食べ物

メスティンで「味噌煮込みうどん」を作ってみました

味噌煮込みうどんは、今から10年ほど前に名古屋で食べたのが最後で、今回が約10年ぶりとなるメニューです。

名古屋で食べたのは味噌煮込みうどんの老舗、山本屋本店

マグマを土鍋で掬い取ったかのようにグツグツと唸る煮込みうどん。その様相と深いコクと高い塩分濃度が特徴の赤味噌の味わいは、強烈なインパクトでした。

土鍋も特色のひとつになっている名古屋の味噌煮込みうどんを、アルミ製のメスティンで調理とは、大変失礼なのですが、あのインパクトを再現できないものか、挑戦してみました。

美味しさの決め手となる3つのポイント

1.赤味噌を使う

赤味噌は必須です。普段は白みそ派なので、赤味噌の買い置きはなく、わざわざスーパーで調達してきました。

スーパーのみそ売り場はほとんどが白みそで、赤味噌は1アイテムだけでした。地域の食文化の違いなのでしょう。

2.ザラメを使う

今回はザラメの買い置きがなく、普通の砂糖を使いました。

3.味は濃いめに

材料

赤味噌・・・大さじ2

砂糖・・・・小さじ1

鰹だしの素・・小さじ1

油揚げ・・・適量

ねぎ・・・・適量

かまぼこ・・2枚

作り方

赤味噌の奥行きある深い味わいはホッとします。お試しください。

ライフスタイル

【YouTube収益化】視聴データの分析

YouTubeへの動画投稿で簡単に収入を得られると思っている人も多いようです。

コロナ禍で在宅時間も増えたことを背景に、視聴する側も投稿する側も、多くの人の日常に溶け込んできたYouTubeですが、動画投稿で収益化するのは容易いことではありません。

一方で、ITや映像制作にはまるで縁のない人が、飾り気も編集もない、日常の生活風景の動画投稿で収益化されているケースが多いのも事実です。

YouTube収益化の条件(視聴再生時間とチャンネル登録者数)クリアは、易しいものではありませんが、3年から5年の中長期的な目標に捉えれば、決して乗り越えられないものでもありません。

▼関連記事はこちら

YouTube収益化への道はマーケティングへの道

アナリティクスとは

「アナリティクス」とは、YouTubeチャンネル開設者が見ることができる自身の視聴データの分析画面です。(アナリティクスに関する記事は、過去にもこのブログで投稿したことがありますが再掲します。)

アナリティクスで分析できる内容は、視聴者層(年齢、性別、国)はもちろん、その投稿動画から離脱した時間や視聴時間(平均)や繰り返し再生されているポイントなどもデータで詳しく知ることができます。視聴者が興味を持っている箇所とそうではない箇所をグラフで見ることができるのです。

投稿者に動画の質向上を支援することがGoogleの広告ビジネスに跳ね返ってくる、すばらしい循環になっています。

例えば、動画開始早々に離脱する傾向が高いのであれば、オープニング映像やタイトルに離脱する原因が隠れていそうです。もし見苦しい箇所がなければ動画構成に問題があるかもしれません。

動画再生回数やチャンネル登録者数を増やすには、視聴者層(性別)の把握も重要です。私の場合、「視聴者は男性」と何となく思い込んでいましたが、実際には女性が45%ほどと高いウエイトを占めていました。

こうした場合は、動画タイトルやサムネイル画像には女性心理も意識した表現や見せ方をするとよいかもしれません。

収益化への戦略

私は、動画再生時間(4,000時間)の条件クリアに重点を絞って投稿してきました。

動画流入経路はチャンネル登録者は約3割前後しかなく、約7割は「検索」から流入しているのがYouTubeの一般的な傾向だからです。

3年後に4,000時間クリアを目標にしていましたが、それよりも2年早い先日、4,000時間を達成し、本日時点で4,097時間となりました。

再生時間を稼ぐ意図で長時間動画(環境音)を中心にしたことと、世情にあわせ検索キーワードの手直しをしたことが2年早い達成に導いたものと思います。

外出自粛に癒しを想起してもらうよう、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発令されるたびに、キーワードやタイトルに工夫を取り入れたことで再生回数が伸びました。

実際に視聴回数のグラフの折れ線の形は、新規感染者数の推移グラフの折れ線とよく似た結果になりました。

次なる課題は「チャンネル登録者数」です。クオリティーが高いことは前提となり、さらに定期的な投稿(投稿本数)がカギのように思います。

ひとつ目標を超え、また次なる目標へ挑戦です。「量は質に転化する」と念じて精進します。

食べ物

170種類の中から簡単で実用的だった野外飯3つを選んでみました

昨年12月から毎日のように作ってきたメスティン料理。昨日で170種類になりました。

その中でも最も簡単で実用的なレシピ3選をご紹介します。

(↓超絶美味しかった3選もご覧ください。)

