秘密基地

パルスオキシメータ―は車中泊で使えるか

品薄が続いているパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定器)の家庭用を購入しました。

パルスオキシメーター「オキシナビ」の外箱には、「医療目的で使用したり、判断するためのものではありません」ときちんと表示されています。

「ランニングなど健康目的でアウトドアで使用する機器」でることを主張するためか、シールで張り付けるコンパスもついていました。

「オキシナビ」は、血中酸素飽和度のほか、脈拍数、カウンター機能、ストップウォッチ機能がついています。

ボタンを押すたびに、TFT-LCDディスプレイの向きが変わります。タテ画面にもヨコ画面にも上下逆さまにもなります。使う場面によって、計測する人される人の位置関係が異なることを想定した親切な設計ですね。

ディスプレイを横向きで計測している時には、ディスプレイ下の黄色の波模様が左から右に流れて動いていきます。この動作が正しく指先の脈拍変動を反映しているのかを試すため、オキシナビを装着したまま、指先を押し当てたりしてみたら、連動して波の形状が変化しました。

きちんと脈拍変動も捉えた図柄で表示しているようです。

使用感とスペック

使い方はとても簡単です。装着して10秒ほどで計測数値が表示されます。

ディスプレイのサイズが少し小さいと感じる以外は、外見上は特に問題はありません。むしろ、いい出来栄えではないでしょうか。以下はスペックです。

・表示画面:TFT-LCD ディスプレイ
・測定方法:2波長分光測定法
・測定範囲:酸素飽和度 70~100%
 脈拍数:30~250BPM
・測定精度:酸素飽和度 70~100%±2%
 脈拍数:±2%または±2拍分
・電源:単4型1.5V×2本
・本体:サイズ:(約)W64×D39×H37(mm)
・本体重量:43g(バッテリー含まず)
・使用温湿度:5~40℃/15~80%RH
・保存温湿度:-10~40℃/10~80%RH

測定精度は

KONICA MINOLTA パルスオキシメータ知恵袋

パルスオキシメータのSpO2は、実際に血液を採血して直接測定するタイプのオキシメータ※による酸素飽和度を真値とします。(※COオキシメータともいいます。最近はこの機能が血液ガス測定器に組み込まれています)
これとともに、パルスオキシメータの精度は、採血時点と同時に測定したパルスオキシメータの値が、採血測定による真値とどれだけ一致しているかで規定されます。方法としては、健康なボランティアに意図的に吸入する酸素量を減じていくことで、動脈血酸素飽和度を下げていきながらデータをとる試験を行い、両者の相関を確認します。

医療器具としてのパルスオキシメータ―のスペックを調べたら、「オキシナビ」の表記と同じ範囲でした。

医療器具との違いは、医療器具が測定値を12秒移動平均で表示できたり、前回測定値のメモリー機能があるのに対し、「オキシナビ」にはそれがありません。

計測方法は、医療器具が「2波長吸光度測定法」に対し、オキシナビが「2波長分光度測定法」との違いがあります。

活用事例

医療現場の他、一般の人には縁遠い高山病予防にも活用されています。

体感ではなく、実際の血中酸素飽和度を確認しながら深呼吸への注意を向けることで高山病の予防につなげたり、高地順化の把握に役立てられているそうです。

▼チリのアタカマ砂漠・チャナントール山の撮影スタッフの報告レポートhttps://www.konicaminolta.jp/healthcare/products/pulseoximeters/knowledge/details/case/report/02_01.html

ちなみに、運動時の血中酸素飽和度の限界は88%とされていますので、これを下回らないように注意が必要です。

「オキシナビ」外観の気になるところ

「オキシナビ」のデザインは、白を基調としたブルーのデザインで清潔感があります。

しかし、ストラップが安っぽい上、ストラップも少し長さが少し足りません。黒というのもせっかくの清潔感ある本体デザインを台無しにしている印象です。ビニール製というのも残念です。

消費税込み2,750円なのでしかたありませんが、どうしても気になってしまいます。

ぶら下げ名札のストラップを加工して取り付けました。これで本体にも馴染んだ外観となりました。

「一酸化炭素中毒」は見抜けるか!?

