インターネット, コラム

YouTube動画投稿の難しさとは

タイトルは、ここ1〜2年、考え続けているテーマのひとつですが、ここで伝えたいことは動画の投稿や編集を通じて感じている、物事の考え方の大切さについて、です。

スマホやアプリの性能が高くなり、誰でも高画質の映像を撮影することができ、簡単に投稿することができる時代になりました。

ちょくちょく動画投稿をしているせいか、こんな私でも周囲からは特別な技術や知識、経験を持っているかのようにみられることも、正直、あります。(実際は万年初心者です)

何が難しくて何が簡単か

YouTubeに動画投稿を経験したことのある人は知っていると思いますが、人に見てもらうための動画制作にはいくつものスキルが必要です。多くの人が抱いている必要スキルは以下の3点に集約されるのではないでしょうか。

⒈PCの操作に慣れていない

⒉動画編集ソフトを使いこなせそうにない

⒊YouTubeの仕組みがよくわからない

「必要」と「重要」は同じではない

しかし実際の動画投稿では、上記の3点は必要ですが、重要なことではありません。難しいかどうかで言えば、ある程度のITリテラシーがある人であれば簡単なことです。

必要なことと、重要なことは違うのです。

「必要なスキル」は、自分で調べたり誰かに教わればすぐに身につきますが、ここでいう「重要なスキル」は教わって身につくものではありません。自分で考えて編み出す共感、配慮、戦略です。

これは広範囲に存在するので、一つひとつを言葉にすることができないものです。

あるYouTuberは、テロップの文字間隔や行間にも見やすくするための繊細な配慮を施しています。

例えば、「ユーチューブ」という言葉を、視覚的に単語として即座に認識してもらうため、あえて「ュ」を左に数ミリ単位で左に寄せる、などです。

色補正したり、音声データを立体的に加工するなどは序の口です。

視聴者の記憶に残すためエンディングに印象的な映像を挿入する、中だるみしそうな映像時間帯に結論を描写する、など、こうなるとほとんど映画制作の世界観です。視聴データを分析し、次作に反映させるというマーケティング手法も加われば、TV番組制作とも被ってきます。

しかし、投稿する動画がそうなっていないから視聴されない、あるいは逆に、そうなっているから再生回数が急増する、ということでもありません。

結局、大事なことは・・

大事な要素としては、不快感がないこと、共感テーマがあること、有益な情報があること、でしょうか。そしてその次に大事なのは「継続」です。

3要素に共通することは、視聴者(お客様)に視聴価値ある、ということです。

わかりやすい事例で言うと、私が投稿した動画の多くは大した再生回数ではないのに、一部に数多くの再生回数とエンゲージメントを記録した動画もあります。経験の長さやクオリティとは無関係に、純粋に率直に評価される側面を持っているという裏づけでもあります。

一見、お遊びのようなYouTube投稿ですが、真剣に取り組めば取り組むほど奥が深く、ビジネスに通じる点が多いのも事実です。

そしてYouTubeは、投稿するためのプラットフォームではなく、企業による広告掲出と集客で成り立っている一媒体であるという認識も必要です。

そして本日の動画

動画の中の「露天風呂」は今までのアウトドア経験になかった発想でした。いつかやってみたいものです。

時間のない方は、13分50秒あたりからどうぞ。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

明日もいい一日でありますように。

インターネット, コラム

Google Earth Studioの活用法

Google Earth Studioとは、Google Earthの衛星画像と3D画像を使ったアニメーションツールです。Google Earthと似ていますが、違います。

動画制作をする場面がない方にとっては、利用機会は多くはないかもしれませんが、世界中の都市や観光スポットを低空飛行しながら旅をするような映像を手軽に作ることができます。

衛星画像を使い、映画のワンシーンのような映像を、自分で作る楽しむという使い方もあります。

料金は無料。その他必要なもの

Google Earth Studioを使うためには、Google アカウントが必要で、アクセス権をリクエストをする必要があります。アクセス権は誰でも取得できるものではないようで、可否は数日後にメールで届きます。

【ご注意】Google Earth StudioはGoogle Chrome(ブラウザ)で動作します。

私は2年ほど前にこのサービスを知って、アクセス権を申請したところ、以下のタイトルで案内メールが届きました。

Great news, you’ve been invited to preview Earth Studio!