158種類の中で超絶美味しかったメスティンレシピ3選

セブンの缶詰を使った「いわし生姜煮炊き込みご飯」

缶詰を使った炊き込みご飯は、よくあるレシピです。

おコメ1合にひと缶丸ごと投入

言うまでもなく、缶詰は、長期保存もできるし、どこでも手に入るので、あとはおコメと水さえあれば、簡単にできます。

かば焼きのたれを使った「アボカDon」

アボカドは缶詰と比べれば、若干、取り扱いに神経を使いますが、スーパーであればどこでも手に入る食材です。

スライスして炊きあがったごはんにのせて、かば焼きのたれをかけるだけ。箸が止まることなく一気にかっこめます。

アボカドの選び方(熟度)がいちばん難しいところでしょう。

いなばの缶詰を使った「チキンとインドカレー」

写真はいなばの「チキンとインドカレー・黒カレー」です。

このカレー、おいしいです。黒ゴマが入っているからでしょうか?行ったことはありませんが、インドカレー専門店のような、異国の香りも漂う深い味わいの缶詰カレーです。

ミニなんをちぎって、バットアミを敷いたメスティンで缶詰といっしょにあたためるだけです。(ローリエはカレーをあたためる時に加えました。)

そして後片付けが簡単なのもこのメニューの利点です。

今日、紹介した3品は、何たべようか?となった時、すぐ準備できる実用性もあります。

でも、そういう時に限って思いつかないものです。漢字の書き取りをするかのように、何度も作ることで身についていくのかもしれません。

バンライフ

NVANを夏仕様に模様替えしました

今日はGWを前に、秘密基地の掃除や細部の手直し、装備品の確認、そして模様替えをしました。

エヌバンの荷室に装着しているベッドキット

まずは、常設のmont-bellのアウトドアテーブルの天板を取り除き、ベッドキットの掃除です。

テーブル天板はご覧のように折り畳んで収納できるようになっているので、構造上、隙間があります。その隙間から落ちたゴミが、ベッドキットに付着していました。写真には撮っていませんが、結構な汚れ具合です。

ハンディクリーナーで吸い取ります。

ガス缶の保管方法を改善

カセットガスの保管方法

カセットガス(主に暖房)は3本パックの状態であれば問題ないのですが、1本使うとバラけるので、そのままでは走行中の振動で音が鳴ります。

これが結構気になるもので、パッケージを外して緩衝材として、着古したシャツを一枚の布にして包んで収納しました。これで未開封のガス缶でも空いたガス缶でも、接触音が気になることなく整理整頓できます。

小さな一歩ですが、大きな前進です。

ドローンの収納方法も改善

車内に装着したドローンケース

N -VANのサイドパネルに取り付けたドローン専用ケース。

省スペースの上、バッグドアを開けてすぐフライトの準備ができるので、我ながら気に入っている収納方法なのですが、設置したケースのフタは下から上に跳ね上げる方式です。

このため、ドローンを取り出すときは、内部に収納している送信機やバッテリーなどが脱落することがあり、フタを半開きにして内部に手を添えてからフタを全開にする、という手順でした。

しっくりしないまま、約1年過ごしましたが、何か、改善策はあるはずとの思いで、ケースの構造を観察し、手を加えました。

車内に装着したドローン

ケースを取り付けているネジに、パジャマ用ゴム紐を輪っかにして固定し、ゴム紐で固定することにしました。

車内に装着したドローン

ケース右上がバッテリー(充電器とバッテリー3個)、右下が送信機です。

どちらもネジ止めしたパジャマ用ゴム紐に固定され、脱落することがなくなりました。

(ドローン本体(MAVIC MINI)は、型抜きされたケースにきつくハマっているので、脱落しません。)

ちなみに、跳ね上げたケースのフタは、接触部分に取り付けたマジックテープで固定されています。

そして車内の模様替え

エヌバンに装着しているマットレス

THERMAREST(サーマレスト) のマットレスとmont-bellのアウトドアテーブルをひっくり返して、これまでの夜のイメージがあるダークカラーから明るく清潔感あるイメージに変えました。

THERMAREST(サーマレスト) は、冬は銀面を体側にして、体温の反射を利用して温かくします。

これからの季節は逆にして使用します。そうすることで、車体から伝わってくる蓄えられ熱を遮断することができます。

けっこう明るい車内になりました。GWのノープラン車中泊旅が楽しみです。

 

