和風, 料理研究

【メスティンレシピ】今川焼きの美味しい調理法

「今川焼き(大判焼き)」ほど、老若男女の大衆に受け入れられている商品は他にあるでしょうか。ラーメンやたこ焼きなども大衆ウケしている商品ですが、子どもでもひとりで買える・利用できる商品ではありません。

今川焼き(大判焼き)は、スーパーの店頭やサービスエリアなど、小腹が空いた時にたま〜に買う程度でしたが、意外に奥が深いことに気づきましたので、ご紹介します。

今川焼きとは

今ではポピュラーで、どちらかというと脇役の脇役的存在ですが、名称の由来にいくつか説があるほど、歴史は古そうです。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

「今川焼き」の名称の由来に確たる史料はないが、今日主流とされる説に以下が挙げられる。
江戸時代中期の安永年間[8]、江戸市内の名主今川善右衛門が架橋した今川橋[注釈 1]付近の店で、桶狭間合戦にもじり「今川焼き」として宣伝・発売し評判となったため[9][10]、一般名詞化して広がったとする説がある[1]
現在の静岡県中部にあたる駿河国などを治めた守護大名戦国大名今川氏家紋である二つ引両(引両紋)を由来とする説がある。
明治時代は庶民のおやつとして大流行し[9][10][11]森永製菓創業者の森永太一郎が「焼芋屋と今川焼がある限り銀座での西洋菓子の進出は困難」と言うほど、盛んに売られていた[12]

https://ja.wikipedia.org/wiki/今川焼き

ニチレイ「今川焼あずきあん」

近所のスーパーで買った冷凍の今川焼きです。正式商品名は「今川焼」となっています。(送り仮名がありません。)

結論、この商品はおいしいです。今まで食べた今川焼きや大判焼きの中でNO1です。

あずきあんは甘過ぎず、多少の塩加減も感じる絶妙な味付けで、羊羹のような甘ったるさは一切なく、カレーパンを食べるかのように口がすすみます。

あずきあんは申し分ないですが、生地は温め方によって食味は左右されると思います。

より美味しくするために30倍の時間をかける

商品パッケージには、調理方法としてレンジで50秒と記載があります。オーブントースターでも約2分とそんなに長い調理時間ではありませんが、私が調理した時間は約30分です。

私は、メスティンに入れストーブでじっくり温めてみました。メーカー推奨の調理時間の30倍です。

片側10分、ひっくり返して10分、さらにひっくり返してもう10分。

カリッとして中はジューシー

食レポでよく聞くフレーズですが、上記の調理方法で、本当にそうなりました。カリッとした生地の歯触りは、出来立てでもそうはならないと思います。

ストーブ調理なので、30分くらい時間をかけても問題ありません。やかんをのせてお湯を沸かすように、急がず慌てず、まったりと過ごしながら調理するのがストーブの良さです。

さらに便利な使い方

「ニチレイ今川焼あずきあん」は、冷凍食品ですが、1時間30分ほどの自然解凍でそのまま食べることもできます。

アウトドアライフでの保冷剤として持ち込めば、一石二鳥ですね!

「ニチレイ今川焼あずきあん」、ぜひお試しください。