食べ物

メスティンで「割烹料理風たけのこご飯」を作ってみました

桜も咲き始め、春らしくなってきました。

そこで今日は季節を感じるメニュー「たけのこご飯」を水煮を使って簡単に作ってみました。

美味しく作るポイント

1.食感を楽しめるよう「たけのこの穂先」を使う

たけのこ水煮は、1本タイプだけでなく、カットの形状により様々な種類があります。

今回、穂先の食感を味わえるよう、穂先のカットタイプを選びました。

  

2.風味の相性が良い「油揚げ」を副材に使う

「油揚げ」は、「たけのこ」の風味と相性のよい、定番の組み合わせですね。

3.上品に仕上げるため「だし」は薄味にする

味わいも見た目も上品になるのではないでしょうか。

材料(コメ1合分)

<A>

たけのこ水煮穂先カット・・・・約180g

油揚げ・・・・・・・適量(短冊切り)

<B>

白だし・・・小さじ1

本だし・・・小さじ1

みりん・・・小さじ1

日本酒・・・小さじ1

塩・・・・適量

砂糖・・・適量

刻みねぎ・適量

作り方

まずはAの準備。といっても、水煮を水洗いし、油揚げを短冊切りにするだけです。

(油揚げは油抜きしないで使用しました。)

Bを調合し、お米、水(170㏄/ごはんよりちょっと少な目)をメスティンに投入。

あとは固形燃料が燃え尽きるまで待ち、15分ほど蒸らせば完成です。

刻みねぎを花ミョウガや大葉に変えても良いかもしれません。

そして本日の動画

ホテルカリフォルニアの動画を視聴。かっこいいですね〜。今夜もハイボールが美味い。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

明日もいい一日でありますように。

ライフスタイル

自然災害への備えを点検しました

私が住む宮城県では、これまで巨大地震に何度も襲われました。

ここ数ヶ月の間も、立て続けに大きな地震が発生しており、緊張感が続いています。

そんな中、季節の変わり目ということもあり、自然災害への備えを点検してみました。

季節毎の点検が必要な理由

1.季節によって必要な装備が異なるから

真夏と真冬、それぞれの場面で屋外に放置される状況を想定した備えが必要です。万全なつもりでも、いつの間にか備えから漏れていることがあります。

今日、大人の秘密基地NVANの装備品を確認したら、常備しているはずのレインウエアがありませんでした。昨年秋のバイクツーリングで持ち出し、バイクのパニアケースに入れたままだったのです。

これまでの大地震はたまたま自宅にいる時に発生しましたが、必ず起きると言われている次の巨大地震では、大雨の中、徒歩帰還しなければならない状況かもしれません。

2.電池消耗や電子機器の動作確認が十分にできるから

ヘッドランプの電池を入れっぱなしの場合、何らかの拍子で誤点灯し、使おうとした時にバッテリーが空っぽになっていた、ということはキャンプなどで何度か経験しています。

こうしたエラーは、登山の場合命にも関わってきます。誤動作を防ぐロック機構を備えた商品も多く、予備品を携行するのも当たり前のようですが、やはり定期的な電池残量や動作確認は重要です。

3.防災意識を定着できるから

備えの点検が習慣になれば自然と防災意識も高まります。

今日私は、今加入している地震保険の補償内容を確認した結果、家財保険に入っていなかったことに気づきました。

昨年補償内容を見直した際に、保険会社とのやり取りしているうちに補償が抜け落ちたようでした。地震保険について正しく理解していなかったことと、思い込みによる確認不足が原因です。

いや~、危ない危ない。もし被災した場合、確認しなかった後悔を考えると・、冷や汗モノです。

本日、内容をしっかり確認して、追加加入しました。

こうしたうっかり例は少ないと思いますが、長年の生活で家族構成や生活環境が変化した人は多いと思います。その変化に応じて補償内容を見直すためにも、定期的な確認は重要です。

重要ツールは予備も装備する

画像は、Petzl(ぺツル)社製の「イーライト」です。

高い防水性と待機時間10年間という触れ込みを見て、東日本大震災の年に購入しました。

予備的に装備するライトなので、使用頻度は多くはないのですが、先に書いたように、キャンプ時にヘッドランプを使おうとしたらバッテリーが切れていて、イーライトに救われたことがありました。

