【続】庭木を伐採して作った少年じじいのかわいい秘密基地

先日のブログ記事で庭の植木3本を伐採して車中泊スペースを確保したことをお伝えしました。 

その秘密基地をより楽しいスペースにするため、胸に秘めていたいくつかの構想を実現するために早朝から行動しました。

庭木を伐採して作った少年じじいのかわいい秘密基地

パセリとバジルの種まき

まずは、GW最終日に購入した、パセリとバジルの種まきです。

どちらも「まきどき」は4月下旬からで、「花どき」は7月中下旬となっています。

バジルの種
パセリの種

商品パッケージの裏面には、3号ポットに培養土を入れて種をまく、との説明書きがありました。

プランターに植えた種に水やり

その説明書きを読むよりも前に、プランターを買っていたので、「3号ポット」の件は見なかったことにしてプランターに直播しました。

パセリの活用方法ー数百円でできる贅沢

パセリはさまざまな料理の付け合わせに彩りを持たせてくれるので、よく買う野菜のひとつです。しかし、一回に使う量が少ないので、変色させて半分以上捨ててしまうことがありました。

今は、使うたびに冷蔵庫から取り出すのではなく、水を入れたコップにパセリを刺しテーブルの上に置いてテーブルの上でパセリを摘まんで使っています。

冷蔵庫での保管であれば4~5日が限界ですが、コップ方式では2週間くらい長持ちします。

プランターに植えたパセリの出来栄え次第ではありますが、秘密基地で料理やお酒を楽しみながら、目の前で栽培したパセリを摘まんで使うのは、数百円でできる最高の贅沢ではないでしょうか。

バジルの活用方法

バジルは主にピザに使いますが、田舎のスーパーでは置いていたり置いていなかったりのハーブです。

毎日のようにつかう野菜ではないのでしかたありませんが、使いたい時に手に入らないことが多いのは困ります。

いっそのこと、栽培してしまえば、うまく育たなかったとしても諦めがつくかもしれません。

そのほか、パクチーとミニトマトの栽培も計画しています。

早咲きコスモス

早咲きコスモスの種

観賞用として早咲きコスモスも植えました。(直播)

商品パッケージ写真はピンボケしていますが、こちらも「まきどき」は4月状中旬、「花どき」は7月中下旬と、パセリやバジルと大きく変わりません。

今は5月中旬なので、「まきどき」は若干過ぎていますが、大丈夫でしょう。(根拠はありません)

ピザ窯を仮設置

アウトドア用ピザオーブン
アウトドア用ピザオーブンの温度計

アウトドア用ピザオーブンを仮設置してみました。秘密基地全体のイメージを確かめてみるためです。

見ているだけでにやけてきますが、華奢で安定感がなく、子どもたちが走り回ったりすると危険なので、実際にはブロックとレンガを使って積み上げた窯にしようと考えています。

冷凍冷蔵庫もある充実の設備

冷蔵庫

私の長男、次男が学生時代をアパートで暮らしをしていたこともあって、今でも使用可能な冷蔵庫や洗濯機があり、秘密基地そばの物置に置いています。

そのうち冷蔵庫は、牛乳やたまごの保管用に使っているので、年中電源が入っているので、アウトドアを満喫するための食材を保管したり冷やしたりするには大変便利です。

冷凍庫

冷凍庫にホッケとビビンバが入っていました。家の冷凍庫に入りきらなかったものらしいです。

少年じじいの秘密基地
N-VANと秘密基地

これまで伸びきった枝を切り落としたり雑草を刈り払ったりするくらいの手入れしかいていなかった庭ですが、夏に向けて細かな手入れをして、アウトドア研究施設として使おうと計画しています。

gopro (13) nvan (34) snowpeak (14) Stay in the car (15) うどん (10) おすすめ (48) アジアン (9) アレンジ (8) エヌバン (11) カスタム (14) カレー (11) キャンプ (53) キャンプ用品 (28) キャンプ飯 (16) ダイソー (9) ツーリング (15) トランギア (8) ドローン (8) バイク (13) バンライフ (62) バンライフ (14) メスティン (68) ライフスタイル (52) ランチ (45) レシピ (64) 動画 (8) 収納 (11) 和食 (10) 山形 (8) 弁当 (26) 手作り (11) 暖房 (10) 温泉 (13) 温泉めぐり (14) 炊き込みご飯 (10) 男飯 (10) 癒し (9) 秘湯 (17) 秘湯めぐり (10) 簡単 (16) 簡単レシピ (11) 自然 (8) 車中泊 (62) 軽バン (16) 郷土料理 (8)

