旅と温泉

白濁の源泉掛け流しの秘湯「松川温泉・松楓荘」でまったりしてきました

1743年8月6日に開湯したという秘湯「松川温泉 松楓荘(しょうふうそう)」に行ってきました。八幡平市にある278年の歴史ある秘湯で、私の好きな温泉のひとつです。

道中の路面に雪はありませんでしたが、豪雪期には麓からボンネットバスでの送迎もあります。

この写真は、2013年2月に宿泊した時の送迎バス写真です。

今日は自家用車で現地まで行きましたが、ボンネットバスを利用すると一気に現実から遠ざけてくれます。

「松川温泉・松楓荘」に到着。写真ではこじんまりと見えますが、2階建てで施設が奥に広がる大きな建物です。4種類の趣ある浴場と風情を楽しめます。

最も特徴的な吊り橋を渡っていく岩風呂は、残念ながら雪崩への警戒から今日は休止の看板がありました。身体中の細胞の隅々まで温泉成分を染み込ませようと3箇所の浴場を楽しみました。

泉質は、単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)です。

そのうちのひとつ、混浴露天風呂です。松川温泉辺りは標高も高く、極寒の地なのですが、今日の外気温さほど冷たくはなく、出たり入ったり、の〜んびりと。

湯上がりに温泉卵のサービスがありました。香りと色合いから温泉成分が染み込んでいるようです。

温水ボイラーの唸る音と窓の下を流れる渓流の音を聞きながら、しばし仮眠。

いつ来ても雰囲気は何ひとつ変わらない、とてもいい湯でした。

松川温泉 松楓荘

秘密基地, 旅と温泉

車中泊で無人の共同浴場めぐりをしてきました

「無人の共同浴場」とは、山形県蔵王温泉に3箇所ある源泉掛け流し、入浴料200円の大人の温泉です。車中泊しながら3箇所ある共同浴場の3箇所目を体験してきました。

【車中泊】無人の共同浴場めぐり(1)

【車中泊】無人の共同浴場めぐり(2)

昨晩の最低気温は、車外がほぼ予報通りの-9.6℃、車内は-3.6℃でした。寝ている間は寒いということはなく熟睡でした。

3つの共同浴場の浴室内装は全て風情のある板張りです。天井部分には隙間が設けられていて、雪がチラホラ入ってきたりします。

今朝は私以外に入浴客はなく、熱めの湯に1時間ほど出たり入ったりして、蔵王温泉を満喫しました。いやぁ〜、本当にいい湯です。先日の上湯共同浴場の動画(環境音)をYouTubeにアップロードしましたのでよろしければご覧ください。

蔵王温泉上湯共同浴場

蔵王温泉を散策

蔵王は樹氷も有名です。ロープウエイで樹氷を眺めることができるのですが、数日前に暴風雪があったばかりだったので、見応えある樹氷が立ち並んでいたことでしょう。(麓駅付近から)

眠気覚ましにモーニングコーヒーを。

干し大根です。寒さに当たると甘味が増すと言われています。

おまけ

山形蔵王からは寄り道せず、自宅からほど近いお気に入りのラーメン屋さんへまっしぐら。薄味で分厚く柔らかいチャーシューと醤油ベースのシンプルスープの相性が絶妙で、地元では人気のラーメン屋さんです。

このお店では雑誌「AERA」を置いています。その「AERA」の表紙はいつも著名人の意味深な表情で飾られています。いつしか、ここでラーメン食べた時はいつも同じ構図で写真を撮って、記事を読んだ記憶とともにアルバムとして集めるようになりました。貯まったらプリントしてアルバム(現物)にしようかと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。