ライフスタイル

YouTube収益化への道はマーケティングの道でした

数年後の収益化を目指して、コンセプトのチューニングをしながらぼちぼち動画投稿しています。そんな中、以前のブログ記事で、突然再生回数が伸びた事例をご紹介しました。

視聴回数が増えたYouTube動画

この記事を書いたのは、今からほぼ1か月前の2021年1月9日のことでした。

内容は、緊急事態宣言後に視聴が増えだし(この時で総再生時間1,752時間)、収益化の4,000時間までは計画より進行は良好、という記事でした。

それから1ヶ月。2度目の緊急事態宣言発出や全国的な寒波襲来の中、温泉の環境音で癒しになれば、と1年前に投稿した動画のタイトルに「ステイホーム」の言葉を加えた結果、1か月で再生時間は565時間も増えました。

その増加は私にとっては驚異的なことです。

YouTubeだけでなく、投稿済みのブログ記事に編集を加えても同じ効果が期待できると思います。

アナリティクスでわかったこと

ここでいう「アナリティクス」とは、YouTubeチャンネル開設者が見ることができる自身の視聴データの分析画面です。これが秀逸です。

動画投稿本数や視聴回数、再生時間など、分析対象の数値規模が大きくなるにつれ、実に詳細なデータがさまざまな角度から分析され、いつでもグラフで確認することができるのです。

アナリティクスが生み出す価値は、「新しい機会」の発見です。

意外だった視聴者層

視聴者の中心層は、私と同年代男性がほとんど、とイメージしていましたが、アナリティクスで確認したところ、私のチャンネル視聴者の性別は男性が56.9%しかなく、40%以上が女性でした。これは意外でした。

(女性目線を意識して制作してなかったなぁ~、と反省です!)

このデータを知っているのと知らないのとでは、動画の構成やタイトルの書き方、概要欄の情報に大きな差が出てきます。YouTubeの収益化で身を立てている人の多くは、日夜、きめ細かく分析画面を追っているのでしょう。

例えばですが、動画タイトル「冷え性」という言葉があると数字はさらに変わるかもしれません。

当然、視聴者を欺くような動画の内容と無関係な言葉を並べるなどはNGですが、細かな分析と仮説立脚の繰り返しが視聴者の気持ちに近づける手段なのだと思います。

完成形のないパズルのようでとても難しいのですが、それがまた楽しさでもあります。

ライフスタイル

届いたDMを見て世の中の変化に気付きました

コロナ禍において、数々の変化が起きています。

デジタル分野が加速して、メディアへの接触行動も日進月歩で変化しています。

リモートワークの浸透で勤務形態や雇用、報酬に対する考え方も、少し前の時代から変化しました。職務内容を定めた上で、働く場所や時間は本人に任せるスタイルが定着しつつあります。

さらには「人生100年時代」を見据え、人生設計の練り直しが必要になってきています。

世の中の変化に気付き、適応していかなければなりません。

「肩書き時代」は終わる

私は、名刺に上級職名や数々の役職名が並ぶことをステイタスにしたり、そのことを偉いと思う感性は年々薄れていくと思います。(組織内で役割を表す名称はなくならないと思いますが)

・◯◯フォロワー10万人達成 料理男子 □□太郎 

・チャンネル開設3年目  片付け上手 □□花子

例えば上の例のように、その人の個性や社会との接点や影響力、得意分野など、会ったその日にわかった方がビジネスはうまくすすみそうです。

定年になった途端、抜け殻のようになった、という話もよく聞きます。

「仕事一筋」は、勤勉でどこかユーモラスな響きも持ち合わせた表現ですが、「勤勉さ」の質は数年前と大きく変化していることに気づけない人も多いようです。

企業のためのジェンダー論基礎講座

この見出しは、ジェンダー炎上の原因と対策、広告表現、フェミニズムの流れ、日本企業と欧米企業の違いを学ぶ講座です。

昨今の女性蔑視発言で大炎上事件勃発の2週間ほど前に私あてに届いたDMの中にありました。

以前のブログで紹介したことがありましたが、企業案件のDMは見出しやタイトルを見ただけでも勉強になるものが多いです。タイトルが社会の関心事ですよ、と教えてくれているようなものだからです。

DMには、女性活躍推進法の成立、就労観の変化、LGBT支援と配慮など、社会環境が変化している中で、対応を誤ってしまうと、メディアやSNSで徹底的に企業姿勢や責任を追求され、炎上するリスクがあると書かれています。

一方で、社会状況に即した適切なコミュニケーションを取れる企業やブランドはますます価値を高めていくことになるとも書かれています。

発言内容は確かに問題ですが、そもそも超高齢者が天下る日本社会の文化も大きな問題です。