バンライフ, 食べ物

NVANで「ひみつWチーズバーガー」のランチをしてみました

昨日の反省点を忘れないうちに克服すべく、本日もランチはハンバーガーとしました。

昨日の反省点

1.ハンバーガーらしいボリューム感がなかった。

2.レタスのはみだしが少なく、シズル感がなかった。

3.市販品を改造しただけなので、肉肉しさが乏しかった。

さっそく準備

チーズバーガー

起床して飼い犬の散歩を早々に済ませて準備に取り掛かりました。

準備といっても、「タキザワハム お肉屋さんのハンバーグ(チーズ)」を温めるだけですが。

いつかはハンバーグの手作りにも挑戦しようと思います。

ハンバーガーを作っているところ

山崎製パン「てりやきハンバーガー」を分解して、自家製タバスコをたっぷりと。

タイトルでおわかりいただけると思いますが、スライスチーズもWです。

ハンバーグにもついているので、正確にはトリプルです。

ハンバーガーを作るためのレタスの準備

レタスは大きめの葉を用意しました。

水洗いして、キッチンペーパーで余分な水を吸い取ります。

ハンバーガーを作るためのトマトの下準備(余分な水切)

トマトもレタス同様に余分な水をきりました。

上部の白い容器は新玉ねぎです。昨日は使いませんでしたが今日、初投入です。

完成版はこちら

アレンジして作ったダブルチーズバーガー

どうすか。この堂々たるたたずまい。

こんな暑さのハンバーガー、雑誌などでよく見かけますが、食べるのは今日が初めてです。

アレンジして作ったダブルチーズバーガー

お気に入りの密封容器Ziplocに入れて持参します。シンデレラフィットです。

この時点で大満足です。

ダブルチーズバーガーを入れる容器

山崎製パン「てりやきハンバーガー」・・・・283kcal

タキザワハム「お肉屋さんのハンバーグ」・・237kcal

スライスチーズ(2枚)・・・・・・・・・・ 122kcal

合計で642kcalでした。普段のりんご1個は260kcalほどなので、普段の2.5倍ものカロリーを摂取してしまいました!

バンライフ, 食べ物

NVANで「ひみつバーガー」のランチをしてみました

最近はまっている、ヤマザキのハンバーガーのアレンジレシピ。

今日は秘密基地のランチタイムを楽しく過ごすため、アレンジを加えてみました。

アレンジは簡単

ハンバーガーを作っているところ
今朝の準備風景

基本的には、「ヤマザキてりやきハンバーガー」を分解し、レタス、トマト、チーズを挟むだけです。

具材を挟んで出来上がった「ひみつバーガー」は、密封容器に包装紙ごと軽く包んで本日のランチとしました。

軽バンの室内
本日のランチ風景(遮光しているので夜のようですが昼です。)

密封容器(Ziploc)に入れるとバーガー崩壊を防ぐことができそうです。

ちょうどよいサイズの密閉容器探しが今回の「ひみつバーガー」のいちばん苦心した点です。

デザートのりんごの剥いた皮をZiplocに入れて持ち帰ることもできるので衛生的です。

「ひみつバーガー」のもう一つの由来「自家製タバスコ」

手作りタバスコ
自家製タバスコ

写真は、昨年秋、温泉めぐりなどしながら買い集めた赤唐辛子で作った、半年間熟成させた自家製タバスコです。

「ひみつバーガー」の味と食感をピリッと引き締めます。

地獄の罰ゲーム級の辛さがクセになります。自分としては大変気にいっている保存食のひとつです。

作り方は簡単。赤唐辛子を生のままミキサーにかけ、酢と塩を加えるだけです。

自家製タバスコの作り方はこちら

次回への課題も

今日の「ひみつバーガー」は、厚みもレタスのはみだし具合も控えめで、見た目のインパクトに物足りなさがありました。

よろしければ動画もご覧ください。

次回は「ひみつWバーガー」にでもしようと考えています。

ライフスタイル

【片道ツーリング】バイク1号機を5回目の車検に出しました

秘密基地に配備している早期警戒機「BMW R1200GS-Adventure」の5回目の車検を迎えました。

輸入バイクだけに、正規販売代理店で車検を受けると途方もない金額になりそうなので、いつも、友人が勤務する国産車販売ディーラーにお願いしています。

少し前から今日の入庫を予約していたのですが、昨日までの悪天候で、来週へ延期しようかとも思いましたが、運が向いてきたか、雨予報だった今日は昼前には晴れました。

格安車検のワケとは

法に触れない程度に、余計なことはしなさんな。という私のわがままを聞いてくれるので、料金自体は安く仕上がります。

これが正規販売代理店ならそうはいきません。

さすがに不当な料金や不要な整備はしないと思いますが、整備にベストをつくすので、交換部品も多くなってしまうような気がしています。(見積額で倍の違いがありました。)

正規販売代理店ではなく、一般のディーラーに依頼して安く仕上げた分は自分でメンテナンスしたり、注意を払わなければなりませんが、安くなるのであればその方が私には嬉しいです。

