食べ物

新調したフライパンで作る冷製ミネストローネ

長く愛用していたMSRクイックスキレット(フライパン)。2010年頃に買ったので約10年ほど使っているものです。

アウトドアクッカーのフライパン
フライパン

写真左奥に見えるのが今回買い替えた、同じブランドの同じ商品のハンドル部分です。

このハンドルは、フライパン内側に倒して収納することもできるし、取り外しすることもできます。焦げ付きにくい表面加工が施されている点はもちろんですが、1.2リットルのちょうど良いサイズ感(焼きそば2人前がギリギリ作れる容量)が気に入って、長い間、愛用していましたが、いくつかの理由があって新品に買い換えました。

買い替えた3つの理由

⒈ハンドルを紛失したため。

⒉表面が凸凹になって焦げ付きやすくなったため。

⒊炒め調理のバリエーションを増やしたいため。

大きな理由は、3〜4年前、自宅の庭先でハンドル(持ち手)を紛失したことです。車から荷物を下ろして、エアコンの室外機の上においたはずのハンドルが忽然と消えてしまいました。これといって探す場所もなく、未解決事件となっています。

ハンドルを失った以降の調理では、別売りの鍋つかみを使用していたのですが、これが実に不便で、「次回キャンプに行くときに同じフライパンを新調しよう」と思いつつ、気づけば3年も4年も過ぎてしまいました。

MSRアルミニウムスキレット
新調したMSRアルミニウムスキレット

加えて、昨年末からメスティンで取り組んでいるアウトドアレシピ開発では、メスティンが得意とする炊き込み調理に偏りつつあり、先行きの不安感から今回の新調を決断しました。

庭先ディキャンプで振り返るフライパンとの思い出

ハンドル付け根がボロボロになったMSRアルミニウムスキレット
ハンドル付け根がボロボロになったMSRアルミニウムスキレット

ハイボール片手に、今まで使っていたフライパンの傷み具合を見ながら思い出を振り返ったり、新品のツルツルの表面と持ち手部分の可動具合に満足しながら眺めたり。

寒波襲来で氷点下18℃の雪中キャンプの夜に作った「ローストビーフ」や、強風のため北海道洞爺湖キャンプを断念して投宿した部屋で、ガスバーナーを使ってひっそり作った3人分の「マルちゃんソース焼きそば」などなど。

このフライパンと別れるには、あまりにも悲しいものがあります。

ハンドルを折りたたんだMSRアルミニウムスキレット
ハンドルを折りたたんだMSRアルミニウムスキレット
MSRアルミニウムスキレット

先にも記載しましたが、新調したのは、今まで使っていたものと同じブランド、同じ商品です。

冷製ミネストローネ

パイナップルとウイスキーボトル
パイナップルとウイスキーボトル

パインの豚バラ巻きを作ろうと思ってパイナップルを用意したのですが、ハイボールがすすんだせいか、今ひとつ、食欲が湧いてきません。

なので、冷製スープを作ってみました。

冷製ミネストローネ
冷製ミネストローネ

新調フライパン2品目(1品目は昨晩デビュー)は「ミネストローネ」です。

基本のトマトベースがしっかりしていれば、ウデ前や経験がなくても調味料で食べれるくらいにはなりそうです。

玉ねぎと刻んだ豚バラ肉を炒めて作ったスパイシー(バジル、パセリ、セロリ、オレガノ、コリアンダー、ローズマリー、レッドベルペッパー)なミネストローネを冷蔵庫で冷やし、木製食器に盛り付けて砕いた板氷を添えました。意外に大成功!超ウマです!

不思議なことに、初めて作る料理はたいがい大成功します。これは不思議です。そしてもっと不思議なのは2度目に失敗が多いことです。

ハイボール
ハイボール

冷蔵庫で冷やしている間もハイボールがすすみ、「パインの豚バラ巻き」はしばらく先になりそうです。

今まで使っていたフライパンの別の活用方法も考えたいと思います。

MSR アルミニウムクッカー

↑アルミとセラミックと二つのタイプがあります。

ライフスタイル

微妙に大きいキッチンツールを加工しました

微妙なサイズ違いは、お気に入りのラーメン店が始まりでした。

隣の隣町にある、地元では人気のラーメン店、創業昭和27年の「みよし食堂」に行きました。

この透き通ったスープ、相変わらずの安定の味です。

レンゲを見て、ふと、思いました。

メスティン使いのキャンパー達の画像を見ると、木製のヘラやスプーンがよく映り込んでいます。

私は木製のヘラを持っていないので、何かをかき混ぜる時、箸を使っていますが、箸先が潰れてしまわないようにも気を使いながらやっていたことを思い出し、ダイソーで木製スプーンとついでにコースターを買ってきました。

*「メスティン」とは、スウェーデンのtrangia(トランギア)という会社が作っているアルミ製飯ごうです。 ご飯を炊いたり煮たり焼いたり、いろんな調理ができるため、キャンパーから人気のアウトドアグッズです。

わずかに長くメスティンに収納できず・・・。

収納できると思って買ったものの、わずかにスプーンの柄が長く、メスティンに収納することはできませんでした。斜めにしまい込めば収納できないわけでもないですが、それでは他のツールが収納できなくなってしまいます。

ここは迷わず、メスティンからはみ出る分を糸のこでカットすることにしました。

きれいにカットできました。この後、切断面と角を紙やすりで削り、整えて完成です。これでメスティン使いのキャンパーの仲間入りです。やれやれ。

コースターも微妙にサイズが合わず

やれやれと思ったのも束の間、同じく購入したコースターの受け部分のサイズも、グラスにわずかに合いませんでした。誤差は1mmもないと思いますが、コースターに納まりません。さすがに2品続けてのサイズ違いにはがっかりです。

別のグラス用にすれば問題はないのですが、写真のグラスはアウトドア用のプラスティック製のグラスなのです。キャンプ場などで破損を防ぐための素材ですが、普通のプラスティックと違い、白っぽいスレ傷が付かない特徴があります。なので、見た目はガラス製と全く変わらないので、気に入っている一品でもあるのです。

このグラスに使うために買ったコースターが、1mmの誤差で使えないとは、100円といえども納得できません。

彫刻刀で切り欠きをつけてみた

そこで正八角形のグラスの角に合わせて印をつけて、彫刻刀で切り欠きをつけてみました。

コースターの材質が柔らかく、刃をコースターに垂直に当てて、上から彫刻刀を叩くようにするだけで簡単に切り欠きができました。

こんな感じです。これはこれでアートですね!

なんとなくですが、真円と角張った組み合わせの図柄をみた時に、JR札幌駅の星の大時計を思い出しました。(雰囲気は全然違いますけどね。)

今は切り欠き部分が白い木肌が露出していますが、使っているうちに変色して馴染むでしょう。

アウトドアグラスにジャストフィットです。

いい仕事をした彫刻刀

ところでなぜに彫刻刀が家にあるかというと、長男が小学生の時に使ったものです。今から20年以上も前のものですが、長男は作品づくりに精を出さなかったためか、切れ味抜群でした。

人生、思い通りにはならないことの方が多いものです。

ダイソーで購入した二品は、そんな時でも諦めず、アレンジや工夫を試みることが大事という教訓を与えてくれました。

<満足度>

評価 :4/5。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。それでは今日はこの辺で。