食べ物

職場や学校では絶対学べない郷土料理の楽しみ方

地方にはその土地の条件を生かした食文化があります。特に、食べ物が豊富な地方よりも、寒さや降雪など自然環境が厳しい地方は食文化が豊かに発展しているように感じます。

青森県南部から北部に伝わる「かっけ」は、調理が簡単な上に高コスパ。鍋感覚で楽しめる郷土料理です。

さいとう製麺南部かっけ(むぎ)

実際に味わったりその背景に触れたりするのも旅のおもしろさです。

「かっけ」が郷土料理にいたる系譜

「かっけ」については農林水産省のWEBサイトに詳しく紹介されていました。

寒冷で、江戸時代には数年間に及ぶ大飢饉にたびたび見舞われた南部地方で、人々は雑穀を工夫して食べる知恵を発展させた。

「かっけ」はそば粉に少しの塩を入れ水でこねて生地を薄くのばし、三角形に切ったものをゆでて、にんにく味噌をつけて食べる料理。

「かっけ」とはこの地方の言葉で「かけら」「端っこ」を意味する。昔、南部藩の殿様がこの地でそばを食べたところ大変美味しく「このようにうまいものを庶民は食べてはならぬ」とご法度にしたため、人々はそばをつくるときに出る切れ端を三角に切って練り味噌をつけて食べたのがはじまりという。

他に、「かぁけぇ」(どうぞ召し上がってください)というもてなしの言葉を語源とする説もある。三戸町、田子町、南部町あたりでは「つつけ」と呼ぶ。小麦粉でつくるものを「むぎかっけ」と呼び、それに対してそば粉のものを「そばかっけ」ということもある。

引用:農林水産省「うちの郷土料理」
https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/k_ryouri/index.html

「かっけ」の材料と作り方

前記したように、「かっけ」は粉を伸ばして茹で、にんにく味噌をつけて食べる郷土料理です。

パッケージに記載されている「かっけ」の主な材料は、ねぎ、生しいたけ、豆腐、大根。

かっけの味付けにはにんにく味噌を使います。市販もされていますが、自宅でも作れるます。「かっけ」本体以外はどこの家庭でも普段からある食材です。

UNIFLAME焚き火鍋とかっけ材料一式
郷土料理「かっけ」

材料が柔らかくなるまで煮るだけ。とても簡単です。

かっけ

かっけ自体には味付けされていませんが、ツルンとしたのど越しとにんにく味噌の相性がバツグンです。

大根の甘さといい、食欲そそるニンニクの香りも格別です。素朴で簡単、味わい深くて美味しい料理はそうありません。

かっけの入手方法

「かっけ」の主な伝承地域は、青森県南部地方~岩手県北部とごく狭い地域に限られています。

青森県や岩手県内であればどこでも売っているというものでもありませんが、Amazonで購入できます。

ブログ記事1枚目の写真のパッケージひとつに8枚入り(1枚の大きさはスライスチーズ1枚ほど)で、三角形に4つにカットします。ひとつでだいたい3〜4人前です。

ショッピングサイトで注文する際は、販売単位がまちまちなので、注意してください。

(消費期限は製造日から10日です。)

かっけの楽しみ方

すりおろしにんにくをプラスして「メンズかっけ」

私は途中から、にんにく味噌にさらにすりおろしニンニク(チューブ)を加え、はふはふしながらいただきました。

ラザニアやかっけピザで「イタリアンかっけ」

トマトケチャップとの相性も良いようです。わかるような気がします。

八戸は魅力いっぱい

ちなみに私がはじめて「かっけ」を知ったのは、昨年11月の八戸でのことでした。

八戸で恒例の朝市で店員さんに説明を聞いたのがきっかけです。

もともと、青森県は美味しい食べ物が豊富な上、観光資源も豊富なので、私の好きな都道府県上位にランキングしている県で、中でも八戸市と青森市では楽しい思い出が多い街です。

そんな思い出に浸っていると、ついつい日本酒もすすんでしまいます。

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中