バンライフ, 食べ物

NVANで「ひみつバーガー」のランチをしてみました

最近はまっている、ヤマザキのハンバーガーのアレンジレシピ。

今日は秘密基地のランチタイムを楽しく過ごすため、アレンジを加えてみました。

アレンジは簡単

ハンバーガーを作っているところ
今朝の準備風景

基本的には、「ヤマザキてりやきハンバーガー」を分解し、レタス、トマト、チーズを挟むだけです。

具材を挟んで出来上がった「ひみつバーガー」は、密封容器に包装紙ごと軽く包んで本日のランチとしました。

軽バンの室内
本日のランチ風景(遮光しているので夜のようですが昼です。)

密封容器(Ziploc)に入れるとバーガー崩壊を防ぐことができそうです。

ちょうどよいサイズの密閉容器探しが今回の「ひみつバーガー」のいちばん苦心した点です。

デザートのりんごの剥いた皮をZiplocに入れて持ち帰ることもできるので衛生的です。

「ひみつバーガー」のもう一つの由来「自家製タバスコ」

手作りタバスコ
自家製タバスコ

写真は、昨年秋、温泉めぐりなどしながら買い集めた赤唐辛子で作った、半年間熟成させた自家製タバスコです。

「ひみつバーガー」の味と食感をピリッと引き締めます。

地獄の罰ゲーム級の辛さがクセになります。自分としては大変気にいっている保存食のひとつです。

作り方は簡単。赤唐辛子を生のままミキサーにかけ、酢と塩を加えるだけです。

自家製タバスコの作り方はこちら

次回への課題も

今日の「ひみつバーガー」は、厚みもレタスのはみだし具合も控えめで、見た目のインパクトに物足りなさがありました。

よろしければ動画もご覧ください。

次回は「ひみつWバーガー」にでもしようと考えています。

“NVANで「ひみつバーガー」のランチをしてみました” への 3 件のフィードバック

    1. ぜひぜひ👍多分ですが、塩加減や酢加減は後からいくらでも調整可能だと思いますので、気楽に挑戦できると思います。
      自家製というだけで満足感がありますね。
      おすすめします❗️

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中