庭木を伐採して作った少年じじいのかわいい秘密基地

田舎暮らしの私の家の周囲では田植え作業の真っ只中です。ご近所様の多くが今年の収穫を祈りながら行き交う側で、真っ昼間から酒を呑むのは落ち着きません。

先日までの北海道ノープランキャンプツーリングの復習を兼ねて、人目につかない場所でアウトドアライフを楽しめるように画策しました。

植木3本を伐採して作ったディキャンプ空間

自宅の庭先には表通りから視覚になる場所があります。

しかしそこには高さ2mほどの庭木が数本立ち並んでいて、車を乗り入れるスペースはありません。

もしここを車(N -VAN)が乗り入れできるように整備できれば、気兼ねなくディキャンプや車中泊を自宅で楽しむことできます。

庭に作ったデイキャンプ&車中泊スペース

写真は早朝から庭の植木3本を伐採してできたスペースです。

チェーンソーは持ち合わせていないので、ノコギリで伐採しました。

ノコギリで闘うこと数十分、汗だくになって車を乗り入れできるスペースができました。

庭に作ったデイキャンプ&車中泊スペース

しかし、スペースが生まれたというだけでは、面白みがありません。

そこでミツバチやてんとう虫、カエルたちを招き入れました。

それまでは楽しい雰囲気も色気もなかった場所が、彼らのおかげで一気に賑わいを得た感じです。

これは場の雰囲気を演出するには効果抜群で、孫のゆーちゃんに「楽しい仲間がいっぱいいるよ」と画像を送ったら、子どもの好奇心に火をつけてしまったようです。

柵側から見るとこんな感じです。

我ながら秀逸な作戦として、柵の手前(カメラを構えたスペース)には、パセリ、ミニトマト、バジル、パクチーをプランターで栽培する予定です。

期待通りに育ってくれれば、ディキャンプしながら目の前で食材を摘むことができます。

牛シマチョー(ホルモン)を炭火焼きしながらビールを飲んでいるとあっという間に日が暮れてきました。

ご近所様の目障りになることもなく、ミツバチやてんとう虫、カエルたちと語り合いながらまったりした時間を過ごすことができました。

gopro (13) nvan (34) snowpeak (14) Stay in the car (15) うどん (10) おすすめ (48) アジアン (9) アレンジ (8) エヌバン (11) カスタム (14) カレー (11) キャンプ (53) キャンプ用品 (28) キャンプ飯 (16) ダイソー (9) ツーリング (15) トランギア (8) ドローン (8) バイク (13) バンライフ (62) バンライフ (14) メスティン (68) ライフスタイル (52) ランチ (45) レシピ (64) 動画 (8) 収納 (11) 和食 (10) 山形 (8) 弁当 (26) 手作り (11) 暖房 (10) 温泉 (13) 温泉めぐり (14) 炊き込みご飯 (10) 男飯 (10) 癒し (9) 秘湯 (17) 秘湯めぐり (10) 簡単 (16) 簡単レシピ (11) 自然 (8) 車中泊 (62) 軽バン (16) 郷土料理 (8)

たった398円で家に居ながらこの上ない贅沢を味わう「ストーブ遊び」

最強寒波の襲来をニュースが伝えているように、いよいよ寒さが厳しい時期になりました。買い物の予定をしていましたが、積雪もあって外に出るのが億劫なので、家の中でストーブで遊んでみました。

雪中キャンプが味わえるレイアウト

スノーピークMyテーブル竹とチタンマグ

写真に写っている「snowpeak Myテーブル竹」は、椅子に座ったときに手回品などを置くのに便利な小さな折り畳み式の竹材質のテーブルです。高さは38.5cmで、椅子に座った時の天板の高さがちょうど腰の辺りの高さになります。

