ライフスタイル

作務衣にSNSアカウント名の刺繍を依頼したらサプライズがありました

伝統工芸に携わる職人を特集したTV番組を見ていた時に、職人さんの作務衣の左胸にあった屋号の刺繍が目につきました。

かっこいいと思い、近くにある手芸や生地を扱う専門店さんに刺繍を依頼してみました。

実際に着用するイメージは重要

何にでも言えることですが、サンプルなどを用いて出来上がりをイメージすることが重要です。

私が持っている3着の作務衣のうち、いちばん気に入っている作務衣に刺繍を依頼したのですが、刺繍位置を肩の縫製ラインと平行になるように依頼しました。

ところがこれが大きな間違いで、作務衣を着ると、肩のラインは体の外側に下がるため、作務衣を着た時に刺繍した文字の末尾部分が大きく下に下がって、斜めになってしまいました。

実際に着用するイメージをもとに、刺繍位置を決めるべきでした。

刺繍を解いて修正

刺繍のし直しには洋品店オーナーも快諾してくれて、縫いつけた刺繍を生地を傷めないように手作業で解いて、再度、刺繍の修正をしていただき、本日、受け取りました。

刺繍位置を肩の縫製ラインに合わせると斜めになってしまいます。(写真は刺繍前)

上の写真は過去のものですが、完成品を着用すると「tamasabu」の文字が水平になるように修正していただきました。

ついでに黒の作務衣にも刺繍(銀色の糸)を依頼しました。

黒無地の作務衣は、住職のようなイメージがありましたが、銀色の糸の刺繍でぐっとカジュアルな雰囲気が出ました。これで堂々と街に出ることができました。

サプライズとは

このサプライズには感動しました。肉球デザインから、「tamasabu」が私の家の飼い猫の名前ということもわかってくれてのプレゼントです。

バカバカしいような依頼でしたが、意図や思いを汲んでくれて、真剣にお付き合いいただいたオーナーに心から感謝です。

ちなみにスーツもtamasabuブランド

こちらはスーツを作った時に依頼したネームです。人知れず「tamasabu」をブランドとして育てています。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ライフスタイル

自分ブランドのロゴをデザインしてみました

ロゴをデザインできる便利なサイトがあるので紹介します。

WordPressをお使いの方であれば、ロゴ作成ツールとしてメニューに組み込まれているのでご存知の方も多いと思います。

私は今まで3度ほど、利用させていただきました。このサイトを開設した時が最初です。

そのサイトの基本テーマは、開設当初と変わっていないのですが、色々記事を書いているうちに、サイトの名前がしっくりせず、名前を変更するたびにそれに合わせて、ロゴデザインも変更しました。

これがなかなか便利というか、活用のしかた次第では人生を豊かにすることができそうなのでご紹介します。

Free Logo Maker

今回ご紹介するのは「Fiverr 」です。

キャッチフレーズやスローガン、自分が属する業界など、キーワードとして入力すると、それにマッチしたロゴデザインがいくつか表示されます。

ロゴデザインは、色やフォント、大きさ、配置など、多少カスタマイズできるようになっていて、完成すれば、ダウンロード(有料)して使うことができます。

ノベルティにプリントしたイメージ図も表示されるので、なかなか楽しいです。

ダウンロード(購入)する種類は、Basic($30)とAdvanced($60)の二つのプランがありますが、Advancedをおすすめします。その違いについては後述します。

作り方は簡単

「Add your brand name」というボックスに、ブランド名を入力します。

私でいうと、nvanlife.comとか、NVANライフにあたります。

「Add your brand slogan」には、スローガンですね。空白でも構いません。

デザイン候補の選択肢

「Select your industry」には、自身が関わっている業界や分野の名前を入力します。

思いつくキーワードの頭文字を入れると、候補が出てきます。3つまで入力できます。

私の場合は、「アウトドア」もテーマなので、「Outdoor」の「O」を入力すると、いくつか候補が出てきます。英語名ですが、概ね、推測はできると思います。

「Add elements you’d like your logo to include」の欄はオプションです。ロゴに含める要素を入力します。例では、sun、book、などが出ています。

いくつかの提案の中からチョイスする

そうして数ある中から、候補作品が出てきます。

Outdoorのキーワードでは、山々が連なるような絵になりました。すてきです。

それと同時に、ノベルティグッズや名刺へのプリント例もイメージとして表示されます。

カスタマイズ

気に入らないところやイメージと違う所はカスタマイズできます。

デザインの形は変えられませんが、文字の配置や色は変更可能です。

ここで注意が必要なのは、サイトアイコン(ブラウザタブに表示されるマーク)としても使用する場合、細かい文字が入ってしまうと何がかわからないものになってしまいます。

正方形で切り取った場合のバランスも考えると良いです。

ダウンロード

図のようにダウンロードのプラン(クレジットカード決済)は2種類です。

ご覧のように$60のAdvancedプランの方が充実しています。Sociar Media Kitには、SNS7種類に対応したプロフィール画像用などのデータも含まれています。

透過した画像データや切り抜いた画像データもあり、用途は格段に広いです。

クレジットカード情報を入力しなければ購入手続きにはならないので、安心して試作してみてはいかがでしょうか。

複数のSNSアカウントのプロフィール画像やロゴマークを統一したり、オリジナルグッズを制作するのも楽しいです。1点から制作できるので気軽です。

私の場合はオーダースーツも自己ブランドとして密かに楽しんでいます。それはまた後日ご紹介いたします。

ライフスタイル

自分のライフスタイルをデザインしてステッカーにしてみました

こんにちはtamsabuです。

アウトドア用品やウエアにブランドがあるように、もし自分のライフスタイルを表す独自ブランドがあって、それを誰かに気付いてもらえたとしたら、ちょっと素敵だと思いませんか?