写真のような空間で過ごす時の血中酸素飽和度をチェックできたら安心です。

しかし、結論は、測定できません。

医療用パルスオキシメータで用いられる660nm(ナノメートル)の波長光では、酸素化ヘモグロビンも一酸化炭素ヘモグロビンも同程度の吸光度を示すため区別ができないのです。

しかし、「オキシナビ」の測定法は、医療用とは異なる「2波長分光度測定法」です。測定波長光が660nm帯でなければ区別ができるということになり、その場合は一酸化中毒を見抜けるということになるかもしれませんが、専門家ではないのでわかりません。

新しいのキャンプ用品の市場開拓に、その実験をどのようにしてすすめるか、考えてみます。

秘密基地, 便利アイテム

これで安心・一酸化炭素検出器の設置

今年1月6日にオーダーした一酸化炭素検出器(Carbon Monoxide Detector/カーボン モノキサイド ディテクター)が、やっと届きました。

写真は本体の裏側です。設置する関係で、性能よりも裏側の形状が気になっていましたが、これなら簡単に設置できそうです。(性能は”値段なり”と想定しています。)

届いたのは、豪雪の山中車中泊から帰った日。タイミングが悪いですが、出勤時の休憩時間中も車内でガスストーブを使用するのでよしとします。(車内での火器使用は自己責任で)

結束バンドで固定

写真はNVANのインナールーフキャリア(網棚)に設置したところです。

一酸化炭素は空気よりも軽いので、天井近くに設置するのがベストです。右隣は暖気を還流させるためのサーキュレータ替わりに必要に応じて使用するUSBファンです。

ストーブを使用しない時は不必要となる代物ですが、邪魔にもならないし、厳冬期でなくても、梅雨時に火器を使うこともあるので固定することにしました。

電池交換は、本体をひねると上蓋だけが外れる仕組みです。

ちょっと見えにくいですが、ライトの右上が今日取り付けた「一酸化炭素検出器」です。スライドドア付近の長方形は温度計。これで心置きなくまったりと過ごすことができそうです。

ガスストーブの安全装備

ガスストーブの車内使用には安全性も何もなく、危険に決まっています。

ですがそのガスストーブ、屋内用と屋外用には装備の法的義務付け有無に違いがあります。これを知っている人は少ないのではないでしょうか。安全性はガスストーブ選びにもあったのです。

「屋内用」と表示されているカセットガスストーブには、「転倒防止装置」、「立ち消え安全装置」、「不完全燃焼防止装置」の3装備が法的に義務付けられています。

しかし「屋外用」と表示されているカセットガスストーブには、これらの装備義務はありません。

ガスストーブをお持ちの方は、表示と安全装置の有無をご確認しておくと良いです。

イワタニカセットガスストーブ「マイ暖」は、義務装備3点に加え、カセットガスが加熱されてガス缶容器内の圧力が異常上昇した時や、カセットガス缶が外れてガスの流れが止まった時に自動消火する「圧力感知安全装置」も付いています。

性能テスト

検出器の性能は、値段からして期待してはいませんが、一応、NVANのマフラーに本体を近づけてみて、検出器の性能テストをしてみようと思います。

テスト結果がどうあれ過信は禁物。安全なバンライフを心がけたいと思います。

車中泊, 旅行記, 温泉

【車中泊】無人の共同浴場めぐり(3)

「無人の共同浴場」とは、山形県蔵王温泉に3箇所ある源泉掛け流し、入浴料200円の大人の温泉です。車中泊しながら3箇所ある共同浴場の3箇所目を体験してきました。

【車中泊】無人の共同浴場めぐり(1)

【車中泊】無人の共同浴場めぐり(2)

昨晩の最低気温は、車外がほぼ予報通りの-9.6℃、車内は-3.6℃でした。寝ている間は寒いということはなく熟睡でした。

3つの共同浴場の浴室内装は全て風情のある板張りです。天井部分には隙間が設けられていて、雪がチラホラ入ってきたりします。

今朝は私以外に入浴客はなく、熱めの湯に1時間ほど出たり入ったりして、蔵王温泉を満喫しました。いやぁ〜、本当にいい湯です。先日の上湯共同浴場の動画(環境音)をYouTubeにアップロードしましたのでよろしければご覧ください。