例えば雪中キャンプなどでストーブを囲んだ時など、身の回りの品々が身体の脇にあるととても便利です。そのような使用意図で開発された商品だと思います。

写真ではテーブルもカメラに収まるように身体の前の位置に置いた図ですが、実際はテーブルを身体の脇に置いて、まったりと過ごしました。

かに甲羅グラタンでも作ろうか

写真は、先日の買い物で見つけた掘り出し物、かに甲羅グラタン(冷凍/398円)です。(写っているのは出来上がった後にパセリをふりかけたかに甲羅グラタンです。)

ストーブの上を温度計(薪ストーブ用)で測ったら450℃前後あったので、熱量としては十分なはず。

お気に入りのひとつ、極厚鉄板の上にかに甲羅グラタンを乗せ、極厚鉄板に付属フタをします。

しばらくすると、フタの中からクツクツと煮たつ音が聞こえて来ます。

獄厚鉄板に付属のハンドルでフタを取ってグラタンの様子を確認。

非現実世界の二重奏

かに甲羅グラタン

グラタンが沸騰しているのを確認して出来上がりです。

味は見ての通りのまんま、普通のかにグラタン。もちろん美味しいのですが、ガスバーナーでグラタン表面に焼き色をつけることを忘れてしまったことは残念です。

こうしてかに甲羅グラタンをみると、結婚披露宴にでも参加しているような感覚です。

少なくても普段の食卓の風景ではありませんね。

雪中キャンプと豪華結婚披露宴、両者、対局に位置する二つの非現実的な世界観の同時体験は楽しすぎです。

ストーブファンでまったり

ストーブファン

ストーブファンを初めて見た時は、温められた空気が上昇する気流によって羽根が回転するものとばかり思い込んでいましたが、実際は違いました。

ストーブファンが回転する原理は、ストーブが発する熱で発電する仕組みになっています。二つの異なる金属製の接合部分に異なる温度を与えて発電するもので、この原理を「ゼーベック効果」というらしいです。なので、天板が熱くならないストーブでは羽根は回転しません。

ストーブの熱をストーブファンが送ることでの快適はもちろんあるのですが、それ以上に、回転する羽根を見ているだけでも癒されます。

ストーブファンが回転する音はしませんし、もちろんストーブからの音もしないので、とても静かです。

部屋の照明を落とし、ストーブの灯りを前にウイスキーグラスを傾けるのもオツなものです。

<記事掲載の商品リスト>

snowpeak Myテーブル竹

snowpeak グローストーブ

バンドッグ極厚鉄板

ストーブファン

gopro nvan snowpeak Stay in the car うどん おすすめ アジアン アレンジ エヌバン カスタム カレー キャンプ キャンプ用品 キャンプ飯 ダイソー ツーリング トランギア ドローン バイク バンライフ バンライフ メスティン ライフスタイル ランチ レシピ 動画 収納 和食 山形 弁当 手作り 暖房 温泉 温泉めぐり 炊き込みご飯 男飯 癒し 秘湯 秘湯めぐり 簡単 簡単レシピ 自然 車中泊 軽バン 郷土料理

コンパクトピザオーブンで在宅キャンプ

今週末は車中泊で紅葉狩りの予定でしたが、所用が重なり、今週も在宅キャンプとなりました。

今日は新規導入の「ピザ窯(厳密にはオーブンですが)」と自家製タバスコのテストがテーマです。

ひと目惚れした「コンパクトピザオーブン」

先日のアウトドアショップのリサーチ活動で、尾上製作所(兵庫県姫路市)の「コンパクトピザオーブン」が目に止まりました。

「買う」と決めるまで3秒はかかりませんでした。

「ピザ」は老若男女問わず、今や馴染み深いメニューですが、軽バンライフやバイクツーリングなどのアウトドアシーンで表面を焼くための装備まで実装するには難しく、それがクリアできるのであれば、楽しみが一気に広がりそうと確信したことが購入動機です。

コンパクトピザオーブン

この商品は、バーベキューグリルに覆い被せて表面を焼く、シンプルな構造です。

構造自体はシンプルですが、ピザ焼きには便利な温度計もついています。熱源をバーベキューグリルとしなくても、焚き火台にひと工夫加えたり、シンプルな装備でピザを焼くことができそうです。

嬉しいことに、この「コンパクトピザオーブン」は手が出ないほど高額でもありません。

この導入は小さな一歩ですが「大きな前進」と言えそうです。

在宅キャンプでピザ焼きに初挑戦

コンパクトピザオーブンで焼くピザ

TVやYouTubeでこの写真のような画を見るたびに、遠くにかかる雨上がりの虹を眺めるような気持ちに似た「憧れ」を感じていました。

アウトドアで焼くピザ

ピザ自体の味わいはもちろんですが、創作ピザの時間を楽しむことも叶えられます。

しかし今、それは現実に目の前で起きています。

ピザ焼きの肝は火加減か?