HONDA N-VAN

私は、車(NVAN)、SNS、YouTubeチャンネル、趣味、夢、愛用品、体験など、それぞれを連携し、形として表すことができれば、意欲が深まると思い、自分のアウトドアライフを「ブランド」にすることを約3か月前から構想していました。

今日はその内容をご紹介いたします。

*「ブランド」とは、競合他社の商品やサービスと区別(識別)することを目的とした、名称、言葉、シンボル、デザインなどを組み合わせたものです。「焼印をつけること」を意味する brander という言葉から派生したと言われています。

ライフスタイルのブランディング

ライフスタイルをブランド化すれば、時の流れやトレンドで愛用品や乗る車が変わるなどして新陳代謝を繰り返したとしても、自分自身のイメージ総体は変わることなく、さりげなくカッコよくライフスタイルを主張できそうです。わかりやすく言えば、着る服の好みやセンスをアピールようなイメージです。

私が3か月間の構想の中で重視した下記の5つの項目に沿って、ひとつずつ、解説したいと思います。

(1)ロゴマークデザインは「Looka」が便利

(2)ロゴマークの使い方

(3)ロゴマークの印刷は「印刷の通販グラフィック」がおすすめ!

(4)ステッカー材質の種類と選び方

(5)日常生活でのブランディング

ロゴマークデザインは「Looka」が便利

ブランドロゴマークは、Lookaというオンラインロゴメーカーを使って制作しました。

Lookaでは、ベクトルのロゴファイルやカラーバリエーションを含む商品を提供しています。Facebook、Twitter、YouTube、Etsyなどのロゴの完全なサイズの40以上のバージョンがあり、AIによって、イメージにマッチした秀逸なデザインのロゴを作ることができます。

Lookaを使用するにはアカウント登録(簡単、無料)が必要です。マイページ機能もあるので、デザインの統一性を持たせながら別の形(例えば正方形と円形など)のロゴも作るときにも便利です。

あとはテーマを決めて、好きなようにデザインします。アカウント登録やデザイン作成は無料ですが、できたロゴをダウンロードする際に、クレジットカードで決済($20)する方式です。購入後72時間以内であれば、ロゴデザインを編集し、再ダウンロードすることもできます。

私の場合は「自然」を意識して「山」をモチーフにデザインしました。ロゴ色調はNVAN(ガーデングリーン)と同系色としましたが、デザイン部分の線や文字の色は視認性が良い白の方が良かったかもしれません。

ロゴマークのデザインはけっこう楽しいですので、実際にやってみることをおすすめします。(デザインするだけであれば、おカネはかかりません)

ブランドロゴマークの使い方

例えば、このサイト(サイトロゴあり)をフォローしてくれている人が、同じロゴステッカーを貼った車やバイクを見かけたとしたら、親近感を持ってもらえそうですよね?これが前記した「競合他社の商品やサービスと区別(識別)」された状態です。

使い方としては、車やバイクに貼るのが認知拡散にいちばん手っ取り早いと思います。

(1)サイトアイコンにする

nvanlife.comのサイトアイコン

(2)車に貼る

SUZUKI ソリオ

(3)バイクに貼る

BMW R1200GS ADVENTURE

(4)キャンプや旅行用などの愛用品に貼る

(5)SNS等のプロフィール画像に使う

これらがどこかの場所で絡みあったりすれば、楽しくなるように思います。

ロゴマークの印刷は「印刷の通販グラフィック」がおすすめ!

ロゴマークができたら、ステッカーも制作しようと考えていました。

ひと口に「ステッカー」といっても、用途によって材質や粘着力の指定が必要です。ウィンドウに貼る時のように、デザイン面に糊付けするパターンもあるので、実際にどこかにオーダーしようと考えると、材質、サイズ、ハーフカット、切り抜きなど、多くの指定事項があるので、漠然としたままではステッカー制作作業は進みにくいです。

まずは「何にどう使うか」を決めることが重要です。これが決まれば、サイズや材質は、ある程度絞られてきます。

印刷の通販グラフィックの通販サイトでは、それらの商品説明や指定事項の意味が詳しくてわかりやすく解説が添えられており、安心してオーダーできました。

印刷用の原稿データの入校方法なども説明が丁寧で、入校や作業進行状況のメー連絡もきめ細かく、とても良心的でした。

ただし、制作物によっては、原稿入稿用のデータ作成に専用ソフトが必要な場合があります。サイトでも詳しく解説していますので、Lookaで制作物をデザインする前に、「印刷の通販グラフィック」のサイトで入稿データ形式等を事前確認し、制作物の材質や用途をイメージした上で、PCの制作環境にあわせてすすめるのがよいと思います。

私の場合は、車のリヤウインドウに貼ることを想定して、サイズは4.6mm×4.6mm、材質は「ミラーアルミ」を選びました。

日常生活でのブランディング

Lookaで作ったロゴ画像データを使って、Tシャツやポロシャツへプリントするのは、ステッカーを作るよりも容易ですね。

友人、知人にあげたりもいいかも。(ただし、受け手側に多少の愛着がないとありがた迷惑な話にもなります)

いかがでしたか?

荒削りの説明でしたが、要点の手がかりくらいにはなれたとしたら幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。それでは今日はこの辺で。