ライフスタイル

作務衣にSNSアカウント名の刺繍を依頼したらサプライズがありました

伝統工芸に携わる職人を特集したTV番組を見ていた時に、職人さんの作務衣の左胸にあった屋号の刺繍が目につきました。

かっこいいと思い、近くにある手芸や生地を扱う専門店さんに刺繍を依頼してみました。

実際に着用するイメージは重要

何にでも言えることですが、サンプルなどを用いて出来上がりをイメージすることが重要です。

私が持っている3着の作務衣のうち、いちばん気に入っている作務衣に刺繍を依頼したのですが、刺繍位置を肩の縫製ラインと平行になるように依頼しました。

ところがこれが大きな間違いで、作務衣を着ると、肩のラインは体の外側に下がるため、作務衣を着た時に刺繍した文字の末尾部分が大きく下に下がって、斜めになってしまいました。

実際に着用するイメージをもとに、刺繍位置を決めるべきでした。

刺繍を解いて修正

刺繍のし直しには洋品店オーナーも快諾してくれて、縫いつけた刺繍を生地を傷めないように手作業で解いて、再度、刺繍の修正をしていただき、本日、受け取りました。

刺繍位置を肩の縫製ラインに合わせると斜めになってしまいます。(写真は刺繍前)

上の写真は過去のものですが、完成品を着用すると「tamasabu」の文字が水平になるように修正していただきました。

ついでに黒の作務衣にも刺繍(銀色の糸)を依頼しました。

黒無地の作務衣は、住職のようなイメージがありましたが、銀色の糸の刺繍でぐっとカジュアルな雰囲気が出ました。これで堂々と街に出ることができました。

サプライズとは

このサプライズには感動しました。肉球デザインから、「tamasabu」が私の家の飼い猫の名前ということもわかってくれてのプレゼントです。

バカバカしいような依頼でしたが、意図や思いを汲んでくれて、真剣にお付き合いいただいたオーナーに心から感謝です。

ちなみにスーツもtamasabuブランド

こちらはスーツを作った時に依頼したネームです。人知れず「tamasabu」をブランドとして育てています。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ライフスタイル

父の日のプレゼントもらったAIRism(エアリズム)は涼しくて快適でした

娘からもらった、父の日のプレゼントのひとつ、ユニクロ人気の新ブランド「AIRism」のTシャツを初めて着たのですが、驚きの涼しさ・快適さでした。

すでに購入し、その素晴らしさを実感している方も多いと思いますが、新登場もラインナップされていましたので、ご紹介します。

AIRismとはどんな素材?

ユニクロ公式サイトで調べてみました。(記事内容はレディースです。)

キュプラという素材を使用しています。女性の肌特有の問題として「汗ムレ」がありますが、衣服内にこもりがちな湿気を外へ吐き出すための素材としてキュプラは最適です。キュプラは” 呼吸する繊維 “とも呼ばれており、繊維自体が吸放湿性を持っています。

また、肌が触れると冷たく感じる接触冷感機能もありますので、高温多湿な環境で快適を生みだすことができるベストな手段の1つだと考えています。

ユニクロ/エアリズム特集ページ(WOMEN)より

見た感じの印象は、汗で濡れた身体にまとわりつくような素材感ですが、着用した感じは全くそんなことはなく、裸でいるより涼しいような感覚でした。

もう何着か色や形のバリエーションを増やさねば、着てみてそう思いました。

追加入手のためユニクロへ

仕事からの帰り道、ユニクロへ立ち寄りました。

売り場をよく見ると、「AIRism」に加え、「AIRismマイクロメッシュ」と「AIRismコットン」が新しくラインナップされていました。

何にでも合わせられる無難な白のクルーネックは、「マイクロメッシュ」を選んでみました。これからの寝苦しい夜などに良さそうです。

もう一着は、アウター的な着用目的に、表地にコットンを合わせたネイビーの「AIRismコットン」を選びました。ネイビーは、下半身が黒系以外であれば合わせやすいので便利な色です。私は2着あるオレンジのパンツに合わせたく、この色にしました。