付属のパンフレットには、250℃で5分間、との記載がありました。

しかし、炭の投入量が少なかったため、火力がなかなか強くなりません。

ビールだけが進む時間。

ソーセージとしめじのピザ

やっと焼き上がりました。本来は一気に焼き上げるくらいがベストなのかも知れませんが、炭の投下加減が中途半端だったため、「低温で長時間」になってしまいました。

自家製タバスコで超ウマ!

自家製タバスコ

赤唐辛子を株から育てて収穫して作った自家製タバスコです。

まだ熟成期間は1ヶ月ほどなのでペースト状ではありますが、自家製タバスコで「モバイルピザ窯」で焼いたピザを味わってみました。

時折感じる鋭い辛さと酢の風味が刺激的で、ビールがすすみます。旨っ!

自家製タバスコの作り方はこちら

3枚目はピーマンとチーズのみ。酔いのせいか、考えるのが億劫になって、手っ取り早くおかわりしたかっただけです。

楽しく焼ける「コンパクトピザオーブン」、大満足です。

コンパクトピザオーブンで作れるメニュー(付属のレシピパンフより)

・ピザ(25cmサイズ)

・グラタン(2人分)

・ローストビーフ(4人分)

・チキンハーブ焼き(2〜3人分)

・鯛の塩釜焼き

・パエリア(4人前)

・ナン(4人分)

・焼き芋

・ラムレーズンのパウンドケーキ(型1本分)

・焼きりんご

gopro nvan snowpeak Stay in the car うどん おすすめ アジアン アレンジ エヌバン カスタム カレー キャンプ キャンプ用品 キャンプ飯 ダイソー ツーリング トランギア ドローン バイク バンライフ バンライフ メスティン ライフスタイル ランチ レシピ 動画 収納 和食 山形 弁当 手作り 暖房 温泉 温泉めぐり 炊き込みご飯 男飯 癒し 秘湯 秘湯めぐり 簡単 簡単レシピ 自然 車中泊 軽バン 郷土料理

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

「一夜干し」で在宅キャンプが超絶楽しい特選メニュー

「万能物干し」を使って、「サバの一夜干し」にチャレンジしてみました。

チャレンジしてみようと思ったきっかけは、旬を迎えた水産品丸物の品々がスーパーの鮮魚売り場に並んでいたからです。

「丸物」といえば、これまでは遠くにかかる虹を眺めるような存在でしたが、売り場に並んでいるということは、一般に需要があるということです。

私だけが調理できないとすれば、もったいないことかもしれません。

見様見真似で「一夜干し」にチャレンジ

サバ
サバ

昨日夜、ピークアウト後のスーパーにあったのは、少し前に売り場で見たサイズよりも一まわり小ぶりのサバでした。

サバの開き
背開きしたサバ

帰宅してさっそく背開きにして、塩をまぶします。(内臓は取り除き、水で洗います)

初めてチャレンジする「一夜干し」の一夜の中での腐敗と熟成との頃合いが分からず、多いかなと思いながら小さじ3杯の塩を満遍なくすり込んで30分ほど置いて水気を拭き取りました。

アウトドアでサバ一夜干し

万能干しネット
万能干しネット

一晩「万能物干し」に保管して、秘密基地NVANでサバ宴の準備です。

秘密基地NVANをキャンプモードに展開し、背開きしたサバを秋風にあてて時を待ちます。

写真では違和感はありませんが、海沿いから離れた緑一色の田舎の現場では、青い網が一見、事件現場を覆い隠す県警のブルーシートにも見え、異様とも言える雰囲気を醸し出しています。

