食べ物

サラリーマンのランチ風景「ダブルチーズバーガー弁当」

今日の駐車場でのアウトドアランチは、ヤマザキ「てりやきハンバーガー」にボリュームアップのアレンジを加えてみました。

てりやきハンバーガーと自家製タバスコ
ヤマザキ「てりやきハンバーガー」と自家製タバスコ

製品を一度解体して、好みの食材を加えるだけですが、加熱した食材と保冷した野菜の温度差とシャキシャキしたレタスの歯ざわりは、バーガーショップのような出来栄えでした。

準備したもの

<メスティンに入れて保冷>

・ヤマザキ「てりやきハンバーガー」

・タキザワハム「お肉屋さんのハンバーグ・デミグラスソース」

・スライスチーズ

・スライスしたトマト

・自家製タバスコ

<保冷剤入りのスープジャーで保冷>

レタス類の鮮度を保つため、スープジャーを使いました。葉が押し潰される心配もありません。

・フリルレタス

・レタス

・アーリーレッド

製品ハンバーガーの解体工事

自分好みのアレンジを加えるため、「てりやきハンバーガー」を解体して自家製タバスコを塗ります。

「自家製タバスコ」 は、これが最後のひと掬いです。自家製タバスコは、昨年10月に仕込んで十分楽しみました。赤唐辛子をミキサーで粉砕して酢と塩を加えるだけなので、自家製とは言っても手順自体はかんたんです。

てりやきハンバーガーとスライスチーズ
ヤマザキ「てりやきハンバーガー」とスライスチーズ

今年は唐辛子を苗から育ててみました。収穫が楽しみです。

メスティンで約3分加熱

メスティン
メスティン

野菜以外の材料をハンバーガーに仕込んだら、メスティンで約3分、弱火で加熱します。

メスティンの底にはバットアミを敷き、その上からアルミホイルで包むようにしました。

ハンバーガーの厚みが増したので、フタはせず、アルミホイルをフタがわりに代用します。

ハンバーガーを温める程度で十分です。

レタスやトマトをサンドして出来上がり

ブラックペッパーをかけたフリルレタス
ブラックペッパーをかけたフリルレタス

「本体」が仕上がったら、野菜をサンドして、お好みでブラックペッパーなどを加えて出来上がり。

トマトはキッチンペーパーに挟んで保冷していたので、水っぽくならず、トマト本来の風味もしっかり味わうことができました。

アレンジしたダブルチーズバーガーとオニオンのサラダ
アレンジしたダブルチーズバーガーとオニオンのサラダ
アレンジしたダブルチーズバーガー
アレンジしたダブルチーズバーガー

かなりのボリュームで食べ応え十分でした。見た目のインパクトもサイコーです。

タバスコの辛さも絶好調!とっても美味しくできました。

セブンプレミアムくだもの充実ミックスゼリー
セブンプレミアムくだもの充実ミックス

ハンバーガーもサラダもボリュームありすぎ!ゼリーは余計でしたね。

バンライフ

フードジャーの保冷効果を試してみました

秘密基地の奥義は、制約条件を突破して快適を追求することです。例えば、極寒の山中でエンジンもかけずに快適な車中泊ができるとか、狭い車内でも長期滞在できる生活物資があるとか、TPOに応じた服装に変身できるとか、などなど。

