コンテンツへスキップ

ページ表示速度を改善して検索順位を上げる方法

  • by
pexels-photo-887751.jpeg

Googleでは、モバイル検索のニーズに対応するため、モバイルフレンドリーアップデートを開始し、2018年からはPCサイトだけではなく、モバイルサイトの中身もみて検索順位を決めるという方針転換を実施しました。

誰でも簡単「サイトパフォーマンス診断ツール」

スマホでアクセスするユーザーが増え、今ではPCよりスマホでアクセスしている人が多いということは容易に想像がつくと思います。

しかし、Googleがいう「モバイルサイトの中身をみて検索順位を決める・・」という指標は、何を見ればわかるのか?そもそも指標はあるものなのか?という疑問がわいてきます。

その疑問に答えてくれるのがGoogleが提供している無料のサイト診断ツール「Page Speed Insights」です。

「Page Speed Insights」を使えば、自分が運営するサイトのパフォーマンスを具体的な数値で知ることができるし、そのサイトの問題点や対処方法も示してくれます。

「Page Speed Insights」は特別なアカウントを作らなくても誰でも使える便利なツールです。

「Page Speed Insights」でわかること

Googleでは、検索順位を決めるための指標として「ページ品質」と「読み込み速度」を重視しています。

このうち、Page Speed Insightsでは、「読み込み速度」を、PC版とモバイル版とにわけて、それぞれ100点満点のスコアで評価してくれますし、問題があるページ(ブログ記事)も表示されます。

Page Speed Insightsは、1)読み込み速度のスコア、2)その理由・問題点、3)ページの改善方法、の3つを具体的に示してくれます。

「携帯電話」パフォーマンスは「48点」

Page Speed Insights「携帯電話」パフォーマンススコア

写真は、本サイトを携帯電話で読み込んだ時のパフォーマンス評価は「48点」でした。

「携帯電話」は「デスクトップ」と違い、機能やスペックが限定的だからなのか、携帯電話のスコアは「デスクトップ」と比べて厳しめに出るようです。(デスクトップは84点でした。)

本サイトのパフォーマンスは、もうひと頑張り必要な成績ですが、WordPressと相性が悪かったプラグインを外す前は70点台をキープしていたので、今のスコアはあまり気にはしていません。(そのころの成績に戻ろうと思えば戻れる気がする)

ちなみに、SEOは携帯電話が98点、デスクトップは100点でした。

スコアは変動する

ここに表示されるパフォーマンススコアは一定ではなく、都度変動します。

スコアが変動する主な要因は、配信される広告の種類、デバイスによる違い、ウィルス対策ソフトによるものなどです。

パフォーマンススコアの内訳をみれば対処方法がわかる

「48点」とは、何がどう計算されて48点なのか、「Page Speed Insights」はその内訳も詳しく教えてくれます。

上記掲載の写真、”Page Speed Insights「携帯電話」パフォーマンススコア”の”48点”と表示された画の右下に「計算ツールはこちら。」というリンクを開けば、下の写真に示したようにスコアの内訳がわかります。

パフォーマンススコアの計算

それはまるで「国語70点、数学30点、英語60点・・」のようなイメージです。

上の図左側をよく見ると、「FCP(First Contentful Pain)」から始まって6つの指標とスコアのウエイトがタテに並んでいて、その6つの指標のうち、「TBT(Total Blocking Time)」が、全体のスコアの30%を占めています。

TBTが全体の30%を占めているので、TBTを改善すればスコアも大きく改善されるはずです。(スコアは都度変動します)

TBT(Total Blocking Time)の改善方法

TBTとは

TBT は、マウスのクリック、画面のタップ、キーボードの押下などのユーザー入力に対してページがブロックされている合計時間を測定します。合計は、 First Contentful PaintとTime to Interactiveの間のすべての長いタスクのブロック部分を追加することによって計算されます。実行時間が 50 ミリ秒を超えるタスクはすべて、長いタスクです。50 ミリ秒後の時間がブロッキング部分です。たとえば、Lighthouse が 70 ミリ秒のタスクを検出した場合、ブロック部分は 20 ミリ秒になります。

引用元:Chrome Deveroppers/https://developer.chrome.com/docs/lighthouse/performance/lighthouse-total-blocking-time/

TBTの改善方法

もっともわかりやすい対処方法は、ページで使用されていない JavaScript を読み込む WordPress プラグインの数を減らすことです。

ページで使用されていない JavaScript も「Page Speed Insights」の画面に表示されています。

不要なJavaScriptはどのようにして削除するかは、また別の機会に事例報告したいと思いますが、とりあえず、ご自身のサイトのパフォーマンスはどの程度なのかは、簡単に調べられますので、気になる方はやってみてはいかがでしょうか。

意外な事実に気づくかもしれません。

Google (5) SEO (5) SNS (1) おすすめスポット (9) アウトドアグッズ (59) インターネット (15) カスタマイズ (15) キャンプ (57) キャンプ料理 (29) デイキャンプ (15) ドローン (6) バイクツーリング (20) ファッション (3) ランチ (21) 仕事のこと (1) 便利グッズ (17) 健康 (3) 動画 (9) 収益化 (1) 学び (7) 快適装備 (15) 撮影 (20) (53) 温泉めぐり (19) 美味しい店 (4) 車中泊 (33) 雑記 (43) (106)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。