サバ一夜干しの炭火焼き

炭火を起こして一夜干しにしたサバを火にかけます。

事件現場に訪れた郵便屋さんは目を丸くしていましたが、軽く会釈した後はかまうことなく片面5分ずつほど焼きました。

サバの一夜干し
炭火焼きしたサバの一夜干し

箸でほぐしてみると、柔らかく旨味が凝縮した身が現れました。

サバの一夜干し
炭火焼きしたサバの一夜干し

途中で油断して、皮の表面が焦げてしまいましたが、初めての、ファイヤーボックスでの焼きにしては上出来です。

自作の「さば一夜干しの炭火焼き」、少し塩が強かった感がありますが、フルーティな大吟醸酒に良く合って、昼から酒がすすみます。

うまいぜ😋

次回は野菜やフルーツなどでも試してみたいと思います。

gopro nvan snowpeak Stay in the car うどん おすすめ アジアン アレンジ エヌバン カスタム カレー キャンプ キャンプ用品 キャンプ飯 ダイソー ツーリング トランギア ドローン バイク バンライフ バンライフ メスティン ライフスタイル ランチ レシピ 動画 収納 和食 山形 弁当 手作り 暖房 温泉 温泉めぐり 炊き込みご飯 男飯 癒し 秘湯 秘湯めぐり 簡単 簡単レシピ 自然 車中泊 軽バン 郷土料理

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

N-VANのパブリックビューイング的な屋外ライブ会場

N-VANでの野外活動時、YouTubeなどの映像を屋外視聴することを思いつき、車内設置していたTVを状況に応じて車外に取り付けできるようにしてみました。

TVの取り付けにはS字フックを使いました。

車内の配線のやり直しが多少面倒なくらいで、移設自体はとても簡単です。

「難しさ」があるとすれば、このような使い方を思い方を発想する力や行動に移すことでしょうか。(TV自体はN-VAN購入直後から設置していたので、1年半かかって今頃気づきました。)

NVANの車外に設置したTV

「ひみつきち、たのしいよ〜」

N-VANに設置した屋外TV

いい感じに設置できたところで子ども向けの映像、新幹線変形ロボ「シンカリオン」のYouTube動画をTVに映してみました。

「シンカリオン」とは、「謎の巨大怪物体から日本の平和と安全を守るため、新幹線超進化研究所によって開発された新幹線変形ロボ」で、近くに住む孫のゆうちゃん(5歳)がハマっているキャラクターのひとつです。

その様子を撮影した画像に「ひみつきち、たのしいよ〜」とのメッセージを添え、LINEで送ってみました。

「ひみつきち」とは、アウトドアライフや車中泊用に、居住スタイルや装備に独自のアレンジを加えたN-VANのことで、その俗称はゆうちゃんとの間で共通認識になっています。

想像以上のスピード反応

LINE送信して間もなく、ママの車に乗せられてゆうちゃんが目をキラッキラ輝かせてやってきました。

好反応するとは思っていましたが、まさかこんなにも早く登場するとは驚きです。「ひみつきち」には、こどもの好奇心をくすぐる何かがあるのでしょう。

もしかすると、N-VANの室内空間が多様に展開する様が「シンカリオン」の特徴と似ているのかもしれません。

とりあえず、「スーパーカップ」でアドレナリン出っぱなしの興奮状態からクールダウン。

N-VANに設置したTV画面でYouTubeの視聴に夢中

二人だけのパブリックビューイング。

映し出されるシンカリオンやその登場人物を逐一説明してくれるのですが、私には何が何だか、さっぱりわかりません。

私はただ、その説明にあわせ「かっこいいねー」とか「すごいねー」を繰り返すばかりです。

秘密基地の次なる超進化形の検討

本来、「ひみつきち」の秘密装備は少しづつ小出しにしたいところでしたが、出し惜しみせず、存分に楽しんでもらいました。

コスモス

さらに遊び心を育むために、家の裏にある畑の半分をアウトドア体験フィールドに改造中です。

庭先で楽しむ「トマトキムチ」と「炭火焼き鳥」

勤務終了後、予定のキャンプ場に出向いたら満席。景観も何もない空き地しかNVAN秘密基地を展開できるスペースはなく、今夜のキャンプ&車中泊は断念し、おとなしく自宅へ帰りました。