照明するだけでなく、保管、携行、使用時、緊急時など、それぞれの場面で重要な機能が豊富な、軽量小型のヘッドランプで、照射時間は45時間。心強いです。

こちらで詳しく紹介されています。

3,000円程度で買えるので、予備として備えておくと安心ですし、ヘッドランプが二つあれば、両手で行動できる人が二人になるので、万が一の時の対応力が上がります。

洋服などに挟めるクリップがついています。

バンド長さの調節留め具はホイッスルになっています。

「SOS(救難信号)」を表す世界共通のシグナル「短音3つ、長音3つ、短音3つ」の刻印が施されています。

今日はイーライトのバッテリーを交換しました。

もともと、本体も高い防水性能があるヘッドランプですが、付属ケースは不用意に開いたりしないよう、きっちり閉じ込めるゴムバンドとベルトループ(ケース裏面)がついています。

ケースに印刷されたロゴマークは擦り切れて読み取れませんが、10年後の今でも問題なく動作します。

ヘッドランプ1号機も電池交換

こちらがメインの1号機。Blackdiamond社製です。キャンプで酷使した様子がうかがえます。

照射距離が約80mと長く、 防水性能があり、照射時間が160時間(単4乾電池×4本)と長いのが特徴です。誤点灯を防ぐロック機能もついています。

明るさを確認してみるとやはり電池残量は不十分でした。

意外に知られていない赤い光の使い道

赤い光も照射できますが、赤い光はナイトビジョンに有効です。

近くで眠っている人を邪魔することなく活動でき、夜間での撮影にも役立ちます。

多くの機種は、ボタンを何回か押すとナイトビジョンモードになりますが、この動作モードへの移行手順も点検機会に会得&確認しておくと良いですね。

自然災害への備えは「しているから良い」というのではなく、定期的に点検したり使ってみることが大切です。


 

食べ物

メスティンで「チキンとレーズンのビリヤニ」を作ってみました

メスティンレシピ研究史上、最高の出来栄えとなった「ビリヤニ」をご紹介します。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ビリヤニビリヤーニーBiryanibirianiもしくはberiani)は、インド亜大陸ムスリムにその起源を持つ混ぜご飯料理である。スパイス(通常バスマティ米)、野菜などから作る米料理である。同じ米料理であるプラオとビリヤニとの違いは、プラオは生の米を炒めて魚介・野菜などの具材(生か軽く炒める程度)とスープと合わせて炊き込むのに対して、ビリヤニは原則として(詳細は後述)半茹でにした米と、別途調理された具材を合わせて炊き込む点にある。

いろいろと難しそうですが、スパイスを効かせて作るパキスタン風の炊き込みご飯です。

なぜに「パキスタン風」かというと、勤務先の近隣にあるパキスタンカレー店の店内に漂う香りと似ているので、勝手にそう名付けました。

美味しくする3つのスパイスとは

1.クミン

2.シナモン

3.カレー粉

この3つのスパイスが決め手。どれもスーパーで手に入るスパイスです。

材料

おコメ1合分の材料です。(おコメ、クミン、サラダ油、水は下記に記載していませんが必要です。)