車検入庫の後は気仙沼観光

この日の二つ目の目的は気仙沼の海の幸を満喫すること、です。

まぐろ丼

まぐろの専門店で「よくばり丼」を頂きました。

白身はメカジキです。しっとりとした歯触りとほどよい脂加減が美味しいです。

水揚げされた魚介類

あとはお買い物。

気仙沼の地酒「船尾灯(ともしび)」と近海でとれた海産物を買い込みました。

港に停泊する漁船

バイクはタイヤ交換も必要なので、数日、入院予定です。

気仙沼の食を味わい、今年初のツーリングは無事、終了しました。

YouTubeにまとめました。(バイクのエンジン音は立体音響です。)

食べ物

メスティンで「チーズダッカルビ風辛ラーメン」を作ってみました

今日は久しぶりに辛ラーメンのランチです。

毎日でもいいくらい気に入っている辛ラーメン。昨晩から決めていましたが、今回はアレンジに挑戦しました。

材料

「辛ラーメン」以外はどこの家庭でもいつでもあるような材料です。

・鶏もも肉・・・120g

・とろけるチーズ・・約30g(写真の量は60gです。)

・ニンニク・・一片

・キャベツ・・適量

・玉ねぎ・・1/4

・調味料・・ごま油、しょうゆ小さじ2、ケチャップ小さじ2、塩適量

作り方

辛ラーメンの粉末スープ1/3と調味料を合わせて炒めます。

炒めたらいったん、取り出し、麺とかやくを茹で、湯をきり、残りの粉末スープ2/3とごま油を加えて混ぜ、チーズをのせて出来上がり!

スープがないだけ、普通の辛ラーメンより辛いですが、とろけるチーズがいい具合にまろやかにしてくれます。

ちょっとだけ手を加えた休日ランチ。満足です。

食べ物

158種類の中から超絶美味しかった野外飯3つを選んでみました

昨年12月から毎日のように作ってきたメスティン料理。昨日で158種類になりました。

その中でも特に美味しく、画像を見るたびにまた食べたくなるレシピ3選をご紹介します。

第3位パキスタン風チキンとレーズンのビリヤニ。

作り方は見た目ほど難しくはありません。

雑な説明ですが、鶏モモ肉をカレー粉で炒め、スパイス(クミン、ローリエ、シナモン)を加えたお米といっしょに炊飯するだけです。

見た目も鮮やかで異国の香りがうれしいメニューです。天気のよいランチなどで楽しめそうです。

詳しくは過去記事をご覧ください。

第2位たけのこいっぱい酸辣湯(スーラータン)。

街の中華料理店で最近見かけるメニューですが、どこかで一度か二度、食べたことがあるだけでした。

この時は、料理のバリエーションを広げる意図もあってチャレンジしたのですが、出来栄えはとても美味しく、いろんな可能性を感じた一品でした。たけのこ水煮以外は普段でも家にある材料でできるのもうれしい発見でした。

餃子やシュウマイなどのわき役としても重宝しそうです。また食べたくなってきました。

詳しくは過去記事をご覧ください。

第1位辛ラーメンのスープカレー風。

辛ラーメンのアレンジレシピです。

スープカレー風の見栄えを意識したので、野菜を炒めたりとあり程度の仕込み時間は必要ですが、作り方自体は簡単で、カレールーを1片加えただけで、辛ラーメンの味がガラッと変わります。

メスティンレシピの今後

「量は質に転化する」という言葉を胸に、極力、身近にある食材や入手しやすい食材を基本に、ほぼ毎日のように調理してはInstagramに投稿し続けてきましたが、上達にはほど遠いです。

過去のレシピも見直して、再度、調理してみるなど、今後も研究していきたいと思います。

ライフスタイル

まな板の黒カビ防止に「オリーブオイル処理」をしてみました

今まではsnow peak「マナイタセットL」を使用していましたが、車内で使うには大きすぎるので、一回り小さい「マナイタセットM」を追加購入しました。

道具から入るタイプ。料理職人の気分です。

「マナイタセット」は、まな板内部に包丁が収納できるように作られています。

まな板を開いた時、不用意に包丁が脱落しないよう、マグネットで固定されているので安心です。

まな板セットMに付属しているナイフは、これまでのとは違い、すっきりしたフォルム(写真左側)です。眺めているだけでも楽しいです。

写真でLとMのまな板の色合いが違うのは、オリーブオイル処理をしたかどうかの違いです。

オリーブオイルをたっぷり塗り、一日ほど乾燥させるだけです。

匂いもなく、ベタつくこともありません。

まな板の内部にも塗ります。

専用ケースは別売りされていますが、高いので、ダイソーのメッシュ巾着にしました。

意味不明なロゴがプリントされていましたが、黒マジックで塗りつぶし、消し去りました。

まな板を水洗いした後、屋外に吊るして乾燥させるのに便利です。