1着990円、激安です。

豊富なバリエーション

下着的な商品だけではなく、様々なバリエーションがラインナップされているので、いつか、千円札3枚ほど握り締め、リアル店舗での買い物をじっくりと楽しんでみたいと思います。

商品の詳細はこちら「エアリズム特集ページ」をご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。それでは今日はこの辺で。



ライフスタイル

農作業用ツナギをカッコよくアレンジしてみました

こんにちはtamsabuです。

草刈り前にツナギに着替え、アイスコーヒーのみんながらTwitterをのぞいていたら下の画像が目に飛び込んできました。

画像/JAXAきぼうフライトディレクタの公式アカウントから
私が着用していたツナギ

閃きました!

何の飾り気もない作業用ツナギですが、ひと手間加えれば「NASA日本人クルー」になりきれちゃいますね!草刈りへのモチベーションもUPしそうです。

さっそくAmazonでワッペンを注文

実は最近お気に入りのツナギ

ツナギは3着ほどありますが、写真のツナギは30年以上前に購入したものです。数ヶ月前に古着を片付けをしている時に発見しました。半袖のツナギを購入したことがきっかけでタンスの奥にしまい忘れてしまったものでしょう。

30年も経つと生地(綿100%)がとても柔らかく、肌触りが抜群に良くなっていました。肌触りの良さは、経年劣化のせいではないのかもしれないけれど、とにかく柔らかくて着心地がいいのです。

股下のかぎ裂きなど、縫い合わせた箇所もあるのですが、家でゴロゴロするときにも楽なので、肌寒いこの頃は、農作業がなくても着ることもあります。

大人が着る「ベビー服」ですね😅

今日注文した日の丸JAPANとNASAのワッペンは明日には届く予定です。

炎天下の草刈りはハードな作業です。今までは作業前からいつもうんざり😩でしたが、このアレンジで、重要なミッションを抱えているかのような架空の責任感と意味のない使命感に浸れるようで、「大人のベビー服」着用がさらに楽しみになりました😄

ちょっとした工夫で、気持ちが前向きになるものですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。それでは今日はこの辺で。

<満足度>

評価 :4.5/5。

ライフスタイル

オーダースーツに「水牛のボタン」を選んでみました

今日はちょっとした理由があって、スーツをオーダーしました。

オーダースーツと言っても、寸法は前回作から体型が変わっていないので、生地選びと細かなデザインを打ち合わせするだけです。

今回は、少額を加算するだけで、ちょっといい大人になれそうな水牛のボタンを選びました。

水牛のボタンとは

水牛ボタン(水牛の角)の特徴は、耐久性の高さとひとつひとつ、表情が違い、二つと同じものがないということです。

他人の目から見てわかりやすいものでもないので、形を楽しむというよりも、水牛の角の質感や素材感を触れて楽しむものですね。これも小さな満足です。

手が出ないほど高価なものでもないので、オーダースーツには水牛ボタンを選択することをお勧めします。

表地はオーソドックスな「黒のストライプ」

素材はウール50%とポリエステルの混紡です。今年作った2着がウールの平織と綾織だったので、今回は耐久性も重視した素材にしました。

その他、表面的な箇所のデザインはこれまでのものから、多々、改良を加えました。

裏地素材には「キュプラ」

キュプラとは、綿花くずを原料にした再生繊維です。一般的なプリエステルと比べて吸湿性が高いのと絹のような光沢が特徴の素材で、スーツを着る時の滑りも良いです。

色は大胆にピンク(無地/F11)を選びました。表地とのコントラストがはっきりしていた方が良いと思ったのと、いつもの無難な選択から脱却し、遊び心を出してみようと考えたのが理由です。

多分、今回のディテールが私らしいスーツの最終形だと思います。今後、またオーダースーツを作るにしても、生地や色味が変えるだけで、形は今回のバージョン一本にするつもりです。(体形が変わらなければ、ですが。)

出来上がりは約1ヶ月後。小さな満足を随所に散りばめた、オーソドックスな色味のスーツ、楽しみです。

<満足度>

評価 :5/5。

最後までご覧いただきありがとうございました。それでは今日はこの辺で。