A

鶏もも肉・・・80g

すりおろしニンニク・・小さじ1

すりおろし生姜・・小さじ1

玉ねぎみじん切り・・1/6個分

カレー粉・・小さじ2

塩・・・小さじ1

B

バター・・1片

シナモン・・1本

ローリエ・・1枚

レーズン・・20粒

C

パクチー・・適量

ライム・・適量

作り方

材料として記載した種類が多いのでややこしそうですが、頭の中を整理すると簡単です。

ざっくりした手順・工程は、Aが「鶏肉の下味付け」、Bが「炊き込み」、Cがトッピングの3段階に分けることができます。

A「鶏肉の下味付け」は、鶏肉に材料をまぶして、30分ほど置きます。

B「炊き込み」の前に、Aをサラダ油にクミンを加えて炒め、香りが出てきたら、吸水したおコメと水180ccを投入し、Bの材料を加えます。

レーズン調達は、スーパーのどの売り場から選ぶかはコストパフォーマンス的に重要な視点です。

お菓子売り場、果物売り場、酒売り場など、複数の売り場でそれぞれ異なったアイテムが品揃えされているので、両目や価格などを比べて選ぶと良いです。

専門店っぽいスパイスの香りが充満して、美味しいです。何より、ありふれていないメニューなので、ウデ💪が上がったような感覚も味わえます。

そして本日の動画

ピンマイクをつけて喋りながら収録したようです。視聴者との対話を重視しているかのようで、動画の作り方に新鮮味がありますね。ボウリング自体は興味ないのですが(すみません)、視聴していて楽しい動画です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

明日もいい一日でありますように。

バンライフ

秘密基地NVANの夏ホイールを冬と同じ物で注文してみました

私がNVANを購入したのが昨年3月。もう一年になります。

納車時は純正ホイールのまま11月まで乗り過ごし、降雪時期を迎えた昨年11月に、ホイール付きスタッドレスタイヤをネット通販で購入しました。

写真はネット通販で購入したアルミホイール。リムも黒いので、黒い背景に星形のデザインが浮き出るように見え、このシンプルなデザインがとても気に入っていました。

夏タイヤへの交換時期を迎えて悩む

スタッドレスタイヤもそろそろ交換時期です。

特別な手を打たなければ、お気に入りのイメージは冬まで持ち越しとなり、地味な純正のスチールホイール付きの夏タイヤに戻ることになります。

気に入っているアルミホイールを夏場でも生かすにはタイヤを今のホイールに履き替えるのも一案ですが、面倒だし今年の降雪時期を迎えれば、また同じ悩みを抱えることになります。

気に入ったデザインのホイールで通年過ごす

ネット通販サイトで同じホイール・サイズを検索しても、同じホイールはいくつか出品されているのですが、NVANに適合するサイズではありません。

めっきり春めいてきたのに、ホイール調達の目処がたたず、一度は「地味な純正のスチールホイール付き夏タイヤ」に戻すことを決意しようかとした時に、ふと、ネット通販サイトで買ったショップに問い合わせてみてはどうだろうかと閃きました。

そして電話で問い合わせた結果は・・・

「在庫は1台分(4本)だけはあるが、うち1本に輸送中にできた傷がある」ということでした。

傷の状態を画像で確認したら、納得できるレベルです。激安で調達することができました。

これで、我が大人の秘密基地・NVANは、夏も冬も、年間通じて自分で気に入っている同じデザインのホイールです。季節によって車の見た目や印象が変わることはありません。タイヤ交換したことすら、一見しただけではわかりません。

これが自分なりの、さりげなく自己主張できる方法です。

そして本日の動画

シャランQのまこっチャンネルです。独特な世界観があって面白いです。動画の中盤で、基準・方法を示されないと対応できない世の中になっていると嘆いておられました。同感です。

食べ物

メスティンで「燻製ベーコン」を作ってみました

手軽なようで奥の深い技術が必要な燻製。それは作ってみてわかりました。

今日は「燻製ベーコン」をご紹介します。

上手につくる3つのポイント

1.メスティンのダメージを防ぐためアルミホイルを使用する。

2.メスティン専用のバットアミを利用する。

3. 中~高温で短時間で加熱する。(15分程度)

ストーブで加熱したため、長時間加熱になってしまい、若干、パサつく感じになりました。

加熱は、中~強火で15分程度がいいかも。それでもハイボールにあう雰囲気あるメニュー。料理過程もお酒も十分に楽しめました。

材料

ブロックベーコン・・・200g前後(写真は220g)

ブラックペッパー・・・適量

ローズマリー・・・・・なくてもOK

*うずらの卵もサイドメニューとして燻製にするつもりでしたが、メスティン内に居場所がありませんでした。

作り方

基本的には焼くだけなので、最大のポイントは加熱の時間と加減になろうかと思います。

加熱にあたっては、焦げ付き防止のため、メスティンにアルミホイルを敷いてから、燻製チップ(桜)を投入し、その上に専用のバットアミをセット。(写真)

