ライフスタイル

初夏の味覚「藁焼きカツオ」を存分に味わいました

昨日は、実家の兄が手料理を振る舞う「藁焼きカツオ祭り」に行ってきました。

私と歳が4つ違いの兄はごく普通のサラリーマン一筋ですが、手料理はなかなかのものです。

特に海産物への目利きや商品知識、包丁さばきは一流料理人レベル。車で20分ほどの距離にある実家に行くたびに美味しい刺身や男の手料理を振る舞ってくれます。

主役のカツオは、バーベキューコンロに藁を入れて炙ります。バーベキューコンロの活用方法としては斬新ですが、マニアックなので広がることはないでしょう。

カツオのたたき

表面だけをさっと炙ります。

なんともダイナミックな画です。

一本釣りの「藁焼きカツオ」

カツオのたたき

藁を燃やした火でカツオを炙ると燻製したような香りがカツオに染み込みます。その独特な香りと薬味の爽やかな香りを、ゆずポン酢がぎゅっと引き締める感じです。

原料は兄がこだわって調達した、一本釣りで漁獲されたカツオです。

鰹漁には「一本釣り漁」と「巻み網漁」がありますが、「巻き網漁」で漁獲されたカツオは、網の中でカツオが暴れるため筋肉の中に乳酸が溜まり酸っぱくなったり、身割れしたりするのだそう。

兄が切って盛り付けた大皿2枚分の藁焼きカツオ。

男衆は兄、私、叔父の3人。食べきれない量です。

今朝水揚げされた「ほや」

ほやの酢の物の珍味

肉厚で食べ応えある南三陸産ほやでした。

その肉厚のほやを「mizkanかおりの蔵 丸絞りゆず(ゆずポン酢)」で食べました。このゆずポン酢もとても美味しいです。ほやを食べるときはほとんど「酢しょうゆ」でしたが、これは発見でした。

丸ごとオニオンのコンソメチーズ

玉ねぎの煮物料理

丸ごと玉ねぎのコンソメ煮は私も作ったことがありますが、チーズのせは意外でした。

味のベースがコンソメなので、煮込んで甘くなった玉ねぎによくあいました。

聞けば、バターから転じて、最終的にこのスタイルに辿り着いたとか。

これはキャンプや車中泊などのアウトドアメニューとしても使える料理です。

デザートは「最上川千本団子」

山形県にある人気の団子屋さんの団子です。

兄は、この日のために昼で退勤し、山形県まで買いに行ったのだとか。

最上川千本団子

一升瓶を隣に座らせ、最後まで日本酒一本。

酔っ払って食べるのを忘れて帰ってきたことを、今日カメラの画像を見て気づきました。千本だんごは食べたことがなかったので残念です。

いつか店を訪れてみたいと思います。

初夏の味覚を季節の薬味で贅沢に楽しませてもらいました。

ライフスタイル

行者にんにくの醤油でアジの刺身を食べてみました

今日は一日中、雨でした。そんな中、早朝から地域の草刈り奉仕作業があり、全身、筋肉痛です。

そんなわけで、今日は満足につながるようなヒントやアイディアはないのですが、雨の日曜日の日記として書き残したいと思います。

行者にんにくの醤油とトビウオの刺身

近所のスーパーでトビウオの刺身が出ていましたので迷わず購入しました。1パック298円とお買い得でした。トビウオはクセはなく、アジの刺身によく似た刺身です。

ただつまんでも面白くないので、つけだれとして試してみたのが「行者にんにくの醤油漬けの醤油」です。

「行者にんにく」は、北海道から北東北の春先に出回るニラに似た山菜です。その名のとおり、にんにくに似た香りに特徴があります。

行者にんにくの醤油漬けは、それを醤油に漬け込んだもので、刺身に使えそうと考えていました。(もっといい使い方があるかもしれません。)

結論は・・、合わなくもないけど、生カツオの刺身に使った方が合うかもしれません。まだ醤油は残っているので、近々、生カツオ刺しでいただいてみようと思います。

そして読書

何年か前、発売された時に購入したもので、すでに読了済みの本ですが、読み応えがある内容で、どんどん引き込まれます。真犯人がわかっていても、その場に居合わせるような描写は、文章表現の巧さはもちろん、豊富な取材量と執念を感じます。

雨の日曜日にはもってこいの本ですが、筋肉痛の上、酒もまわっていて、数ページで眠りにつきそうです。

ハードな草刈り以外、何事もない雨の日曜日でした。それでは今日はこの辺で。