暑い夏の車内で、どうしたら冷たくて美味しいランチタイムを過ごせるか、研究してみました。

ZOJIRUSHIフードジャー

フードジャー
フードジャー

フードジャーは、何年か前に流行しました。どんな社会背景があって流行ったかは定かではないのですが、その頃に私も購入しました。

氷で保冷してみる

フードジャーに保冷して持ち込んだゆで卵とブロッコリー
フードジャーに保冷して持ち込んだゆで卵とブロッコリー

サラダ用の食材のうち、ブロッコリーは保冷剤の役割も兼ねて、冷凍のものをひとつ、忍ばせてみました。

そしてその上からポリ袋に氷を入れて、ふたをします。

ポリ袋を使うのは、もし氷が解けた時でも、食材が水浸しにならないようにするためです。

保冷効果は

ポリ袋に氷を2〜3個入れただけで、フードジャー内のレタスは冷えて、パリッパリのままでした。この手法はいろんな場面で使えそうです。

ドレッシングは小分けのタイプを用意しました。もちろん、これもポリ袋に入れてフードジャーで冷やしていました。

半分手作りのダブルチーズバーガーランチ
半分手作りのダブルチーズバーガーランチ

そしてランチは、今日もひみつバーガー(ヤマザキ・チーズバーガーを分解して具材を足したハンバーガー)。

実は別のメニューを考えていたのですが、たまたま、家にあったので、これにしました。

バンライフ, 食べ物

NVANで「ひみつWチーズバーガー」のランチをしてみました

昨日の反省点を忘れないうちに克服すべく、本日もランチはハンバーガーとしました。

昨日の反省点

1.ハンバーガーらしいボリューム感がなかった。

2.レタスのはみだしが少なく、シズル感がなかった。

3.市販品を改造しただけなので、肉肉しさが乏しかった。

さっそく準備

チーズバーガー

起床して飼い犬の散歩を早々に済ませて準備に取り掛かりました。

準備といっても、「タキザワハム お肉屋さんのハンバーグ(チーズ)」を温めるだけですが。

いつかはハンバーグの手作りにも挑戦しようと思います。

ハンバーガーを作っているところ

山崎製パン「てりやきハンバーガー」を分解して、自家製タバスコをたっぷりと。

タイトルでおわかりいただけると思いますが、スライスチーズもWです。

ハンバーグにもついているので、正確にはトリプルです。

ハンバーガーを作るためのレタスの準備

レタスは大きめの葉を用意しました。

水洗いして、キッチンペーパーで余分な水を吸い取ります。

ハンバーガーを作るためのトマトの下準備(余分な水切)

トマトもレタス同様に余分な水をきりました。

上部の白い容器は新玉ねぎです。昨日は使いませんでしたが今日、初投入です。

完成版はこちら

アレンジして作ったダブルチーズバーガー

どうすか。この堂々たるたたずまい。

こんな暑さのハンバーガー、雑誌などでよく見かけますが、食べるのは今日が初めてです。

アレンジして作ったダブルチーズバーガー

お気に入りの密封容器Ziplocに入れて持参します。シンデレラフィットです。

この時点で大満足です。

ダブルチーズバーガーを入れる容器

山崎製パン「てりやきハンバーガー」・・・・283kcal

タキザワハム「お肉屋さんのハンバーグ」・・237kcal

スライスチーズ(2枚)・・・・・・・・・・ 122kcal

合計で642kcalでした。普段のりんご1個は260kcalほどなので、普段の2.5倍ものカロリーを摂取してしまいました!

バンライフ, 食べ物

NVANで「ひみつバーガー」のランチをしてみました

最近はまっている、ヤマザキのハンバーガーのアレンジレシピ。

今日は秘密基地のランチタイムを楽しく過ごすため、アレンジを加えてみました。

アレンジは簡単

ハンバーガーを作っているところ
今朝の準備風景

基本的には、「ヤマザキてりやきハンバーガー」を分解し、レタス、トマト、チーズを挟むだけです。

具材を挟んで出来上がった「ひみつバーガー」は、密封容器に包装紙ごと軽く包んで本日のランチとしました。

軽バンの室内
本日のランチ風景(遮光しているので夜のようですが昼です。)

密封容器(Ziploc)に入れるとバーガー崩壊を防ぐことができそうです。

ちょうどよいサイズの密閉容器探しが今回の「ひみつバーガー」のいちばん苦心した点です。

デザートのりんごの剥いた皮をZiplocに入れて持ち帰ることもできるので衛生的です。

「ひみつバーガー」のもう一つの由来「自家製タバスコ」

手作りタバスコ
自家製タバスコ

写真は、昨年秋、温泉めぐりなどしながら買い集めた赤唐辛子で作った、半年間熟成させた自家製タバスコです。

「ひみつバーガー」の味と食感をピリッと引き締めます。

地獄の罰ゲーム級の辛さがクセになります。自分としては大変気にいっている保存食のひとつです。

作り方は簡単。赤唐辛子を生のままミキサーにかけ、酢と塩を加えるだけです。

自家製タバスコの作り方はこちら

次回への課題も

今日の「ひみつバーガー」は、厚みもレタスのはみだし具合も控えめで、見た目のインパクトに物足りなさがありました。

よろしければ動画もご覧ください。

次回は「ひみつWバーガー」にでもしようと考えています。