食べ物

メスティンで「うな丼」を作ってみました

メスティンで炊飯しながらうなぎも蒸す方法を実験してみました。

クッキングシートを活用

用意するものとしては、お米以外に、チルドのうなぎ蒲焼きとクッキングシートだけ。

まずは、1合分のお米を水に浸します。これは普通にお米を炊くのと同じ手順、分量です。

メスティンとうなぎ蒲焼
メスティンとうなぎ蒲焼

白いのはクッキングシートです。このクッキングシートにフォークで9箇所の穴を開けました。タレと蒸気の通い道です。

そしてお米の上にクッキングシートをのせ、その上にチルドうなぎを乗せます。

この時、クッキングシートの穴を伝って浸水してきますが、動じてはなりません。

うなぎが水浸しになろうがかまいません。

これで「メスティンうな重」はほぼ完成です。

あとは普通に炊飯するだけ

ご飯を炊く時はいつも固形燃料(30g)を使います。燃焼しきった時が1合分の炊き上がり。

メスティンとポケットストーブ
メスティンとポケットストーブ

火力の調整は必要なく、着火した後は燃焼しきるまで約25分待つだけで、安定した出来栄えです。

ご飯を蒸らす

メスティンで炊いたご飯
メスティンで炊いたご飯

燃焼しきったら、フタを開け、クッキングシートごとうなぎをいったん取り除き、ご飯をかき混ぜて10分蒸らします。

盛り付けが最大の難関

メスティンで作ったうな重
メスティンで作ったうな重

うなぎは想像していたよりも良い出来栄えで、身がふっくらとしていました。

とても柔らかいので、クッキングシートから取り分けてご飯の上に乗せる時が最大の難所です。

ここで身が崩れてしまっては台無しです。とても緊張しました。

メスティンで作ったうな重
メスティンで作ったうな重

彩にみつぱをのせて出来上がりです。

「鰻蒲焼のたれ」を「山椒」をお好みで追加投入。箸が止まることなく、一気に完食でした。

キャンプや車中泊なら周囲の注目を集める一品かと思います。お試しください。

バンライフ

駐車場での「うなぎそうめん」は背徳感でいっぱい、でも最高でした

夏も近づいているので、今日のランチは「うなぎ」を試してみました。

水でほぐすだけのつるやかそうめん
水でほぐすだけのマルちゃんそうめん

シマダヤの流水麺は個包装なしの2食入りでしたが、マルちゃんのは個包装された2食パックで使いやすい麺です。

ただ、麺の形状が縮れぎみで、そうめんと呼ぶには、若干の違和感を感じます。

天津すだれのバタつき対策

車に取り付けたすだれ
NVANのバッグドアにすだれを取り付け

天津すだれは日よけ効果と涼感を演出するには最適ですが、意外に風には弱いものです。空気の流れを逃がす隙間が少ないので、固定しないとぶらぶらして脱落してしまいます。

写真は、すだれの揺れや脱落を防ぐため、ペットボトルの水を重しにしているところです。さやかな工夫ですが、今日の風は強く、500mlペットボトルでは太刀打ちできませんでした。

しかし、基本的な対策としては、今後も使えそうです。

時短テーブル

Herinox(ヘリノックス)は、高い強度と軽さ、携帯性を兼ね備えたチェア等の製品をデザインしているブランドです。ここ数年は似たフレーム構造の椅子やテーブルがアウトドア専門メーカーなどから発売され、目につくようになりました。

写真は、今から5~6年前、バイクでのキャンプツーリング用にコンパクトサイズのテーブルと椅子が欲しくなり購入したものです。

ミニテーブル

コンパクトで軽いのですが、軽さ故、少しの風で飛ばされることや、テーブルの組み立てが多少面倒で、布地の天板も使いにくいため、登場機会が激減していたアウトドアグッズのひとつです。

Herinox公式サイトはこちら

天板を組み立てた状態で車内壁面に収納しておけば、邪魔にもならず、すぐに設営できると思い、試してみましたが、やはり布地の天板は使いにくく、しっくりしません。

カーサイドミニテーブルは継続課題とします。

うなぎそうめんの評価

うなぎそうめん
うなぎそうめん

撮影しながらの食事準備で多少、のびている感もありますが、高級食材うなぎの存在感は絶大で、特別な感覚も味わえました。

「駐車場でうなぎ」とは、バチ当たりというか、背徳感が最高です。

ですが、トッピングなど準備物が多すぎるのが難点です。

この日の詳細はYouTubeをどうぞ。