簡単でもあり難しくもあり

アニメーションツールは以下の5つのパターンから作ることができます。

ズーム、軌道、地点間、スパイラル、ジャンプと軌道。

それぞれ、衛星画像を使ったアニメーションの動かし方で呼び名は違います。

「地点間」で簡単に説明すると、地点1、地点2の住所を入力し、タイムラインに沿って、カメラの視点を制御して、地点1から地点2に移動する仕方をエディタでコントロールして映像を作る仕組みです。

エディタでは、さまざまなパラメータを設定でき、映像を操ることができるのですが、思うがままに操るためには何度かいじってみるとよいです。

惑星探査も??

エディタ

衛星画像は、地球だけのことではありません。

火星や月も同じような手順で映像をつくることができます。しかも、日付や時刻もデータ化されるようで、その時の昼夜も表現できるようになっています。

もうひとつ驚くことは、衛生画像を使ったサービスですが、地球上の都市では、画像に映り込んでいる人物はいません。想像ですが、機械的に画像処理されているのだと思います。

映像を動画としてダウンロードする

動画はフルハイビジョン/60FPSで制作できます。

フルハイビジョン/30FPS(1秒間に30コマの画像)の設定で30秒の映像を作ると、30コマ×30秒=900枚の画像をダウンロードすることになります。

この900枚の画像を編集ソフトで連続再生するイメージで加工して映像にします。900枚もの画像の取り扱いは大変そうな印象がありますが、編集ソフトではファイルネーム(数字)の順番に処理されるものでは一括処理できるので、この手順自体は意外に簡単です。

それではGoogle Earth Studioのパフォーマンスをご覧ください。

主要都市であればどこでも、リアルで鮮明な建物の映像をみることができます。また、自然の景観(山の色)などは、その季節によって変化するようです。

先日、ある方から「仙台駅から最も近い●●」という立地の映像表現の依頼を受け、以前使ったことのあるこのGoogle Earth Studioの活用を思い出しました。

ご興味のある方はやってみてはいかがでしょうか。ハマるかも。

アクセス権の申請はこちら

インターネット, コラム

YouTube収益化への道はマーケティングへの道

数年後の収益化を目指して、コンセプトのチューニングをしながらぼちぼち動画投稿しています。そんな中、以前のブログ記事で、突然再生回数が伸びた事例をご紹介しました。

視聴回数が増えたYouTube動画

この記事を書いたのは、今からほぼ1か月前の2021年1月9日のことでした。

内容は、緊急事態宣言後に視聴が増えだし(この時で総再生時間1,752時間)、収益化の4,000時間までは計画より進行は良好、という記事でした。

それから1ヶ月。2度目の緊急事態宣言発出や全国的な寒波襲来の中、温泉の環境音で癒しになれば、と1年前に投稿した動画のタイトルに「ステイホーム」の言葉を加えた結果、1か月で再生時間は565時間も増えました。

その増加は私にとっては驚異的なことです。

YouTubeだけでなく、投稿済みのブログ記事に編集を加えても同じ効果が期待できると思います。

アナリティクスでわかったこと

ここでいう「アナリティクス」とは、YouTubeチャンネル開設者が見ることができる自身の視聴データの分析画面です。これが秀逸です。

動画投稿本数や視聴回数、再生時間など、分析対象の数値規模が大きくなるにつれ、実に詳細なデータがさまざまな角度から分析され、いつでもグラフで確認することができるのです。

アナリティクスが生み出す価値は、「新しい機会」の発見です。

意外だった視聴者層

視聴者の中心層は、私と同年代男性がほとんど、とイメージしていましたが、アナリティクスで確認したところ、私のチャンネル視聴者の性別は男性が56.9%しかなく、40%以上が女性でした。これは意外でした。

(女性目線を意識して制作してなかったなぁ~、と反省です!)

