食べ物

170種類の中から簡単で実用的だった野外飯3つを選んでみました

昨年12月から毎日のように作ってきたメスティン料理。昨日で170種類になりました。

その中でも最も簡単で実用的なレシピ3選をご紹介します。

(↓超絶美味しかった3選もご覧ください。)

158種類の中で超絶美味しかったメスティンレシピ3選

セブンの缶詰を使った「いわし生姜煮炊き込みご飯」

缶詰を使った炊き込みご飯は、よくあるレシピです。

おコメ1合にひと缶丸ごと投入

言うまでもなく、缶詰は、長期保存もできるし、どこでも手に入るので、あとはおコメと水さえあれば、簡単にできます。

かば焼きのたれを使った「アボカDon」

アボカドは缶詰と比べれば、若干、取り扱いに神経を使いますが、スーパーであればどこでも手に入る食材です。

スライスして炊きあがったごはんにのせて、かば焼きのたれをかけるだけ。箸が止まることなく一気にかっこめます。

アボカドの選び方(熟度)がいちばん難しいところでしょう。

いなばの缶詰を使った「チキンとインドカレー」

写真はいなばの「チキンとインドカレー・黒カレー」です。

このカレー、おいしいです。黒ゴマが入っているからでしょうか?行ったことはありませんが、インドカレー専門店のような、異国の香りも漂う深い味わいの缶詰カレーです。

ミニなんをちぎって、バットアミを敷いたメスティンで缶詰といっしょにあたためるだけです。(ローリエはカレーをあたためる時に加えました。)

そして後片付けが簡単なのもこのメニューの利点です。

今日、紹介した3品は、何たべようか?となった時、すぐ準備できる実用性もあります。

でも、そういう時に限って思いつかないものです。漢字の書き取りをするかのように、何度も作ることで身についていくのかもしれません。

食べ物

158種類の中から超絶美味しかった野外飯3つを選んでみました

昨年12月から毎日のように作ってきたメスティン料理。昨日で158種類になりました。

その中でも特に美味しく、画像を見るたびにまた食べたくなるレシピ3選をご紹介します。

第3位パキスタン風チキンとレーズンのビリヤニ。

作り方は見た目ほど難しくはありません。

雑な説明ですが、鶏モモ肉をカレー粉で炒め、スパイス(クミン、ローリエ、シナモン)を加えたお米といっしょに炊飯するだけです。

見た目も鮮やかで異国の香りがうれしいメニューです。天気のよいランチなどで楽しめそうです。

詳しくは過去記事をご覧ください。

第2位たけのこいっぱい酸辣湯(スーラータン)。

街の中華料理店で最近見かけるメニューですが、どこかで一度か二度、食べたことがあるだけでした。

この時は、料理のバリエーションを広げる意図もあってチャレンジしたのですが、出来栄えはとても美味しく、いろんな可能性を感じた一品でした。たけのこ水煮以外は普段でも家にある材料でできるのもうれしい発見でした。

餃子やシュウマイなどのわき役としても重宝しそうです。また食べたくなってきました。

詳しくは過去記事をご覧ください。

第1位辛ラーメンのスープカレー風。

辛ラーメンのアレンジレシピです。

スープカレー風の見栄えを意識したので、野菜を炒めたりとあり程度の仕込み時間は必要ですが、作り方自体は簡単で、カレールーを1片加えただけで、辛ラーメンの味がガラッと変わります。

メスティンレシピの今後

「量は質に転化する」という言葉を胸に、極力、身近にある食材や入手しやすい食材を基本に、ほぼ毎日のように調理してはInstagramに投稿し続けてきましたが、上達にはほど遠いです。

過去のレシピも見直して、再度、調理してみるなど、今後も研究していきたいと思います。