デジタル

検索されて目を引くSEMの最新潮流とは

昨日、某出版社からWebライティング講座受講をすすめるDMが届きました。この出版社からのDMだけは勉強になるので届くと嬉しいです。

そのDMでは、「リアルメディアの制作物に力を入れても、日々のWeb更新をおざなりにしてはいないか」との問題意識を投げかけていました。私の勤務先の公式HPも実際そのとおりで、紙のテキストの流し込みやPDFのままでの資料掲載、使い古しの言い回しが目立ち、コンバージョン(最終成果)を意識したつくりにはなっていません。

DMには興味深いキーワードが並んでおり、DM資料に目を通しただけでも勉強になります。

以下はそのDM資料の一部です。言わんとすることがわかるものも多く、ブログ記事作成にも応用できそうなテクニックがあります。メモとして羅列しましたので意味不明な点はご了承ください。

Web担当あるある

キーワードの選定やテキスト作成が大変

わかりやすく書こうと思うと難しく書いてしまう、冗長になる

社内ではWebを紙の延長としか扱われていない

短時間で効果のあるキーワードや広告文を複数考えられるようになりたい

商品紹介では定型文になってしまいがち。

大量の情報から目を引くキャッチ

1.冒頭2行が勝負

2.キーワードは固め打ち

3.見出しはサマリーで表現・・・・冒頭に伝えたいことを箇条書きにしてまとめる

4.ユーザーのためになる情報を入れる

5.3行書いて、2行空ける

6.耳を使って書く

7.数値より聞き慣れた例え

8.「無料」か「タダ」か「1円」か

9.アイテムを比較対象に

10.補足+補足+補足の法則

11.1通のメルマガ、ターゲットは一人

12.時間帯でターゲットを変える

13.感情言葉を利用する

14.予告→フォロー→告知→クロージング

15.記事からTwitterへ、Twitterから記事へ

Webライティングで重要な3つの戦略

1.離脱させないWebの文章術

勝負ワードは左上に、事実のみや主張のみはNG。感情やユーザーが役立つ情報を入れる。

2.話題感とコンバージョン

惹きつけられるタイトル、否定しない、主観で言わない。一文字の違いに配慮できるか?

3.検索されて目を引く

ページタイトルやタグのキーワードのつけ方など、変化の速いSEM(Search Engine Marketing、検索エンジンマーケティング )の最新潮流、テクニック。

キーワードは情報系(参考、方法、レビュー、感想)と購買系(割引、入荷、発送、相談、売れ筋)の2タイプの戦略を入れ込む。

Webライティングの要点

要点は、伝わるワード、かんたんな言い回し、わかりやすい表現、の3点でしょうか。

ひと口にWebライティングといっても、検索エンジンと記事の関わりやITリテラシー以外にも、「現場感覚」や「文章表現」などの経験・スキルも要求される難しい領域です。

ですが、成果が現れやすいので、Webサイトの修正作業は楽しいはずです。

専門スキルについては、ネット検索でももっと踏み込んだ情報に触れることができますが、こうして資料に書かれている内容を読み取って、文字で記載することでも身につきやすいです。

上達できるよう意識して取り組みたいと思います。

バンライフ

水鳥との共生に学ぶ

私は、将来「無限の自由旅行」に出ることを目標に活動しています。「無限の自由旅行」とは、かんたんに言うと「ノープランの長期旅行」です。

4年ほど前に、酒席で談笑している時に誰からともなく不意に出た「遊んで暮らす」という何とも魅力的なキーワードが頭に残って離れませんでした。

遊んで暮らす

宝くじで高額当選するなど、億単位の大金が手に入る以外に、しがないサラリーマンが「遊んで暮らす」ことは実現可能なのでしょうか?

酒席の場でその言葉を聞いた日からその言葉の魔力に憑りつかれ、つい先日まで真剣に考えてきました。「考えてきた」というより、「検討してきた」と表現した方が、実現性を追い求めている雰囲気があるので、ニュアンスは合っているかもしれません。

遊んで暮らすためのスキルはこちら→今日からプロのクリエイター

そもそも、なぜ、遊んで暮らしたいのか?