このデータを知っているのと知らないのとでは、動画の構成やタイトルの書き方、概要欄の情報に大きな差が出てきます。YouTubeの収益化で身を立てている人の多くは、日夜、きめ細かく分析画面を追っているのでしょう。

例えばですが、動画タイトル「冷え性」という言葉があると数字はさらに変わるかもしれません。

当然、視聴者を欺くような動画の内容と無関係な言葉を並べるなどはNGですが、細かな分析と仮説立脚の繰り返しが視聴者の気持ちに近づける手段なのだと思います。

完成形のないパズルのようでとても難しいのですが、それがまた楽しさでもあります。

インターネット, コラム

検索されて目を引くSEMの最新潮流とは

昨日、某出版社からWebライティング講座受講をすすめるDMが届きました。この出版社からのDMだけは勉強になるので届くと嬉しいです。

そのDMでは、「リアルメディアの制作物に力を入れても、日々のWeb更新をおざなりにしてはいないか」との問題意識を投げかけていました。私の勤務先の公式HPも実際そのとおりで、紙のテキストの流し込みやPDFのままでの資料掲載、使い古しの言い回しが目立ち、コンバージョン(最終成果)を意識したつくりにはなっていません。

DMには興味深いキーワードが並んでおり、DM資料に目を通しただけでも勉強になります。

以下はそのDM資料の一部です。言わんとすることがわかるものも多く、ブログ記事作成にも応用できそうなテクニックがあります。メモとして羅列しましたので意味不明な点はご了承ください。

Web担当あるある

キーワードの選定やテキスト作成が大変

わかりやすく書こうと思うと難しく書いてしまう、冗長になる

社内ではWebを紙の延長としか扱われていない

短時間で効果のあるキーワードや広告文を複数考えられるようになりたい

商品紹介では定型文になってしまいがち。

大量の情報から目を引くキャッチ

1.冒頭2行が勝負

2.キーワードは固め打ち

3.見出しはサマリーで表現・・・・冒頭に伝えたいことを箇条書きにしてまとめる

4.ユーザーのためになる情報を入れる

5.3行書いて、2行空ける

6.耳を使って書く

7.数値より聞き慣れた例え

8.「無料」か「タダ」か「1円」か

9.アイテムを比較対象に

10.補足+補足+補足の法則

11.1通のメルマガ、ターゲットは一人

12.時間帯でターゲットを変える

13.感情言葉を利用する

14.予告→フォロー→告知→クロージング

15.記事からTwitterへ、Twitterから記事へ

Webライティングで重要な3つの戦略

1.離脱させないWebの文章術

勝負ワードは左上に、事実のみや主張のみはNG。感情やユーザーが役立つ情報を入れる。

2.話題感とコンバージョン

惹きつけられるタイトル、否定しない、主観で言わない。一文字の違いに配慮できるか?

3.検索されて目を引く

ページタイトルやタグのキーワードのつけ方など、変化の速いSEM(Search Engine Marketing、検索エンジンマーケティング )の最新潮流、テクニック。

キーワードは情報系(参考、方法、レビュー、感想)と購買系(割引、入荷、発送、相談、売れ筋)の2タイプの戦略を入れ込む。

Webライティングの要点

要点は、伝わるワード、かんたんな言い回し、わかりやすい表現、の3点でしょうか。

ひと口にWebライティングといっても、検索エンジンと記事の関わりやITリテラシー以外にも、「現場感覚」や「文章表現」などの経験・スキルも要求される難しい領域です。

ですが、成果が現れやすいので、Webサイトの修正作業は楽しいはずです。

専門スキルについては、ネット検索でももっと踏み込んだ情報に触れることができますが、こうして資料に書かれている内容を読み取って、文字で記載することでも身につきやすいです。

上達できるよう意識して取り組みたいと思います。