今日も庭先でアウトドア体験です。

まずは「トマトキムチ」で乾杯

ぶつ切りトマト
ぶつ切りトマト

トマト中玉サイズをぶつ切りにします。

写真では結構な量感がありますが、中玉サイズのトマト1個分です。

ぶつ切りトマトとトマトキムチ(シーズニング)
ぶつ切りトマトとトマトキムチ(シーズニング)

買い出ししたスーパーで見つけたシーズニング。トマトをぶつ切りにして和えるだけです。

画像右上は山形県産のナイアガラ。やっぱりちょっと早いです。

ナイアガラは、お彼岸前後の岩手県産が出回る時がいちばん美味しいです。

トマトキムチ
トマトキムチ

「トマトキムチ」の出来上がり。トマトにキムチがマッチすることは大発見です。

シーズニングで和えると浸透圧でトマトから水分が出ます。このままでも美味しいのですが、浸透圧で絞り出たトマト果汁を生かした「トマトキムチうどん」も美味しいかも。

「トマトキムチ」、めっちゃ、美味しいです。

「炭火焼き鳥」でひとり呑み

炭火焼き鳥(皮)
炭火焼き鳥(皮)

焼き鳥(皮串)を炭火で焼きます。

計画では、「チキングリル」をメインメニューになる予定でしたが、焼き鳥(皮)に夢中になってしまいました。

炭火焼き鳥(皮)
炭火焼き鳥(皮)
スパイスケース
スパイスケース

カリッカリに焼いて、岩塩でいただきます。

炭火焼き鳥(皮)と岩塩
炭火焼き鳥(皮)と岩塩

スパイスケースから岩塩を取り出して、焼き鳥(皮)の味を引き締めます。

用意した焼き鳥肉は「皮」だけですが、それでも大満足でした。

カーサイドでの炭火焼き鳥。

焼き鳥の煙が匂いとなって車内に残らないか心配でしたが、助手席側のドアを閉めると、通りや近所から丸見えになってしまいます。

ドアに身を隠しての「軍事訓練」です。

今夜も酔っ払いました。

焚き火で使えるUNIFLAME「焚き火鍋」

「UNIFLAME(ユニフレーム)」とは、「ユニークな炎(フレーム)を創造する」という理念のもとに1985年に誕生した日本のアウトドアメーカーです。

「焚き火テーブル」はUNIFLAMEの人気商品で、いつかは欲しいと思っている商品のひとつですが、キャンプ歴13年を経過した今でもまだ調達できていません。

「高額で手が出ない」というほどのモノではないのですが、キャンプを始めたきっかけがツーリングだったため、扱いやすいCBガス缶やFIREBOXを使った炭火が熱源の中心だったので、焚き火で過ごす機会はそれほど多くありませんでした。

そして一昨日。連日の猛暑続きだったことが忘れてしまうくらい涼しくなり、季節の果物や野菜が美味しい秋が到来する前に、焚き火ツールを拡充することにしました。

秘密基地NVANの新兵器「焚き火鍋」

ユニフレーム焚き火鍋
ユニフレーム焚き火鍋

写真は、アウトドアショップの溜まったポイントで交換した、UNIFLAME(ユニフレーム)の「焚き火鍋」です。

焼き色がついた天然木素材のふたにあるUNIFLAMEのロゴがかっこいいです。鍋本体もずっしりとした重みがあって、どんな強火にあててもビクともしなさそうな佇まいです。トリポッドに吊るして鍋を叩くとお寺の鐘のような音がでる、重厚な鍋です。

サイズは26㎝、4.5リットル。3~4人用の料理が作れるサイズです。

パニアケースに収納したユニフレーム焚き火鍋
パニアケースに収納したユニフレーム焚き火鍋

一応、バイク(BMW R1200GS Adventure)のアルミパニアケースにも積載できるか試してみたら鍋を横向きにしなくても、そのまんま入りました。

秘密基地の新兵器「焚き火鍋」の威力は、近々、山形風芋煮などで試してみようと思いますが、白菜鍋、火鍋、トムヤムクン、カレー、シチューなど、いろいろなメニューが頭をよぎります。

こんな重厚な焚き火鍋なら、大胆に材料と調味料をぶっこむだけでも美味しくできそうです。

ユニフレーム公式サイトはこちら

庭先で焚き火気分

ほたての炭火焼き
ほたての炭火焼き

とりあえず「焚き火鍋」はトリポッドに吊るして眺めるだけにとどめ、ちっちゃなサイズのほたてを焼いて楽しみます。ほたてというよりも、アウトドアの雰囲気を味わえるだけで十分です。

