バンライフ, 食べ物

車中泊の朝食に生ジュースをいただきました

須川高原温泉での車中泊、昨晩は雨でしたが、朝になって雨はあがりました。これから今回の最大テーマ、生ジュースづくりです。

ジュースにする目的をはっきりと

やってみてわかったのは、ミキサーはもちろんのこと、ジュースにする材料などもそれなりに多くを必要とするので、アウトドアスタイルには難しいですね。

空気の澄んだ自然豊かな環境で生ジュースを楽しみたいところですが、ジュースにする目的のないことをジュースで楽しんでも、いまひとつでした。(味は美味しかったけれど)

キャンプ地に名産品があったり、その場所や地域をより深く知り、体験する目的でのジュースづくりは楽しそうですが、今回のようなスタイルは荷物が多くなるだけでした。

まぁ、わかっていたことではありますが、それを超える何かがあるかなと期待しましたが、次回はジュース原料に向いた名産品のある場所に出向いて、再チャレンジしたいと思います。

今回の様子はYouTubeに投稿しましたのでご覧ください。

お土産に大好物その1「塩蔵しその実」

キャンプ地から程近い、大崎市岩出山という場所は、「しそ」の農産加工品が多いことで地元では知られています。その中の一品が「塩蔵しその実」で、大好物のひとつです。

ごはんにのせて食べるのが一般的だと思いますが、そうめんのつゆに入れても美味しいです。昔はよく食卓に出てきましたが、今は道の駅などの土産品売り場で購入しないとありつけません。

パッケージ記載の原料は、しその実と塩だけです。

アマゾンから購入できるようです。

お土産に大好物その2「なんばん味噌」

仙台の牛タン定食についているのとほぼ同等のなんばんの味噌漬けです。しょっぱさとピリッとした辛さが持続して、ビールがすすみます。ごはんにもよく合います。

パッケージ記載の原料はみそ、唐辛子、はちみつ、塩です。

冒頭の話題に戻りますが、須川高原温泉は、11月から5月まで、国道が通行止めになるため休業する温泉です。半年間しか営業しない温泉ということもあり、その温泉に入ることは、自分の中では大きな価値があります。

その温泉に浸かり、一泊して、大好物2品も買うことができ、今回の小旅行はとても満足でした。

<満足度>

評価 :5/5。


バンライフ, 食べ物, 旅と温泉

「フレッシュ生ジュース」作りのテストしてみました

健康的で満足感を味わえる朝食を考えていて、ジューサーミキサーを使ったフレッシュ生ジュースを思いつき、さっそくテストしてみました。

ジューサーとミキサーの違いとは

ネットで調べてみました。同じようでいて、実は若干、異なるようです。

「ジューサー」は、食材を入れる容器の底におろし金のついたザルがあり、モーターでおろし金を動かす調理器具です。食材を食物繊維と水分に分けるのが特徴です。一方、「ミキサー」は野菜や果物などをペースト状にしたり粉末にしたりする調理器具で、ガラス容器の下部についている刃で食材を細かく砕くことができます。

おそらく多くの人がイメージするのは、後者の「ミキサー」ではないでしょうか。

家探ししてミキサーを発見

家探ししたら、未使用のミキサーがありました。しかも2台も!

4〜5年前、おふくろがTVショッピングで購入し、使い方がわからずそのままになっていたようです。なぜ2台なのかは謎です。

ミキサーの定格出力を確認したら240Wなので、車内装備のSUAOKI ポータブルバッテリー(500W)で動作するはずです。

動作テスト問題なしでした。(ポータブルバッテリーはテーブル下に置いています。)

さっそく近所のスーパーで材料調達

組み合わせを変えて2種類のジュースを作ってみることにします。

フルーツはバナナ、パインブロック、ベリーを購入しました。

続いてベジタブル。購入した野菜はセロリ、小松菜、トマト(バラ)です。そのほか、豆乳とはちみつを調達しました。

豆乳は消費期限も長く、常温保存なので、アウトドアには牛乳よりも豆乳が便利です。注ぎ口にねじ式のキャップが付いているので、移動時でも漏れる心配はなさそうです。

「小松菜とバナナのフレッシュジュース(2〜3人分)」の材料です。

●小松菜・・・・・・・・2株/ビタミンではビタミンKが1日の摂取目安量の3倍も含まれ、止血作用、骨の形成に役立つらしいです。

●バナナ・・・・・・・・2本/情緒を安定させ、精神をリラックスさせる効果のあるセロトニンという成分も豊富に含まれているとのこと。

●豆乳・・・・・・・・・500cc/がんや骨粗鬆症の予防効果が期待されるイソフラボンが含まれています。

●セロリ・・・・・・・・1本/浸透圧変化による血管の伸縮を防ぎ、血圧を安定させる働きがあるカリウムを多く含みます。

●はちみつ・・・・・・・適量/カルシウム、ビタミンB1、B2、葉酸などのビタミン類、鉄、パロチン、約22種類のアミノ酸、約27種類のミネラル、約80種類の酵素など豊富な栄養素が含まれています。

