デジタル

検索されて目を引くSEMの最新潮流とは

昨日、某出版社からWebライティング講座受講をすすめるDMが届きました。この出版社からのDMだけは勉強になるので届くと嬉しいです。

そのDMでは、「リアルメディアの制作物に力を入れても、日々のWeb更新をおざなりにしてはいないか」との問題意識を投げかけていました。私の勤務先の公式HPも実際そのとおりで、紙のテキストの流し込みやPDFのままでの資料掲載、使い古しの言い回しが目立ち、コンバージョン(最終成果)を意識したつくりにはなっていません。

DMには興味深いキーワードが並んでおり、DM資料に目を通しただけでも勉強になります。

以下はそのDM資料の一部です。言わんとすることがわかるものも多く、ブログ記事作成にも応用できそうなテクニックがあります。メモとして羅列しましたので意味不明な点はご了承ください。

Web担当あるある

キーワードの選定やテキスト作成が大変

わかりやすく書こうと思うと難しく書いてしまう、冗長になる

社内ではWebを紙の延長としか扱われていない

短時間で効果のあるキーワードや広告文を複数考えられるようになりたい

商品紹介では定型文になってしまいがち。

大量の情報から目を引くキャッチ

1.冒頭2行が勝負

2.キーワードは固め打ち

3.見出しはサマリーで表現・・・・冒頭に伝えたいことを箇条書きにしてまとめる

4.ユーザーのためになる情報を入れる

5.3行書いて、2行空ける

6.耳を使って書く

7.数値より聞き慣れた例え

8.「無料」か「タダ」か「1円」か

9.アイテムを比較対象に

10.補足+補足+補足の法則

11.1通のメルマガ、ターゲットは一人

12.時間帯でターゲットを変える

13.感情言葉を利用する

14.予告→フォロー→告知→クロージング

15.記事からTwitterへ、Twitterから記事へ

Webライティングで重要な3つの戦略

1.離脱させないWebの文章術

勝負ワードは左上に、事実のみや主張のみはNG。感情やユーザーが役立つ情報を入れる。

2.話題感とコンバージョン

惹きつけられるタイトル、否定しない、主観で言わない。一文字の違いに配慮できるか?

3.検索されて目を引く

ページタイトルやタグのキーワードのつけ方など、変化の速いSEM(Search Engine Marketing、検索エンジンマーケティング )の最新潮流、テクニック。

キーワードは情報系(参考、方法、レビュー、感想)と購買系(割引、入荷、発送、相談、売れ筋)の2タイプの戦略を入れ込む。

Webライティングの要点

要点は、伝わるワード、かんたんな言い回し、わかりやすい表現、の3点でしょうか。

ひと口にWebライティングといっても、検索エンジンと記事の関わりやITリテラシー以外にも、「現場感覚」や「文章表現」などの経験・スキルも要求される難しい領域です。

ですが、成果が現れやすいので、Webサイトの修正作業は楽しいはずです。

専門スキルについては、ネット検索でももっと踏み込んだ情報に触れることができますが、こうして資料に書かれている内容を読み取って、文字で記載することでも身につきやすいです。

上達できるよう意識して取り組みたいと思います。

ビジネス

Z世代が生み出す消費市場

昨日ブログで「Z世代」の消費行動について知ったことを記事にしました。

これまで安泰とされてきた市場ですら、コロナ禍と小子化の波によって先行きは不透明です。

これまで当たり前に接してきたTV業界でも、YouTubeの浸透で大きく変化しています。

これまでのTV番組は、選べるのは5つや6つのチャンネルであらかじめ時間帯によって決まっている番組を選んで視聴するスタイルです。そのTV番組は、視聴者のライフスタイルや嗜好とは無関係に、大衆をターゲットに放映するCMによって成り立ってきました。

ここ数年は、特に視聴したい番組もなく、自分には無縁の女性化粧品や買う予定も興味もない自動車のCMが流れるという、今思えばとても無駄な時間を過ごしてきたように思います。

広告手法すら変化させるZ世代の消費行動

コロナ禍で家で過ごす時間が増え、生活様式が一変しました。オンラインでできることはオンラインで済ますことができるサービスが増えました。健康上の理由などで参列できない親族向けにライブ中継を実施する葬儀社もあります。葬儀社に依頼しなくても、参列した人がスマホを使えば、SNSでライブ配信できるのです。

イベントを開催しにくい状況が続き、YouTubeを活用する演者も増え、YouTubeは一気に身近なものになりました。

YouTubeは、TVと違い、見たい動画を検索して探すことができ、見たい時にいつでも何度でも繰り返して見ることができます。

こうなると、広告手法も自ずと変わってくることになります。

YouTubeの「True View」とは

YouTubeを視聴する時に流れる広告には、いくつかのフォーマットがあります。本編動画との親和性や広告掲出企業の費用対効果の観点からいくつかの課金制もあるようです。

視聴者とコンテンツ(投稿者)と広告掲出企業が密接な関係で結ばれた秀逸な広告手法です。

これではTVがかなうはずもありません。

詳しくは以下をご覧ください。

ストックフォトにも新しいビジネスモデル

話は変わり、ストックフォトクリエイターと呼ばれる就業形態(職業)があります。

画像や動画素材を、販売を運営する企業の専用サイトに投稿して販売するものですが、この分野でも新しい市場が生まれていることに今朝、気づきました。

私もクリエイターとして活動を始めていますが、サイトにはプロが撮影したような画像がずらりと並び、趣味以上の経験も知識もない自分では太刀打ちできるはずもなく、何度も心が折れっぱなしでした。

私が活動しているストックフォトサービスは、どちらかというと企業案件です。購入者側の料金体系に「定額プラン」というコースがあるのでわかります。広告代理店などが媒体を制作したり提案資料に使うために便利な料金体系です。

今朝発見したのは、数百円程度で売買される、まるで画像のフリーマーケットのようなサービスサイトです。

撮影した画像の「素人っぽさ」がウケているようです。想像ですが、商品レビューを紹介する画像に使われたりもするのでしょう。

インスタ映えするような画像でもなく、「普通の写真」です。

重要なのは、テーマと情報の質、そして誰の、どんな役に立つのか、という思考の深さです。

なるほど!と思いました。

Snapmart側の写真出品を促進するプロモーションもよく考えられているし、Snapmart市場を広告手段として活用する企業も多数あり、まさにYouTubeビジネスモデルの画像版です。

気になる方は、ぜひ、登録してみてください。