蔵王温泉上湯共同浴場

蔵王温泉を散策

蔵王は樹氷も有名です。ロープウエイで樹氷を眺めることができるのですが、数日前に暴風雪があったばかりだったので、見応えある樹氷が立ち並んでいたことでしょう。(麓駅付近から)

眠気覚ましにモーニングコーヒーを。

干し大根です。寒さに当たると甘味が増すと言われています。

おまけ

山形蔵王からは寄り道せず、自宅からほど近いお気に入りのラーメン屋さんへまっしぐら。薄味で分厚く柔らかいチャーシューと醤油ベースのシンプルスープの相性が絶妙で、地元では人気のラーメン屋さんです。

このお店では雑誌「AERA」を置いています。その「AERA」の表紙はいつも著名人の意味深な表情で飾られています。いつしか、ここでラーメン食べた時はいつも同じ構図で写真を撮って、記事を読んだ記憶とともにアルバムとして集めるようになりました。貯まったらプリントしてアルバム(現物)にしようかと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

アジアン, 車中泊, 料理研究

豪雪の山中車中泊でベトナム料理

MacBookのバッテリー交換が完成したとの連絡を受け、引き取りに先週に続き、再び山形を訪問しました。

Mac Book(タッチバー付きのモデル)のバッテリーは、キーボードとトラックパッドとも一体化になっているそうで、当然、これらも新品交換になりました。

キーボードが新しくなるのは気持ちいいものですね。

豪雪地帯で車中泊

せっかく来たので、今夜も豪雪地帯、山形蔵王で車中泊敢行です。まずは先日も訪問して気に入っている共同浴場へ。入浴料は200円、いい湯です。

ここは、狭い路地の両側の側溝から湯けむりが立ち登る、風情ある温泉街にあります。

驚くくとに、直線で50mほどの距離に3箇所の共同浴場があります。泉質は同じですが、お湯の濁り具合が明らかに違います。

明日朝も6:00からやっているのでリピート確定です。

入浴後はベトナム料理、フォーを車内調理でいただきました。ライムの香りが鶏出汁を引き出して、文句なしの美味さです。

外気温はただいま-5.1℃、今日の予想最低気温は-10℃とのこと。車内は快適、とても静かです。

秘密基地, 便利アイテム

【おすすめ】室内外を測れるメモリー機能付き温度計

NVANのメーターパネル内には外気温表示があるもで、運転中には外気温を常時確認できるのですが、エンジンを切って車内で過ごす時でも気温を確認できたら便利、と思い、Amazonで調達した温度計をNVANに取り付けました。

写真は、車外にセンサーを取り付けるため、ルーフレールに這わせたコードです。剥き出しですが、車高は約2mあるのでルーフレールに隠れて見えません。

センサー先端には吸盤が付いています。私はルーフキャリアの取り付け金具の内側に設置しました。

車内にはバックドアのゴムパッキンに挟み込むようにして車内に引き込みました。

これが車内に設置した温度計本体です。

裏側にマグネットがついているので、NVANオプションの有孔ボードにそのままくっつけました。

本体収納式のスタンドも付いているので、自宅内でもちょっとしたスペースに置いて使うこともできます。

おすすめする理由

この温度計は、放置するだけで、室内、室外の、それぞれ最低・最高気温とその時刻を記憶してくれます。

おすすめする理由は、朝起きた時に、昨晩は何度まで冷え込んだのかを知ることができるからです。つまり、車中泊時の防寒対策の効果を、体感と実測値をもとに確認・評価ができるので、寒暖対策のスキルアップにつなげられるワケです。