駅中などの生ジュース屋さんだと1杯500円くらいすると思いますが、上記材料による製造コストを計算したら1杯あたり145円ほどでした。

材料をミキサーに放り入れ、スイッチON

小松菜の葉が小さくなるまで回します。途中で味やとろみを見て、必要に応じてはちみつや豆乳を加えます。最後に「ヒマラヤ岩塩」で味を整えました。

材料のカットも含め、1〜2分で出来上がり。

小松菜とバナナのフレッシュジュースの実食

クリーミーでセロリのツンとした香りがアクセントになって、とても美味しいです。

この画に生ジュースが加われば、ワンランク上の朝食の雰囲気が楽しめそうです。そして何より健康的です。

アウトドアで、ミキサーやる人、なかなかいません。ドヤ顔でミキサーをぶん回してみたいと思います^ – ^

アウトドアで生ジュースを楽しむポイント

アウトドアでフレッシュ生ジュースを楽しむためのポイントをいくつか整理してみました。

1、豆乳は無調整の固定キャップ付きを選ぶ。(栄養価、移動時の液漏れ防止)

2、材料は使い切れる量目単位の商品や持ち帰っても品質保持できる商品を選ぶ。(例えばバナナ、キウイ、アボカド、トマト、にんじんなど。)

3、はちみつは多いかなと思うくらい投入するのが良い

4、お好みでレモン果汁や塩、ブラックペッパーなども。

生ジュースには決まったスタイルはないので、いろいろアレンジしてみると面白い発見があるかもしれません。入手しやすく扱いやすい材料で、栄養価が高くて美味しい組み合わせの研究をしばらく続けでみようと思います。

<満足度>

評価 :4.5/5。

最後までご覧いただきありがとうございました。それでは今日はこの辺で。



バンライフ, 旅と温泉

キャンプの朝食作りをASMR(立体音響)で収録してみました

車中泊動画を再生しながらPCで作業をしている時、雨音や野鳥のさえずりの中、朝食作りの時の食器がぶつかり合う音がリラックス環境音になるのでは?と思い、編集してみることにしました。

Google Homeでリラックスする

「Google Home」とは、「スマートスピーカー」の一種で、内蔵されたマイクに話しかけることで、様々な応答や動作をしてくれます。

そのGoogle Homeに「ねぇGoogle、川の音を再生して」と話しかけると、様々な環境音が再生されるようです。その種類は次のとおりです。

  • 自然の音
  • 水の音
  • 水の流れる音
  • 屋外の音
  • 小川のせせらぎの音
  • 田舎の夜の音
  • 首振り扇風機の音
  • 暖炉の音
  • 森の音
  • 海の音
  • 雨音
  • 川の音
  • 雷雨の音

つまり、リラックス環境音は、すでに需要として認知されたカテゴリーになっています。

詳しくはこちら

その存在は知ってはいましたが、キャンプ(収録時は車中泊でしたが)での朝食作りの音も、リラックス環境音としてのニーズがあるかもしれません。むしろ高いかも。

少なくとも私は聞いていて心地いい・・。

動画編集ソフトで編集してみた

私が使っている編集ソフトは、「Final Cut Pro X」です。

動画の編集だけではなく、音声などの編集もこと細かな編集ができる優秀なソフトウエアです。

その大半の機能は勉強不足のままで使えないままでいますが、追々勉強していくこととします。

いろいろいじってみて、立体音響(サラウンド)に編集して、静止画だけの動画コンテンツを作ってみました。動画なのに静止画にした理由は二つあります。

一つは、聴きながら眠るなどの使い方を想定したため。

そしてもう一つは、誰もが同じような道具を使う朝食作りでは、場面を想像に委ねた方が環境音としての価値があると考えたからです。

新しい付加価値の発見

今までは、動画を撮ろう(作ろう)と思うと、動画素材の撮影に気が向いていました。

しかし、今回のように、一度のキャンプ(車中泊)で、動画と環境音の、視聴目的が異なる二つのコンテンツを作ることに気づいたわけです。

今回制作した環境音は、そう気づいての試作なので荒削りですが、次回はWコンテンツ制作を意図し、ICレコーダーも持ち込んでみたいと思います。

試作品はこちら

<満足度>

評価 :4.5/5。

最後までご覧いただきありがとうございました。それでは今日はこの辺で。