そしてさらにバットアミの上にアルミホイルを敷いて、ベーコンをのせました。これはベーコンから滴る油を受け止め、チップの燃焼を妨げないようにするためです。

絵面は全く別物ですが、焚き火をイメージして、ストーブでじっくり加熱してみましたが、ベーコンの表面の焼き色がつくまで約1時間ほどの時間がかかってしまいました。

ベーコンの厚さにもよると思います。

燻製は手軽ではありますが、素材と温度で出来栄えが違ってくるので、継続研究が必要なテーマだけに奥深さがあって、これはこれでよろしいと思います。

実際に食べては美味しかったですが、スモーク感は今ひとつでした。

ベーコン下に敷いたアルミホイルは余計だったかもしれません。

そして本日の動画

「どっちがヤクザかわからん」。淡々と報道するアナウンサーと映像とのギャップが笑えます。

明日への活力にどうぞ。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。明日もいい一日でありますように。

食べ物

メスティンで「カレーうどん」を作ってみました

ありそうでなさそうな、なさそうである、レトルトカレーを使ったカレーうどんをご紹介します。

意外にも本物のカレーうどんっぽく、材料費が安くて作るのも簡単です。

本格派の味にする3つのポイント

1.茹であげたうどんの湯切りは水分が残るくらいざっくりと切る。

2.めんつゆを加える。

3.油揚げをトッピングする。

美味しかったです。手抜きレシピのレパートリーとして、マスターしておくと良いですね。

材料

セブンプレミアム ビーフカレー(辛口)・・・1パック

玉うどん・・1食

めんつゆ・・・大さじ1杯

油揚げ・・・適量

刻みネギ・・適量

めんつゆと油揚げがこのカレーうどんの最大のポイントです。

作り方

次に重要なポイントは、レトルトカレーの湯煎とうどんの茹で上げです。

家で調理するのであれば調理は難しくはありませんが、アウトドアではそうもいきません。効率よく湯煎するため、レトルトカレーを温める→うどんを茹でる、の工程で調理しました。

レトルトカレーを温めたお湯でうどんを茹でるのは、衛生上、気にならなくもありませんが、食品工場は一般人が思うよりも厳密な衛生管理がされているので、パッケージ入りのレトルトカレーであれば大丈夫でしょう。

約5分、沸騰した状態でカレーを温めた後、いったん、取り出し、うどんを投入します。

うどんの茹で時間は約2分。そして茹で汁を捨てますが、湯切りはきっちりとでなくてもOKです。

最後に、うどんにカレーを乗せ、めんつゆ、油揚げ、刻みネギを加えて完成です。

そして本日の動画

自分の中では日本一美味しいと思っている、みよしのチャーシューメン動画です。

久しく行けていない時は、動画を視聴しただけでも、多少、救われますね。

食べ物

メスティンで「サムギョプサル風Don」を作ってみました

今日18:00過ぎ頃発生した、震度5強の地震で津波注意報も発表され、コロナ感染が拡大している宮城県では不安と緊張の毎日です。さまざまなリスクを想定して生活しなければなりません。皆様、ご安全に。

さて今日は「サムギョプサルDon」をご紹介します。

「サムギョプサル」とは、スライスした豚のバラ肉を焼いて食べる朝鮮の豚バラ焼肉で、「サム」は数字の3、「ギョプ」は層、「サル」は肉を表し、日本でいう三枚肉すなわちばら肉を意味するのだそうです。

その豚バラ肉で、丼風のメニューを作ってみました。

タイトルにある「Don」とは、「丼」由来ですがここでの器はメスティンなので、その表記に多少違和感を感じ、メスティンで炊いたご飯の上にのせて食べるメニューを「Don」と表記することにしました。

