たった398円で家に居ながらこの上ない贅沢を味わう「ストーブ遊び」

最強寒波の襲来をニュースが伝えているように、いよいよ寒さが厳しい時期になりました。買い物の予定をしていましたが、積雪もあって外に出るのが億劫なので、家の中でストーブで遊んでみました。

雪中キャンプが味わえるレイアウト

スノーピークMyテーブル竹とチタンマグ

写真に写っている「snowpeak Myテーブル竹」は、椅子に座ったときに手回品などを置くのに便利な小さな折り畳み式の竹材質のテーブルです。高さは38.5cmで、椅子に座った時の天板の高さがちょうど腰の辺りの高さになります。

例えば雪中キャンプなどでストーブを囲んだ時など、身の回りの品々が身体の脇にあるととても便利です。そのような使用意図で開発された商品だと思います。

写真ではテーブルもカメラに収まるように身体の前の位置に置いた図ですが、実際はテーブルを身体の脇に置いて、まったりと過ごしました。

かに甲羅グラタンでも作ろうか

写真は、先日の買い物で見つけた掘り出し物、かに甲羅グラタン(冷凍/398円)です。(写っているのは出来上がった後にパセリをふりかけたかに甲羅グラタンです。)

ストーブの上を温度計(薪ストーブ用)で測ったら450℃前後あったので、熱量としては十分なはず。

お気に入りのひとつ、極厚鉄板の上にかに甲羅グラタンを乗せ、極厚鉄板に付属フタをします。

しばらくすると、フタの中からクツクツと煮たつ音が聞こえて来ます。

獄厚鉄板に付属のハンドルでフタを取ってグラタンの様子を確認。

非現実世界の二重奏

かに甲羅グラタン

グラタンが沸騰しているのを確認して出来上がりです。

味は見ての通りのまんま、普通のかにグラタン。もちろん美味しいのですが、ガスバーナーでグラタン表面に焼き色をつけることを忘れてしまったことは残念です。

こうしてかに甲羅グラタンをみると、結婚披露宴にでも参加しているような感覚です。

少なくても普段の食卓の風景ではありませんね。

雪中キャンプと豪華結婚披露宴、両者、対局に位置する二つの非現実的な世界観の同時体験は楽しすぎです。

ストーブファンでまったり

ストーブファン

ストーブファンを初めて見た時は、温められた空気が上昇する気流によって羽根が回転するものとばかり思い込んでいましたが、実際は違いました。

ストーブファンが回転する原理は、ストーブが発する熱で発電する仕組みになっています。二つの異なる金属製の接合部分に異なる温度を与えて発電するもので、この原理を「ゼーベック効果」というらしいです。なので、天板が熱くならないストーブでは羽根は回転しません。

ストーブの熱をストーブファンが送ることでの快適はもちろんあるのですが、それ以上に、回転する羽根を見ているだけでも癒されます。

ストーブファンが回転する音はしませんし、もちろんストーブからの音もしないので、とても静かです。

部屋の照明を落とし、ストーブの灯りを前にウイスキーグラスを傾けるのもオツなものです。

<記事掲載の商品リスト>

snowpeak Myテーブル竹

snowpeak グローストーブ

バンドッグ極厚鉄板

ストーブファン

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中