家庭生活においても、室内外の気温を常時表示する機能は便利です。

おすすめする温度計は

例えば、室内温度が暖房使用により快適であっても、室外温度が極端に低ければ、暖房を消した後の夜間の冷え込みを想定した対応を取ることができます。

購入したのは、Amazon クレセルというメーカーで、1,000円ちょっとだったと思いますが、今サイトを見たら、3,980円で掲載されていました。

コロナ禍も起因してか、Wi-Fiでスマホでデータを確認できるものや、さまざまなタイプがあるので、商品レビューを確認して目的に応じて選ぶのが良いと思います。

車中泊時の体感温度は

一昨日、宮城山形にまたがる蔵王山で車中泊した時の車外最低気温は、就寝時より約4℃下がったマイナス5.8℃(室内は19℃→マイナス2℃)でしたが、寝袋(ナンガオーロラ650DX)だけでも十分に暖かく、全く問題なく快適に熟睡できました。

使用したマットは、サーマレスト社リッジレストソーラー(R値3.5)です。マットも暖かさや快眠に大きく影響しますので、ご参考にしてください。

車中泊, 旅行記, 温泉

【車中泊】無人の共同浴場めぐり(1)

MacBookの修理依頼で山形市にやってきました。

明日も休みなので、泊まるもよし家に帰るもよしのノープランですが、8割方、何も予定のない時間を満喫する覚悟で自宅を出てきました。

MacBookをApple正規プロバイダへ預けた後は自由です。まずは蔵王温泉にある共同浴場へ。

入浴料は200円、泉質は蔵王温泉特有の強酸性で熱めの湯。酸性なので肌に傷があったりするとヒリヒリします。

コロナ対策もあって、入り口には6名まで、との注意書きがありましたが、先客は地元民っぽい人が一人だけで、5分もしないうちに独り占め状態となりました。

時折り、学校帰りの女子児童の笑い声が聞こえるだけで、それ以外は源泉が湯船を満たす音しかありません。なんとも贅沢です。

ランチには蕎麦かラーメンでもと考えていたのですが、買い物しているうちに食いそびれ、山形蔵王スキー場を見下ろせえる場所まで来てしまいました。

ここはスキー場の駐車場っぽいです。それも第4とか第5とか、場内が満杯になった時に使われる駐車場のようですが、誰もいません。

今日はここに投宿です。

メスティンでマグロ丼を作ろうかと思って買ったメバチマグロ。

早く落ち着きたくて、ご飯は炊かずに刺身でいただきます。

豪雪地帯の山の頂付近ですが、今は降雪も風もなく、とても静かです。

車内は快適な気温です。

ウイスキーに切り替えてもう少し飲んだら、星空撮影に挑戦して、明日朝6:00営業開始の共同浴場を楽しみに、シュラフに入ろうと思います。

カスタマイズ, 秘密基地

NVANでくつろぐ時の目隠しアイテム

HONDA純正のプライバシーシェードは、純正なだけあって寸法もほぼピッタリの上、白地厚手の生地は、黒生地と比べて圧迫感も少なく、明るさもあって車中泊時にはとても安心感があります。

運転席と助手席側に窓がついているので、外の天気なども確認しやすいような作りになっています。

しかし欠点もあります。車中泊など長時間、車の中に滞在する時は便利なアイテムですが、ランチタイムなどちょっとした休憩時間に設置するのは面倒です。(後部座席と後方ガラスは常時設置しています)

全席を覆う生地は、両手を広げても足りないくらいの長さがあり、しかもいびつな形状なので折り畳むのもコツが要ります。

クッションがちょうど良いサイズ

NVANの長所のひとつに、助手席背もたれを前方に倒すことができ、車内をフラットな状態で使用できます。

しかし、背もたれを前方に倒すと、背もたれ裏側のビニール素材が表面に剥き出しになるのですが、冷たく安っぽい感じ丸出しの質感を隠すため、「しまむら」でたまたま見つけたクッションを使用しています。

そのクッションが、助手席窓ガラス寸法と同等ということに気づきました。

ただし、そのままで助手席窓に立てかけただけでは安定感がないので、純正のプライバシーシェード設置用のマジックテープを活用して固定することにしました。

こんな感じで固定することができました。(運転席は100均の銀マットを使用しています。)

車内から見ると、両サイドが大きな隙間になっっていますが、車外からは思ったほど車内は見えません。

ひとつだけ気になることが・・

先のこの画像は、スマホで撮影したのですが、マジックテープ部分を二次元バーコードとして誤認したようでした。

「WEBサイトを開きますか?」というメッセージが表示され、すぐに消してしまったのですが、カメラがマジックテープを二次元バーコードと誤認識したままWEBサイトを開いたら、どこのサイトに繋がったのか、とても気になりました。