激旨にする3つのポイント

1.豚バラ肉に岩塩で下味をつける。

2.豚バラ肉をごま油で炒める。

3.炊飯前にもごま油を大さじ1加える。

豚バラ肉の脂がうまみとなって甘辛いコチュジャンがよりマイルドになって旨味倍増!一気に完食する勢いで食べました。

美味しいのですが、ごはんを焚き上げる前に豚バラ肉を炒める工程が必要ですが、豚バラ肉の油が飛び散らないように、メスティンの内側全面にごま油を塗り、フタをして、上下左右にメステインを揺らすようにして炒めました。

表面に焦げ目がつくくらい焼くのが理想ですが、油が跳ねるのとメスティンに焦げがこびりつくので、フタをして、ジュージューとなる音を確かめながら、慎重に炒めるとよいと思います。

材料

豚バラ肉150g、コチュジャン大さじ1杯、ごま油大さじ2杯、岩塩を適量です。

作り方

1.先に記載しましたが、先に豚バラ肉を炒め、別の容器にいったん、取り除いておきます。

2.炒め調理に使用したまま、ごま油を加え、吸水したコメと水を加え、炊き込みます。

3.ごはんが炊き上がるまでの間、炒めた豚バラ肉にコチュジャンをあえます。

4.炊きあがったご飯に、サンチュ、豚バラ肉をのせてできあがり!

お好みで、キムチや糸唐辛子を添えてどうぞ。

そして本日の動画

昨晩、車中泊でテストしたBluetoothスピーカー(おすすめ)のレビュー動画です。ご興味ある方はどうぞ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

バンライフ

新装備Bluetoothスピーカーのテストをしてみました

仕事を終え、山形県蔵王温泉にやってきました。

車内環境のグレードアップに低音の音質が増強されて評判のBluetoothスピーカーのテストが主な目的です。

メスティンとおでん

仙台からここまで約1時間半。大人200円の蔵王温泉共同浴場に浸かってからの遅めの食事予定だったので、セブンのレトルトおでんにウィンナーをプラスして今夜のメインディッシュ。

相変わらず美味いです。間違いありませんね😋

スピーカー

そして、ANKER Soundcore3の音響テストです。

いや〜低音がすばらしい!山中の車内とはいえ、節度を持ってひっそり鳴らしているのですが、ズンズン響きます。5,990円(送料、消費税込み)とは思えない音質です。

IPX7の最強防水性能、雨天時やお風呂でも使用でき、バッテリーは24時間持続します。

キャンプ道具
ハイボール

冷凍マンゴーをデザートにまったりハイボールを。贅沢です。

バンライフ

図書館を勝手に私の第二秘密基地にしました

妻の病院付き添いで検査待ちの間、病院近くにある宮城県図書館で時間を潰すことを思いつきました。普段の活動からは程遠い、文化的な空間です。

しかしここで過ごすのはとても快適で、貴重な発見となりました。

ブログに書いている時点で「秘密」ではないのですが、第二秘密基地(第一秘密基地はNVAN)として、今後、活用させていただこうと思います。

当たり前ですがとにかく静か

聞こえるのは、空調の音。椅子を引く音が床に響き、大きく聞こえてしまうほどです。

勉強に集中している学生さんらしき姿や、熱心に調べ物をするご高齢の方の姿も目立ちました。

雑誌も読み放題

図書館だから豊富な蔵書は当前ですが、雑誌も置いてあることはあまり知られていないかも。

宮城県図書館には、以前、調べ物で何度か来たことがありましたが、雑誌があるとは今日初めて知りました。驚きです。

今日、読んだのは、3月9日発売のアウトドア専門誌「BE-PAL4月号」。

キャンピングカーと車中泊の特集だったので、読み応えがありました。

その他はカメラと写真の専門誌。二冊買えば2,000円ほどですが、空調が効いた静かな環境で集中して無料で情報収集できるのはとてもありがたいことです。

フリーWiFi&コンセントも完備

デスクにはPC作業用にコンセントも完備されています。

WiFiもコピー機も、コインロッカー(100円戻る仕組み)もあるので、本当に便利です。

バッグに入れていたペットボトル入りのお茶は飲めないと思っていたのですが、「キャップ付きのボトルであれば持ち込みは自由」との表示がありました。安心です。

おしゃれなカフェも併設

新緑の季節には絶対美しいはずと思われる風景を前に眺め、ゆっくり食事することもできます。

コーヒー1杯350円。良心的です。

何か特別な用事がないと行くことを忘れてしまう公共施設。たまには用事がなくても足を伸ばしてみると良い発見があるかも知れません。

そして本日の動画

上記記事中の雑誌に登場しているwinpy-jijiiさん(滋賀県在住/71歳)のアウトドアチャンネルです。71歳とは思えない人生の楽しみ方をされておられます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