(焚き火台とトリポッド(三脚)はホームセンターで購入した安物です。)

なかなか炭火がおきず、ビールだけが進みます。

マングローブの炭よりも、多少、値が張りますがナラやクヌギ原料の炭の方が着火は良いようです。(炭の材質に応じて、着火の仕方を研究しなければ・・。)

機能増強した秘密基地

ほたてが焼きあがるのを待っている間、「焚き火鍋」が醸し出すワイルドな風景に衝撃を受けた孫のゆうちゃんが秘密基地(NVAN)を絵にしたい言ってくれました。

秘密基地(NVAN)がレベルアップしていることが嬉しいようです。

絵には、作戦に応じてNVANの居住空間を3通り展開できることが表現されています。絵のタイトルは「ひ●み●つ●き●ち●」。

教えてもいないのに、遊び心が伝わってきます。

夏休みのいい思い出になればいいのですが、先生(幼稚園)には何のことか伝わらないだろうと思われます。

「DC扇風機」と庭先ディキャンプ

DC扇風機とは、常に電圧が一定のDC(直流)モーターを使った扇風機です。風速を細かく設定できて、モーター音も静かなことが特徴で、今では主流になりつつある扇風機です。

従来型の扇風機はAC(交流)で、風量は「弱」、「中」、「強」の3段階切り替えのタイプが一般的だったので、地味家電の革新的な技術進歩です。

きめ細かい風速設定ができれば、体温調節が発達していない赤ちゃんにもやさしい扇風機です。

車内使用の扇風機は静かさを追求

炎天下の猛暑日に車内で過ごす時はエアコンをかける以外、基本的には方法はありません。

しかし、猛暑日の車中泊では厳しい状況かと言えば別で、標高が高いところであればエアコンなしでも十分に快適に過ごせます。

標高が高い地域で過ごす夜が不安な時は、充電式の小型扇風機があれば心強い味方となります。しかし、安価な商品だと羽根の回転音が気になる商品も多いので選ぶときに注意が必要です。

結局のところ、猛暑の中ではエアコンを使うしか手がないので、エンジンをかけない車内(外)で使う場合の扇風機に求める快適性能は、涼しさ(風量)や首振り機能はあまり有り難みはなく、静かさを重要視した方が得策です。

静かさを求めて買い替えたDCリビング扇風機

DC扇風機

静けさを求め、DC扇風機を調達しました。NVAN室内が、一気に生活感満載となった感があります。

DC扇風機

写真手前にあるのが従来品の充電式兼USB方式の扇風機です。

やはり音が気になって、使用機会はほとんどありませんでした。

今回買い替えたDC扇風機は、実際に売り場で音と風の様子をじっくり観察して購入しました。

DC方式はきめ細やかな風速設定が可能で、この商品は9段階で選ぶことができます。

最も弱い「1」では、ほぼ無音で滑らかな風が漂います。近くに書類があったとしても飛んだりめくれたりしない程の優しい風です。車内就寝時はこのモードで十分でしょう。

風速「2」でも音は気になりません。「3」で扇風機が稼働しているとわかる程度です。

DCならではの省電力

NVAN床下に設置しているSUAOKIポータブルバッテリー

扇風機の稼働には、SUAOKIポータブルバッテリーから給電します。

DC扇風機のカタログには「消費電力22w」とあったので、理論上、このポータブルバッテリーで約22時間の連続稼働ができるはずです。

ポータブルバッテリーは走行充電も可能なので、車で移動しながらの長旅では残存電力を気にせずに夜を過ごせそうです。

ディキャンプでDC扇風機の実力検証

冷やしトマトと包丁
冷やしトマト
トルティーヤ

ここ数日と比べ過ごしやすい今日、庭先でキャンプ気分を味わいました。(バイクで出かける予定でしたが、雨予報もあり断念)

