー」とは、「ジャン=バティスト・カミーユ・コロー」のことで、19世紀のフランスの画家です。

「印象派」とは、描くものの輪郭や色ではなく、描く対象の周りの光や空気感をとらえようとした手法です。

館内の説明によれば、「印象派」は、19世紀末にフランスに端を発した絵画運動で、当初は人気もなく酷評された手法だったとのこと。

筆跡を残さず光沢のある画面に理想美を描く古典派を受け継いだ技法とは異なり、「印象派」は筆跡は力強くありありとしているのに、風景に溶け込んだ柔らかな光を描写する手法です。

間近で筆跡を辿るように見つめると、200年前の画家の視線と目が合っているようで、引き込まれるような、不思議な感じがしてきます。

撮影禁止のため作品の画像紹介はできませんが、フランスに行かなくても、近代風景画の歴史に重要な役割を果たした画家たちの苦悩と情熱に触れてきました。

「クロード・モネ」の思い出

印象派を代表する画家のひとりとして、フランスの「クロード・モネ」があげられます。

私は、2017年6月、愛媛県美術館(松山市)で、イギリス・ウェールズ国立美術館所蔵の作品(モネ)を鑑賞してきました。

今日の宮城県美術館の展示作品に触れ、当時印象派の歴史背景への理解が浅かったことを残念に思いました。もっと事前学習してから鑑賞すればよかったと。

それでも、愛媛県美術館では2〜3時間ほど滞在して観ていた記憶があります。

静かな空間で、芸術家の情熱に包まれる感覚は、日常生活では味わうことができない、とても心地良い時間です。

宮城県美術館
マルゲリータ
ピザスイーツ
国産豚串焼き

芸術に触れ、心が洗われた後は、

「美術館」での作品鑑賞は、アウトドアライフで得られる精神浄化作用と似た感覚がありました。

逆に言うと、キャンプ道具や泊まりがけで遠方に出かけられるまとまった時間がなくても、気持ちを鎮め感性を刺激される心地良さを、近隣の美術館で味わうことができるように思います。

「コローから印象派へ」。11月7日まで宮城県美術館で開催されています。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中