記憶を遡れば、「時間の制約」からの解放を意識しはじめた記事がきっかけだったかもしれません。

世界最高峰の羽毛を生み出す水鳥と人間の共生

見出しは、何年か前に読んだ機内誌記事の要約です。

その記事は、北極圏の美しい大自然の中で、のんびりゆったりと親子で散歩しながら過ごすことが伝統的な生活基盤になっているというものでした。

世界最高峰といわれる北欧の羽毛は希少価値が高く、布団にすると数十万円するものもある高級品ですが、この羽毛の元になるが海洋性水鳥(カモ)です。

世界最高峰羽毛布団はアイスランド・アイダーダウン

のんびりゆったりと親子で散歩する理由は、この水鳥の卵を狙う外敵を寄せ付けず、水鳥が安心して巣作りできるようにするためなのです。

水鳥は人の生活圏内にいることで卵の安全が確保され、北極圏の厳しい環境で暮らす人々は、水鳥の巣から採取する羽毛によって生活基盤が確保されています。

彼らの家業は、産卵時期に水鳥が再び飛来するように、平和で静かで、安全安心な自然環境を維持することです。誰かの管理下で与えられた業務をこなすのではなく、水鳥に安心な子育て環境を提供が任務で、そのライフスタイルが良好な社会秩序の維持にもつながっています。

機内誌の記事を読んだとき、美しい自然の中で、小さな子どもとのんびりと散歩する男性の色褪せたジーンズの風合いは、ばかばかしい忖度も見栄もない、飾り気がなく自然で自由な暮らしぶりを物語っているように見えました。

水鳥との共生の仕組みに驚き、憧れたことを覚えています。

アイスランドに生息する、コモ・アイダー(ケワタガモ)の雌鳥は、卵をあたためるために自らの胸の毛をついばんで巣を作ります。
雛が巣立った後のダウンを人間の手で丁寧に集めたものが『アイスランド・アイダーダウン』です。
ヒナをかえすためメス鳥が最も柔らかい自らのダウンをついばんで作った巣から人間が採取。強風にも飛び散らないダウンの秘密は、 その絡み合いから生まれる驚異の暖かさと柔らかさ。それだけに巣から採取された羽毛の精製はたいへん。洗浄には化学薬品などは使わないため、ダウンの損傷もなく、耐久性に優れています。
手間と時間をかけた、昔ながらの手作業により、厳しい品質・衛生基準にもパスするクオリティーが 守られています。
アイダーダックは比較的生息数の少ない鳥であるため、法律によって保護され、ダウンの採取量も最小限にとどめられています。鳥たちの生態系にも細心の注意を払い、昔ながらの手作業によって採取される希少価値の高い羽毛です。熟練された手作業により、変わらぬ品質が守られています。

https://www.anmin-ne.com/shop/down/eiderdown/eideryj-b.html

「遊んで暮らす」とは、自堕落でわがままな日常でいたい、という意味ではなく、北欧の羽毛採取農家のような、自然を軸に循環するライフスタイルを指しています。

どうしたら遊んで暮らせるか

残念ながら日本には羽毛採取農家のような、のんびり散歩することが生活基盤を強固にする就業環境はありません。

それはないけれど、似たようなビジネスモデルはあるはずだとずっと考えてきました。

釣りをしながらのバンライフでYouTubeで生計を維持している人もいます。しかし、それには高いレベルでの動画編集作業が伴うので、求めているのとはちょっと違います。

どうしたら、燃え尽き症候群とは無縁の、自由でいきいきしたセカンドライフを実現できるのか。

日々、そういうことを考えているうちに、答えに近づきつつあるようです。

あきらめず、工夫や研究を重ねることは重要なことです。そして、それよりも重要なのは「時間」。私はそう思います。