これ最高!本当に眠れて優しい気持ちで目覚められる魔法の毛布

「魔法の毛布」とは、オーストラリアなどで飼育されている「メリノ種」という羊の毛を使った天然素材の純毛毛布です。

メリノ種の羊

ホテルなどでよく使われている純毛の毛布も多くは、このメリノウールではないでしょうか。

出張でホテル泊が多かったころ、ホテルでよく使われているメリノウール毛布の肌触りがとても心地よく、『毛布に包まれたまま、まったりしていたい』と思ったことが何度もありました。

メリノウールが欲しい理由

見るたびに欲しくなるメリノウール毛布。

その理由は、何とも言えない、いつまで見ていても飽きない暖かな色あいと肌触りです。

そしてその毛布が天然素材であること、です。

30年以上も前から、身にまとう物は「天然素材」を基本的なこだわりにしていますが、毛布はなぜかアクリル製でした。(それでも軽いし十分暖かく、その毛布には特に不満に思うこともありませんでした。)

今年初ポチリの「メリノウール毛布」

メリノウール純毛毛布(三井毛織)

写真は、ふとしたきっかけで純毛毛布熱が沸き上がり、ついにAmazonでポチって届いた「メリノウール毛布」です。

きっと誰もが一度や二度、この毛布を目にしたことがあるのではないでしょうか。飾り気がなくシンプルで地味めな毛布です。(そこがいいのですが。)

一日、8時間は摂る睡眠時間。真夏を除けば毎日のように使う毛布です。メリノウールの純毛毛布にしたからといって決して贅沢ではありませんし、手が届かないほど高額な商品でもありません。

これでこの先ずっと質の高い睡眠と所有欲が満たされるのであれば、むしろ、安いものです。

メリノウールの特徴

メリノウールは、ウールの中でも繊維が細かいので保温性が高く、弾力があって肌触りも良いことで知られています。

そして吸湿・速乾性も高いので、一年を通して人気のある毛布です。

また、純毛は燃えにくいので、就寝時の火災や災害時でも、純毛の毛布をかぶって避難すれば身を守ることに役立ちます。

私は、春から秋の、毛布一枚でちょうどいい季節でのメリノウール毛布の使用感がたまらなく好きなのです。

羊に抱かれて眠る寝心地は?

私は寝る場所がどこであっても、寝ると決めてヨコになったら5分も経たないで眠りにつくことができます。人に誇れる数少ない特技のひとつです。

なので、この毛布にしたから眠れる、とかの比較はできないのですが、起きた時は毛布と掛布団がぐちゃぐちゃになっているのに、メリノウール毛布ではそんなことはなく、とても快適でスマートな目覚めだったことはアクリル毛布との違いとして言えそうです。

「ぐちゃぐちゃ」の原因は、無意識のうちに寝ているときの体温を調整しようとしているのでは、と自分なりに分析しています。(ぐちゃぐちゃになるということは、寝返りをうっているということです。)

そして、いつもは寒さを感じる足先も、足をまっすぐ伸ばしたままで、寒さを感じることなく眠ることができました。

睡眠の質が高いと目覚めも良いものです。気になる方はぜひお試しを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中