料理研究, 洋風

燻製ベーコンを上手につくる3つのポイント【メスティンレシピ】

手軽なようで奥の深い技術が必要な燻製。それは作ってみてわかりました。

今日は「燻製ベーコン」をご紹介します。

上手につくる3つのポイント

1.メスティンのダメージを防ぐためアルミホイルを使用する。

2.メスティン専用のバットアミを利用する。

3. 中~高温で短時間で加熱する。(15分程度)

ストーブで加熱したため、長時間加熱になってしまい、若干、パサつく感じになりました。

加熱は、中~強火で15分程度がいいかも。それでもハイボールにあう雰囲気あるメニュー。料理過程もお酒も十分に楽しめました。

材料

ブロックベーコン・・・200g前後(写真は220g)

ブラックペッパー・・・適量

ローズマリー・・・・・なくてもOK

*うずらの卵もサイドメニューとして燻製にするつもりでしたが、メスティン内に居場所がありませんでした。

作り方

基本的には焼くだけなので、最大のポイントは加熱の時間と加減になろうかと思います。

加熱にあたっては、焦げ付き防止のため、メスティンにアルミホイルを敷いてから、燻製チップ(桜)を投入し、その上に専用のバットアミをセット。(写真)

そしてさらにバットアミの上にアルミホイルを敷いて、ベーコンをのせました。これはベーコンから滴る油を受け止め、チップの燃焼を妨げないようにするためです。

絵面は全く別物ですが、焚き火をイメージして、ストーブでじっくり加熱してみましたが、ベーコンの表面の焼き色がつくまで約1時間ほどの時間がかかってしまいました。

ベーコンの厚さにもよると思います。

燻製は手軽ではありますが、素材と温度で出来栄えが違ってくるので、継続研究が必要なテーマだけに奥深さがあって、これはこれでよろしいと思います。

実際に食べては美味しかったですが、スモーク感は今ひとつでした。

ベーコン下に敷いたアルミホイルは余計だったかもしれません。

そして本日の動画

「どっちがヤクザかわからん」。淡々と報道するアナウンサーと映像とのギャップが笑えます。

明日への活力にどうぞ。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。明日もいい一日でありますように。

料理研究, 洋風

メキシカンピラフを鬼旨に作る3つのポイント【メスティンレシピ】

料理初心者の不器用おっさんのアウトドアを意識したレシピアルバムから、「メキシカンピラフ」をご紹介します。

メスティンで調理できる量は、基本、自分ひとり用です。メスティン調理は、少量の材料で済むし、失敗したとしても影響は自分ひとりの一食分。失敗を恐れることなく、大胆にチャレンジできます。

炒めないで作る3つのポイント

1.炊飯の水の量を通常よりも50㏄少なくする。(1合炊きの場合。使用材料によっても調整)

2.食感を感じやすい材料を使う。(レトルトコーン)

3.色どり豊な材料を複数使う。

厳密には「炊き込みご飯」の部類ですが、本物のピラフのような味わいでした。エビなどのプチプチ食感は、レトルトのコーンが代役を果たします。見た目も美しく、ランチなどに使えるメニューです。

今回の材料

味のポイントは、チョリソーとチリパウダー、食感はコーン、色彩はパプリカがいい仕事をしてくれました。

作り方

上記の材料を投入して炊き上げるだけです。

私はいつも写真の固形燃料を使っています。1個で約20分ほど。ちょうどよく炊き上がります。

■主成分:メタノール
■燃焼時間:約20分
■入数:30g×5個

近所のホームセンター(ホーマック)で198円です。

自己評価は95点

手軽に彩り豊かな食事ができるのが良いですね。おすすめメニューです。

料理研究, 洋風

【メスティンレシピ】簡単フルーツゼリー

メスティンは加熱調理で使うことが多いですが、熱伝導率が高いアルミ製なので、今時分であれば、車中泊時に外に放置するだけで、ゼリーも簡単に作ることができます。

メロゴールドは258円とちょっとお高いですが、いちごだけだとコスパ悪いので、メロゴールドも加えてゼリーを作ってみました。

作り方は簡単

基本的にはゼラチンをお湯で溶いて、砂糖を加えて冷やすだけ、です。

難しいのは、メロゴールドの薄皮剥きでした。大玉サイズなので、薄皮を剥こうとしても実も割れやすいのです。

実割れさせることなくきれいに剥くことができたのは数少ないですが、食べるには全く問題はないでしょう。

アレンジの幅も広そう

ゼラチンはお湯で溶きましたが、燗をつけた日本酒ならどうでしょうか。

近々、実験してみたいと思います。

料理研究, 洋風

【メスティンレシピ】秘密基地で作る「秘密パン」

秘密基地とは、N-VANにプライバシーテントを装着した車中泊拡大版の空間です。

2020年6月 真湯野営場(岩手県)にて。

最近は自宅の庭先で車中泊をイメージしたアウトドアレジャーもどきの時間を楽しむことが多いのですが、「秘密基地」どころか近所からは目立ち過ぎ、今ではバレバレの基地です。今日も周囲の冷たい視線に耐えながら、秘密基地でメスティンでパン作りに挑戦してみました。

生地作り

今日の明け方に目を覚ましてみたYouTubeがパン作りをしようと思ったきっかけでした。

要所要所は抑えているつもりでしたが、材料の分量はうろ覚え。動画を見返すのも面倒なので、適当に材料を混ぜ合わせ、こねました。

材料は、強力粉、ドライイースト、塩少々、砂糖少々、水、バターです。バターは材料に溶けないので、水をぬるま湯程度にストーブで温めて溶かしながら混ぜわせました。

ファスナー付きのビニール袋などに入れてこねる方法もあるようですが、今日は、ヘラで捏ねてから、ボウルに入れて、餅つき機械の要領でこねてから、30分ほど生地を休ませました。

クッキングシート(メスティンのサイズに合わせて、折ったシートを数枚作り置きしています。)を敷いて、生地を入れ、ストーブの上に乗せます。

15分ほどしたら、ヨコにしたり、裏返したりして、四方から加熱しました。

今日のおつまみは「メガトンソースかつ!」。侮れない味わいです。

GoProをいじったりしながら、まったりと静かな田舎の秋の夜を楽しみます。

途中、蓋を開けて確認しながら焼き上げました。ちょうどいい感じです。

パンを焼くのは初めてだし、中に火が通っていなかったらまた焼けばいい、と思いつつ、ストーブからおろして、二つに割ってみました。完璧です。

見た感じは、中がねっとりしているようにも見えますが、中までパンです!

もう少しきれいな形であれば申し分ないですが、とても美味しい出来栄えでした。大満足です。

焼き上げた後のメスティンです。ご覧のように焦げ目も汚れもありません。

メスティンは米の炊飯に便利な調理器具とされていますが、ご飯を焚くにも洗うにも、大量の水が必要ですが、パン作りに必要な水の量は100mlほどしかありません。

原料の粉の保管もさほど難しくもなく場所も取らないので、パン作りに慣れれば、バンライフには重宝する中心食材です。

秘密基地で初めて作った手作りパン、「秘密パン」と名付けました。

料理研究, 洋風

【メスティンレシピ】パスタと燻製ウィンナー

こんにちはtamasabuです。

雨予報だったのに晴れたので、日本海側(山形県遊佐町)までやってきました。

酔っ払ったので、取り急ぎ写真のみアップしました。

メスティンでのパスタとウィンナーの燻製です。

詳細は後ほど。