その後、何度かチャレンジしたのですが、二度と誤認識することはありませんでした。

それでも軽自動車は、こんな些細な工夫が楽しいものです。

最後までご覧いただき、ありがとございました。

秘密基地

車内暖房を考える(完結編)/サーキュレータを設置してみた

「車内暖房を考える」完結編です。

昨晩、Amazonに注文していた出力調節スイッチ付きのUSBファンが「日本郵便」で届きました。

車内でIwataniカセットガスストーブを使用したときに、車内天井部分に滞留した暖気を循環させるため、車内に設置を計画したファンです。

過去記事はこちらをご覧ください。

車内暖房を考える

車内暖房を考える(その2)

車内暖房を考える(その3)

さっそく試運転

パワーは3段階で調節可能で、通常は最低出力でも十分、効果は発揮できなそうです。

単純計算で、写真のモバイルバッテリーで7時間くらい稼働できそうなので、継続稼働時間としては十分です。

パワーも継続稼働時間も回転音も問題なさそうです。

結束バンドで設置

まずは、モバイルバッテリーでUSBファンを動作させ、空気の循環具合を確認しながらおおよその設置場所と設置方法を決めました。

ストーブの設置場所はいつも同じとは限らないので、USBファンもそれに応じて移設できるようにしようか考えましたが、設置方法がややこしくなるので、インナールーフラック(網棚)に固定することにしました。

<使用したもの>

・結束バンド

・クッション材

USBファンの吸気口は、吹き出し口の背部分からだけではなく、サイドからも吸気するので写真のような設置方法でも問題ないかと思います。

念の為、吸気するための隙間を稼ぐためと、ネットとの干渉で走行中に振動音が鳴らないよう、クッション材を挟み、結束バンドで設置しました。

作業時間は15分程度。

配線もできるだけ目立たないように処理しました。

モバイルバッテリーは、網棚の中に収納しています。

USBファンを設置後、15分ほど車内で過ごしてみました。

USBファンの効果が発揮できているか否かは、試用時間が短かったので、はっきりしませんでしたが、車内は十分暖かく、これで快適な空間になることは間違いなさそうです。

(車内でのガスストーブ使用は大変危険です。使用の判断は自己責任で行ってください。)

日本郵便の再配達は要注意

話題はそれますが、日本郵便での荷物受け取りで不在となる時間帯があるときは注意が必要です。

何が要注意かというと、土曜日配達予定の案件です。配達時に不在で、当日17:00までに不在票に記載されている自動音声のダイアルなどに再配達を依頼しなければ、月曜日以降の受け取りになってしまいます。

昨日は16:00過ぎに不在票が投函されていたことを知り、すぐに再配達依頼して、19:00過ぎに無事再配達で受け取ることができました。

以前、土曜日受け取り予定が翌々日になってしまったことがありました。日本郵便での受け取りは注意が必要です。(私の認識が間違っていたらすみません。)

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

秘密基地, Gear

車内暖房を考える(その3)/Iwataniカセットガスストーブ「マイ暖」

タイトルは、スポット的に使う暖房器具、カセットボンベが燃料のストーブです。真冬の撮影待機時間での使用を考えています。

これまでも何度か車内暖房は研究してきましたが、冬本番前にして、最終的に「マイ暖」に辿り着きました。

過去の研究記事はこちらをご覧ください→車内暖房を考える車内暖房を考える(その2)

さっそく使用してみた

これはNVAN車内で実際に使用した時の画像です。(車内での使用は危険です)

デザインでいうと、前面のガードがヨコではなく、タテになっているところが何となく気になりましたが、眺めているうちにスッキリした印象で、今は気に入っています。

燃焼前には、カセットガスストーブの下にNVANオプションのテーブル天板を敷きました。ストーブ下が加熱されることはありませんが、マット上に直置きすることに若干の抵抗がありました。

