コラム

水鳥との共生に学ぶ

私は、将来「無限の自由旅行」に出ることを目標に活動しています。「無限の自由旅行」とは、かんたんに言うと「ノープランの長期旅行」です。

4年ほど前に、酒席で談笑している時に誰からともなく不意に出た「遊んで暮らす」という何とも魅力的なキーワードが頭に残って離れませんでした。

遊んで暮らす

宝くじで高額当選するなど、億単位の大金が手に入る以外に、しがないサラリーマンが「遊んで暮らす」ことは実現可能なのでしょうか?

酒席の場でその言葉を聞いた日からその言葉の魔力に憑りつかれ、つい先日まで真剣に考えてきました。「考えてきた」というより、「検討してきた」と表現した方が、実現性を追い求めている雰囲気があるので、ニュアンスは合っているかもしれません。

遊んで暮らすためのスキルはこちら→今日からプロのクリエイター

そもそも、なぜ、遊んで暮らしたいのか?

記憶を遡れば、「時間の制約」からの解放を意識しはじめた記事がきっかけだったかもしれません。

世界最高峰の羽毛を生み出す水鳥と人間の共生

見出しは、何年か前に読んだ機内誌記事の要約です。

その記事は、北極圏の美しい大自然の中で、のんびりゆったりと親子で散歩しながら過ごすことが伝統的な生活基盤になっているというものでした。

世界最高峰といわれる北欧の羽毛は希少価値が高く、布団にすると数十万円するものもある高級品ですが、この羽毛の元になるが海洋性水鳥(カモ)です。

世界最高峰羽毛布団はアイスランド・アイダーダウン

のんびりゆったりと親子で散歩する理由は、この水鳥の卵を狙う外敵を寄せ付けず、水鳥が安心して巣作りできるようにするためなのです。

水鳥は人の生活圏内にいることで卵の安全が確保され、北極圏の厳しい環境で暮らす人々は、水鳥の巣から採取する羽毛によって生活基盤が確保されています。

彼らの家業は、産卵時期に水鳥が再び飛来するように、平和で静かで、安全安心な自然環境を維持することです。誰かの管理下で与えられた業務をこなすのではなく、水鳥に安心な子育て環境を提供が任務で、そのライフスタイルが良好な社会秩序の維持にもつながっています。

機内誌の記事を読んだとき、美しい自然の中で、小さな子どもとのんびりと散歩する男性の色褪せたジーンズの風合いは、ばかばかしい忖度も見栄もない、飾り気がなく自然で自由な暮らしぶりを物語っているように見えました。

水鳥との共生の仕組みに驚き、憧れたことを覚えています。

アイスランドに生息する、コモ・アイダー(ケワタガモ)の雌鳥は、卵をあたためるために自らの胸の毛をついばんで巣を作ります。
雛が巣立った後のダウンを人間の手で丁寧に集めたものが『アイスランド・アイダーダウン』です。
ヒナをかえすためメス鳥が最も柔らかい自らのダウンをついばんで作った巣から人間が採取。強風にも飛び散らないダウンの秘密は、 その絡み合いから生まれる驚異の暖かさと柔らかさ。それだけに巣から採取された羽毛の精製はたいへん。洗浄には化学薬品などは使わないため、ダウンの損傷もなく、耐久性に優れています。
手間と時間をかけた、昔ながらの手作業により、厳しい品質・衛生基準にもパスするクオリティーが 守られています。
アイダーダックは比較的生息数の少ない鳥であるため、法律によって保護され、ダウンの採取量も最小限にとどめられています。鳥たちの生態系にも細心の注意を払い、昔ながらの手作業によって採取される希少価値の高い羽毛です。熟練された手作業により、変わらぬ品質が守られています。

https://www.anmin-ne.com/shop/down/eiderdown/eideryj-b.html

「遊んで暮らす」とは、自堕落でわがままな日常でいたい、という意味ではなく、北欧の羽毛採取農家のような、自然を軸に循環するライフスタイルを指しています。

どうしたら遊んで暮らせるか

残念ながら日本には羽毛採取農家のような、のんびり散歩することが生活基盤を強固にする就業環境はありません。

それはないけれど、似たようなビジネスモデルはあるはずだとずっと考えてきました。

釣りをしながらのバンライフでYouTubeで生計を維持している人もいます。しかし、それには高いレベルでの動画編集作業が伴うので、求めているのとはちょっと違います。

どうしたら、燃え尽き症候群とは無縁の、自由でいきいきしたセカンドライフを実現できるのか。

日々、そういうことを考えているうちに、答えに近づきつつあるようです。

あきらめず、工夫や研究を重ねることは重要なことです。そして、それよりも重要なのは「時間」。私はそう思います。

コラム

【ほぼ完成】サイトに重要な要素

SNSやYouTubeチャンネルなど、興味本位で情報発信していたものをひとつにまとめために、202このサイトを開設したのが2020年5月でした。

サイト運営は、テンプレートのようなものに沿って、デザインやコンテンツのレイアウトなどをいじれば簡単にできると思っていました。

確かに簡単にできるサービスもありますが、いざ制作に取り掛かってみると、着手しなければならないことがどんどん増えてきて、壁にあたっては調べ、調べてはつまづいたりの繰り返しでした。

やってみなければわからないことがある

ここのサイトの最初の名前は、「Nomad Style」でした。しかし、意味のわかりにくさと、「〇〇Style」という語感がどこかキザったらしく、今ひとつしっくりしませんでした。

当然のことですが、ここのサイトに辿り着く人は、私のことを知らない人が多く存在するわけで、見ず知らずの、これといって広い情報も持ち合わせていない人のStyleなどどうでもいいのです。

もともと、閲覧してもらうために開設したのだから、閲覧する側の立場に立って、わかりやすく、安心感あるような設計になっていなければなりませんが、そうはなっていませんでした。

アタマではわかっているつもりでも、やってみてわかることは多いです。

そして、アタマでもわかっていないのであれば、それ以上にやってみなければわかりません。

タイトルは分かりやすさが大事

コンセプトに変更はありませんが、ここのタイトルを今の「雪月花」に変更したのが数日前です。

例えば、「日本絶景大図鑑づくりの道」のようなタイトルの方が主旨は明確で、ストレートに伝わるし、過去の教訓も反映していると思いますが、掲載記事が脱線することの含みも残しました。

もう一つは、漢字三文字で、自分の中心フィールドを表現できる言葉であることも選定理由です。

特に、真ん中の「月」は、私の本名の由来とも関係しており、気に入っている言葉であり、気になっている身近な天体です。

「自分が気に入っているかどうかはアカウント名やタイトル名を決めるときに重要な要素」と、何かの記事に書いてあったのを思い出し、その意味がよくわかったような気がしています。

使い勝手を想定したシンボルマーク

タイトル名称を変更するにあたり、当然、ロゴマークもデザインし直しました。

サイトアイコン(ブラウザのタブに表示されるマーク)や、アイコンにしたときにでもデザインが馴染むよう、図柄は正方形に納め、カラフルなアイコンが並ぶ中でも目立つように、というよりは、使い勝手が良い1色で、「雪」の結晶を意識しました。

前回制作のものよりも、印刷やノベルティグッズを制作するに耐えることも想定しました。ノベルティグッズを制作するような必要に迫られる場面はほとんどないと思いますが、図柄を左に置いて、文字が隣に並ぶパターンなど、応用可能であることも、デザインには大事だと思います。

ここのサイトを開設して約半年が経過し、自分の思うような周辺環境が整ったという感じです。

無限の自由旅行、そんな世界は本当にあるのでしょうか。探求してみたいと思います。