ライフスタイル

amazonでメスティンを重複注文してしまいました

先日、メスティン2号機を激しく焦がしてしまったので、新しくすることにしました。クッキングシートを使った調理だったのですが、加熱時にメスティン内部でタレの液漏れが起きていました。クッキングシート使用の安心感が油断を増幅、結果、回復が難しいほど焦げつかせてしまったからです。

*アイキャッチ画像のレシピは記事最後に記載しています。

メスティンといえば、Trangia(トランギア)というブランドが人気ですが、昨今のアウトドアブームで品薄状態が続き、多くのメーカーがこの分野に参入しているようです。

私も1号機はTrangiaでしたが、最近はメスティンブランドに特にこだわりはありません。

Amazonで値段を中心に選定しオーダーしました。

迷った2品の両方が届いた!

Amazonから発送を知らせるメールには、注文品3点が発送されました、とありました。メスティンをオーダーするついでに、プリンタの交換インキもオーダーしたので、インキ2個+メスティンのことと思い込んでいましたが、届いたのはインキ1個とメスティン2個でした。

一つは、MiliCamp(写真/1,791円)、もう一つは山善(1,780円)というブランドです。

材質も寸法も同じですが、MiliCampには煮こぼれを防ぐ段差と目盛りの刻印があるのに対し、山善はそのどちらもありません。(写真右上は、1号機のフタです。)

ネット通販で注文した商品が届いた時、梱包を開ける時の感じは、とてもワクワクして好きなのですが、自分の不注意に気づいた時はがっかりしました。重複オーダーはこれで3度目くらいでしょうか。

誰だったか忘れましたが、お笑い芸人さんが、ドローンを間違って5台オーダーし、取り消そうとしたことが注文になり、6台届いた、というエピソードを最近知りましたが、それと比べれば、実用性もあるのでまだ救われます。

メスティン折り

これからは面倒がらずに、メスティン折りしたクッキングシートを活用することと、焦げつきそうな料理は避けることにしました。そのためには、料理のバリエーションの追加も必要です。

メスティン折りの型紙はネットで数多くのブログ記事などでダウンロードできるよう出回っています。型紙をプリントアウトして線に沿って折り、何枚か作り置きしました。

クッキングタイマーも活用

車内調理用に100均でクッキングタイマーを探していましたが、昨日、やっとシンプルデザインのタイマーを見つけました。もちろん100円です。

これからは、心を入れ替え、手抜きは極力せずレシピに忠実に時間を計りながら調理することにしました。

設置場所はここ。タイマー以外に、ストップウォッチ、カウンター機能もあるので、調理以外でも何かの役になりそうです。

スープカレー風辛ラーメン

<作り方>

にんじんは茹で、次いで、なす、ピーマンを炒めたら、フタにとりわけ、「辛ラーメン」に市販カレールーをひとかけら、入れて5分煮込みます。

絶品スープカレーの出来上がり。多少の手間もかかるので、アウトドアで楽しいかもしれません。

ご興味のある方は、ぜひ試してみてください。美味しいです。

ライフスタイル

ネットショッピングの返品は簡単にできました

昨日、Amazonに注文していたストーブファンが届きました。

さっそくストーブの上においたら、1〜2分後、勢いよく回転しはじめ、快適なことを確認して眠りについたのですが、今日の朝は、ファンが途中で停止してしまいました。

ストーブファンの回転原理

写真で見たときは、温められた空気が上昇する働きで羽根が回転するものと思っていましたが、実際はもう少し複雑な原理です。

ペルチェ素子という温度差を感知する基板に、モーターからの配線がハンダ付けされています。そのペルチェ素子が温度差を電気エネルギーに変えてモーターを回転させる仕組みのようです。

ストーブファンが回転しなくなった故障原因などをネットで探してみましたが、該当するような記事は見当たりません。

分解したストーブファンに目をやると、部品はモーターとペルチェ素子しかなく、そのどちらかに原因があるようです。

交換部品を物色

どちらも、交換するためのパーツとしてネット上には出品されていますが、サイズが適合するかどうかの情報記載はなく、はっきりした確認はできません。

画像から推測するにしても、ストーブファン購入価格が4,980円に対し、交換用モーターが2,600円と、適合するかどうかも不確かなパーツを買う勇気と交換の手間を考えると微妙な価格設定です。

そしてペルチェ素子はそれ以上に高額です。

別の廉価版のストーブファンは3,000円台で出品されていますが、パーツ交換にせよ、新品再調達にせよ、希望どおりの商品かどうか疑わしく、いったんは諦めました。

Amazonの購入履歴をチェックしてみた

念のため、購入品の型番を調べて、専用パーツをネット検索するために、Amazonの購入履歴をチェックしてみたら、返品に関するページに辿り着きました。

そのページでは、返品理由を選択し、テキストボックスに詳しい理由を記載できるような仕組みになっています。

驚きの簡単な返品手続き

不良品を受け取ってしまったので、本来は感動などするはずもないのですが、Amazonの返品システムは秀逸です。

集配方法と時間を選択すると、バーコード付きの返品票をプリントアウトするためのデータをメールで受信できるようになっていました。ページにたどり着いてから、返品手続きまで1〜2分。あっという間の処理でした。

そして再注文

明日午前に宅配便がAmazonから送られた送り状を持参して集配に来てくれることになっています。返品商品に前記の返品票を入れて梱包し集荷を待つだけ。カード返金も処理されたようです。

ネットショッピングは怖いという人の声は今でも多く聞くし、その気持ちも良く理解できますが、Amazonがここまでシンプルでスピーディな手続きで処理できるように進化していたとは思いもしませんでした。

返品理由の選択肢に、「届いた後でもっと安い商品を他で見つけたため」というのもありました。もしリアル店舗ならば、このような理由などは聞き入れてくれるはずもありません。

これに習って、物事の考え方を見直さなければならないことは身の回りに多く存在しているかもしれません。

そして、無事、別ブランドの類似商品を再注文しました。いい勉強になりました。