<使ってみてわかったこと>

1.使用中に熱くなる箇所は、ストーブ本体の上部だけ。(意外に安全)

2.音がとても静か。それだけでもとても安心感があります。

3.出力は「標準」と「エコモード」の2段階。車内使用ではエコモードで十分です。車内の一部分が加熱さえるわけでもなく、10分程度でぽかぽかになってきます。

昼休みに暖かく静かな車内でごろんとヨコ(フラット)になれるのはとても贅沢です。

*カセットガスストーブの車内使用は危険です。あくまでも自己責任でご判断ください。

ちょっと工夫をしてみる

当然のことながら、温められ空気は車内の天井に滞留します。住宅内の部屋などでは、人の動きやドアの開閉などによって、滞留した暖気はそれなりに「かくはん」されますが、車内では人の動作はほとんどないので、暖気がかくはんされることがなく、暖房効率は良くないように感じました。

天井付近にサーキュレーターを設置すれば万全だと思い、USBファンの導入を検討しました。

写真は、回転する羽根で時刻と温度を表示するファンです。おもしろそうですが、

1.音が静かかどうかが不明、

2.回転速度が調整できない、

3.オモチャっぽい、の3点が理由でパスしました。(値段は1,000円ちょっと)

最終的に選んだのがこちら。の1,280円のPC冷却用のファンをAmazonでオーダーしました。

写真は本体が立ててありますが、ヨコに寝かせても、サイドの吸気口から空気を吸って循環できるので、ヨコ置きにしても使えます。

電源はモバイルバッテリーを使用予定です。車内で目立つこともないのでよさそうです。

サーキュレータを設置したらあらためてご紹介したいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

秘密基地

車内暖房を考える(その2)

以前の記事で、NVANのルーフにソーラーパネルを取り付け、電気ファンヒーターの電源にすることを検討していました。

その時の記事はこちら→車内暖房を考える

しかし、ソーラーパネルを取り付ける費用と活用頻度を考えると得策ではないという結論に至りました。

snow peakグローストーブはテント内用

これは、普段床下に収納しているプライバシーテント類を展開した時のGoPro広角画像です。

プライバシーテントを展開できるような場面であれば、テント内で「snow peakグローストーブ(対流式石油ストーブ)」が使えますが、強風時や降雪時は、テントにかかる負荷が大きくなるので、テント展開はできず、対流式石油ストーブで暖まることはできません。

コンディションが悪い時は、車内で過ごすことになるわけです。

車内で対流式石油ストーブはもちろん使えないので別の暖房手段が必要です。それがソーラーパネルによる発電での暖房を考えていた主な理由でした。

昼休憩時の暖房テスト

<車内でのストーブ使用は大変危険です。真似しないでください。>

ソーラーがコストパフォーマンスが悪いとなると、やはりガスしかありません。

今日の昼休憩時、長男がワカサギ釣りで使用しているらしいカセットガス式のストーブを借りて実験しました。前回のテスト品は登山など荷物に制限がある場合の暖房手段で、CB缶の周りが熱の照り返しで熱くなるという欠点がありました。

今回のテスト品は、本体周辺が熱くなることもなく、音も静かです。倒れたりするような形状でもありません。しかし、うたた寝することもあることを考えると、使用は緊急時限定です。

そもそも、車内でこういうものを使ってはいけません、一応は。

基本はエンジンで暖をとることをおすすめします。

インナールーフキャリアをブラックアウト

一昨日のことになりますが、車内居住をより快適にするために、目障りだったインナールーフキャリアに黒布を敷いて、目隠ししました。

収納物がごちゃごちゃして目障りでしたが、ネットの下に黒布を敷くことで、すっきりとしました。車内で寝そべって天井を見上げると、目隠しの改善前と後での違いは一目瞭然です。

前回記事で紹介しましたが、床下も目隠ししています。

前回記事はこちらをご覧ください→車内用ゴミ箱を考える

一見、何もない空間に見えるのですが、長期間の快適な車上生活をできるギアが収納されています。

車内に収納してから一度も使わないギアもあるので、整理が必要ですが、「無限の自由旅行」は、少しずつ、前進しています。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。それでは今日はこの辺で。