ライフスタイル

秋晴れの世界遺産「白川郷」

 

70642222

 

(c)たまち画像素材 PIXTA –

写真は、昨年11月、世界遺産・白川郷の合掌造りを見物した時のものです。

見た感じの印象で、観光客の7割が外国人でした。

年代別では、10-20代は少ないですが、それ以上となると特に偏りがあるというわけでもなく、老若男女が、タイムスリップのアトラクションを楽しむかのように、闊歩していました。

コロナ禍の今は、色づいた木々の葉も落ち、寂しい風景になっているかもしれません。

この記事は、昨日書きかけの記事でしたが、誤って投稿してしまいました。

書きたいことがあったのですが、酔っ払っていたので、よく覚えていません。

文章を作るとき、その時その時の気分や感情にも左右されるものです。文章は、見直しや修正は後で行うにしても、書こうと思ったときに、一気に書き進めるのがいいのかもしれません。

そこで、いつも手元に置いているメモ帳がなくなってきたので、注文しました。ソフトリングは使い勝手がいいです。

コクヨ メモ帳 ソフトリング

バンライフ

紅葉シーズン本番を迎えた栗駒山へ行ってきました

映像素材を求めて、宮城・岩手・秋田の3県にまたがる栗駒山(1,626m)。

車中泊しながらの撮影旅行は、時間や場所の制約に縛られず、画像・映像を撮影できるので楽しいものです。

道中、ドローンで撮影していたら、CMや雑誌などを手掛けているというプロカメラマンに声をかけられました。彼は今夜がテント泊4泊目だそうで、納得いく撮影ができるまでは滞在するとのこと。

実際に彼が撮影した映像作品を見せて頂いたのですが、すぐに美しい映像に引き込まれ、ため息が出るばかり。とても勉強になったし、撮影に関する様々な情報交換もできて貴重なひと時でした。

このような出会いも旅のおもしろさです。

真湯温泉野営場が本日の宿。

日が暮れてから、女性ライダーがひとり、やってきました。本日は車中泊2組、バイクテント泊と車テント泊が各1組の合計4組です。

ここは温泉も近くにあり、トイレも炊事場も手入れが行き届いているキャンプ場なのですが、混み合うことはほとんどありません。穴場です。

買出した食材を確認して保冷バッグに収納しながら、ハイボールを。

風もなく、涼しく静かな夜です。携帯の電波も届かないので、飲んで食べることしかやることはありません。

今夜はサツマイモのチャウダースープを作ります。

じゃがいもの使用量は2個ほどなのですが、バラ売りされていなかったので、サツマイモにしました。

作るのも後片付けも簡単な、これからの季節のアウトドアにはもってこいのメニューでした。

このあたりは紅葉はまだですが、プロカメラマン曰く、昨日の頂上付近は見頃だったようですが、今日は晴れ間が少なく、撮影には今ひとつのコンディションでした。

山をおり、菅総理大臣の生まれ故郷にて、一子相伝の技を八代受け継ぐ、稲庭うどんで有名な佐藤養助商店へ。

多くの課題が見つかったことは収穫でした。

↓立ち寄り先などをYouTubeに投稿しました。