写真を撮影している私の後ろでは、NVAN室内に置いたDC扇風機が、音もなく心地よい風を送ってくれています。

「snowpeakマナイタセットL」の付属の包丁は、ディキャンプ前にしっかりと研ぎました。

扇風機、包丁、ともに想像以上の出来栄えで、快適でした。

おおたけ DCリビング扇風機

SUAOKI ポータブル電源 G500

snow peak マナイタセットL

新調したフライパンで作る冷製ミネストローネ

長く愛用していたMSRクイックスキレット(フライパン)。2010年頃に買ったので約10年ほど使っているものです。

アウトドアクッカーのフライパン
フライパン

写真左奥に見えるのが今回買い替えた、同じブランドの同じ商品のハンドル部分です。

このハンドルは、フライパン内側に倒して収納することもできるし、取り外しすることもできます。焦げ付きにくい表面加工が施されている点はもちろんですが、1.2リットルのちょうど良いサイズ感(焼きそば2人前がギリギリ作れる容量)が気に入って、長い間、愛用していましたが、いくつかの理由があって新品に買い換えました。

買い替えた3つの理由

⒈ハンドルを紛失したため。

⒉表面が凸凹になって焦げ付きやすくなったため。

⒊炒め調理のバリエーションを増やしたいため。

大きな理由は、3〜4年前、自宅の庭先でハンドル(持ち手)を紛失したことです。車から荷物を下ろして、エアコンの室外機の上においたはずのハンドルが忽然と消えてしまいました。これといって探す場所もなく、未解決事件となっています。

ハンドルを失った以降の調理では、別売りの鍋つかみを使用していたのですが、これが実に不便で、「次回キャンプに行くときに同じフライパンを新調しよう」と思いつつ、気づけば3年も4年も過ぎてしまいました。

MSRアルミニウムスキレット
新調したMSRアルミニウムスキレット

加えて、昨年末からメスティンで取り組んでいるアウトドアレシピ開発では、メスティンが得意とする炊き込み調理に偏りつつあり、先行きの不安感から今回の新調を決断しました。

庭先ディキャンプで振り返るフライパンとの思い出

ハンドル付け根がボロボロになったMSRアルミニウムスキレット
ハンドル付け根がボロボロになったMSRアルミニウムスキレット

ハイボール片手に、今まで使っていたフライパンの傷み具合を見ながら思い出を振り返ったり、新品のツルツルの表面と持ち手部分の可動具合に満足しながら眺めたり。

寒波襲来で氷点下18℃の雪中キャンプの夜に作った「ローストビーフ」や、強風のため北海道洞爺湖キャンプを断念して投宿した部屋で、ガスバーナーを使ってひっそり作った3人分の「マルちゃんソース焼きそば」などなど。

このフライパンと別れるには、あまりにも悲しいものがあります。

ハンドルを折りたたんだMSRアルミニウムスキレット
ハンドルを折りたたんだMSRアルミニウムスキレット
MSRアルミニウムスキレット

先にも記載しましたが、新調したのは、今まで使っていたものと同じブランド、同じ商品です。

冷製ミネストローネ

パイナップルとウイスキーボトル
パイナップルとウイスキーボトル

パインの豚バラ巻きを作ろうと思ってパイナップルを用意したのですが、ハイボールがすすんだせいか、今ひとつ、食欲が湧いてきません。

なので、冷製スープを作ってみました。

冷製ミネストローネ
冷製ミネストローネ

新調フライパン2品目(1品目は昨晩デビュー)は「ミネストローネ」です。

基本のトマトベースがしっかりしていれば、ウデ前や経験がなくても調味料で食べれるくらいにはなりそうです。

玉ねぎと刻んだ豚バラ肉を炒めて作ったスパイシー(バジル、パセリ、セロリ、オレガノ、コリアンダー、ローズマリー、レッドベルペッパー)なミネストローネを冷蔵庫で冷やし、木製食器に盛り付けて砕いた板氷を添えました。意外に大成功!超ウマです!

不思議なことに、初めて作る料理はたいがい大成功します。これは不思議です。そしてもっと不思議なのは2度目に失敗が多いことです。

ハイボール
ハイボール

冷蔵庫で冷やしている間もハイボールがすすみ、「パインの豚バラ巻き」はしばらく先になりそうです。

今まで使っていたフライパンの別の活用方法も考えたいと思います。

MSR アルミニウムクッカー

↑アルミとセラミックと二つのタイプがあります。