ライフスタイル

泥を吸って美しく咲く「蓮の花」の魅力

今日は親戚の告別式。

式場に向かう道中に、一面を蓮の花で覆い尽くす小さな沼があります。

蓮の花が見頃を迎えている今、大小数々の蓮の花が可憐な花びらをつけて風に揺れていました

蓮の花
蓮の花

蓮の花を鑑賞するたびに、最果ての牢獄「博物館網走監獄」の入り口にある鏡池に咲く蓮の花を思い出します。

泥を吸って咲く蓮の花は、囚人の目にどう映ったのか。橋の上から蓮の花をしばらく見つめ、想像を巡らしていた記憶です。

2014年夏。もしも自分が凶悪犯だとして、収監されるためにこの橋を渡るとしたら、この池一面に咲く蓮の花の美しさに目を奪われるだろうか。この美しさよりも先に感じ入るものがあるとすれば、それは何なのか?家族か、社会的信用か。凶悪犯に社会的信用などはそもそも価値はないのではないか?

答えが出ないまま、網走監獄内を、胸に重苦しさを抱えたまま、リアルに再現された展示物を観て回ったように記憶しています。

「博物館網走監獄」公式サイトはこちら

その池にかかる鏡橋について、「流れる清流を鏡として、我が身を見つめ、自ら襟をただし目的の岸にわたるべし」との思いが込められているとも言われています。

(網走監獄は一見の価値あります。)

蓮の花
蓮の花

仏教においては、泥沼は人間の煩悩や苦悩を表し、そんな汚れに染まることなく、清らかに咲く蓮の花は悟りの象徴とされています。

確かに、このような美しい花ですが澄んだ水では育ちません。

コロナ禍の供養のあり方

人が集まっての会食はしにくい時代。お別れの場でもそれは変わりません。

メイプルシロップとスイーツ
メイプルシロップとスイーツ

田舎の葬式では酒やビールで生前の思い出話に花を咲かせながら、というスタイルは珍しくないのですが、コロナ禍の今、大人しくしっとりとスイーツでお見送り。

このようなスタイルも悪くありません。むしろ、好きです。

今日、美しい花びらの姿となって旅立ったおばさんも、多くの人に見送られ、安心していることと思います。

バンライフ

風鈴を吊るして昼休みをまったり過ごしてみました

夏場のランチタイムは、秘密基地でどう過ごそうか、懸案事項でした。

今日の仙台の最高気温は25℃とまだ猛烈な暑さにはなっていませんが、バックドアとスライドドア全開で快適に過ごせることが検証できました。

快適性能を一段引き上げたのは「風鈴」です。

NVANと天津すだれ
NVANと天津すだれ

風鈴が聞こえる範囲は聖域

風鈴について調べてみました。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

強い風は流行病や悪い神をも運んでくると考えられていたことから、邪気除けの意味でつけられており、この音が聞こえる範囲は聖域であるので災いが起こらないという。中国ではの時代に竹林の東西南北に風鐸を吊り下げて物事の吉兆を占う「占風鐸」というものがあり、それが日本に仏教建築文化とともに伝来したと考えられる。
NVANの室内
NVANの室内

風鈴は田舎であればどこの家庭にもある雑貨の類という認識でしたが、人々の暮らしや精神活動に深くかかわってきた神聖な器物でした。

魔除けを吊るして安全安心な昼寝

NVANの室内
簾で涼感をアップしたNVANの室内

贅沢な昼休みです。

以前収録して投稿した、浜辺の環境音(YouTube)を聞きながら、空間に「音」の要素も取り入れた、贅沢な昼休みです。

HDMIケーブルを忘れてしまい、TVに映像を映すことはかないませんでしたが満足でした。この休憩方式ははまりそうです。

YouTubeに投稿しました。よろしければご視聴&チャンネル登録お願いします。

ライフスタイル

思い出のキャンプツーリング動画をみて楽しみました

少し前、ほとんど毎月のようにバイクツーリングに出かけていました。

ここ1〜2年は、どこか億劫になり、数えるくらいしか出かけていません。

億劫と感じるのは、服装や装備の準備です。山間部を走る時は気温が下がるので、真夏でもインナーダウンは欠かせません。降雨対策も必要です。

頻繁にツーリングに出かけていた頃は面倒にも思わず、装備を準備することも楽しみにしていたくらいでしたが、歳のせいか、面倒なことを楽しむ余裕が失せてきたようです。

山形県遊佐町へのキャンプツーリング

以前、別チャンネルにアップロードした動画です。キャンプツーリングの動画が懐かしく、ついつい深酒になってしまいます。