明日もいい一日でありますように。

食べ物

メスティンで「メキシカンピラフ」を作ってみました

料理初心者の不器用おっさんのアウトドアを意識したレシピアルバムから、「メキシカンピラフ」をご紹介します。

メスティンで調理できる量は、基本、自分ひとり用です。メスティン調理は、少量の材料で済むし、失敗したとしても影響は自分ひとりの一食分。失敗を恐れることなく、大胆にチャレンジできます。

炒めないで作る3つのポイント

1.炊飯の水の量を通常よりも50㏄少なくする。(1合炊きの場合。使用材料によっても調整)

2.食感を感じやすい材料を使う。(レトルトコーン)

3.色どり豊な材料を複数使う。

厳密には「炊き込みご飯」の部類ですが、本物のピラフのような味わいでした。エビなどのプチプチ食感は、レトルトのコーンが代役を果たします。見た目も美しく、ランチなどに使えるメニューです。

今回の材料

味のポイントは、チョリソーとチリパウダー、食感はコーン、色彩はパプリカがいい仕事をしてくれました。

作り方

上記の材料を投入して炊き上げるだけです。

私はいつも写真の固形燃料を使っています。1個で約20分ほど。ちょうどよく炊き上がります。

■主成分:メタノール
■燃焼時間:約20分
■入数:30g×5個

近所のホームセンター(ホーマック)で198円です。

自己評価は95点

手軽に彩り豊かな食事ができるのが良いですね。おすすめメニューです。

ライフスタイル

YouTube動画投稿から学ぶ

タイトルは、ここ1〜2年、考え続けているテーマのひとつですが、ここで伝えたいことは動画の投稿や編集を通じて感じている、物事の考え方の大切さについて、です。

スマホやアプリの性能が高くなり、誰でも高画質の映像を撮影することができ、簡単に投稿することができる時代になりました。

ちょくちょく動画投稿をしているせいか、こんな私でも周囲からは特別な技術や知識、経験を持っているかのようにみられることも、正直、あります。(実際は初心者ですが)

何が難しくて何が簡単か

YouTubeに動画投稿を経験したことのある人は知っていると思いますが、人に見てもらうための動画制作にはいくつものスキルが必要です。多くの人が抱いている必要スキルは以下の3点に集約されるのではないでしょうか。

⒈PCの操作に慣れていない

⒉動画編集ソフトを使いこなせそうにない

⒊YouTubeの仕組みがよくわからない

「必要」と「重要」は同じではない

しかし実際の動画投稿では、上記の3点は必要ですが、重要なことではありません。難しいかどうかで言えば、ある程度のITリテラシーがある人であれば簡単なことです。

必要なことと、重要なことは違うのです。

「必要なスキル」は、自分で調べたり誰かに教わればすぐに身につきますが、ここでいう「重要なスキル」は教わって身につくものではありません。自分で考えて編み出す共感、配慮、戦略です。

これは広範囲に存在するので、一つひとつを言葉にすることができないものです。

あるYouTuberは、テロップの文字間隔や行間にも見やすくするための繊細な配慮を施しています。

例えば、「ユーチューブ」という言葉を、視覚的に単語として即座に認識してもらうため、あえて「ュ」を左に数ミリ単位で左に寄せる、などです。

色補正したり、音声データを立体的に加工するなどは序の口です。

視聴者の記憶に残すためエンディングに印象的な映像を挿入する、中だるみしそうな映像時間帯に結論を描写する、など、こうなるとほとんど映画制作の世界観です。視聴データを分析し、次作に反映させるというマーケティング手法も加われば、TV番組制作とも被ってきます。

しかし、投稿する動画がそうなっていないから視聴されない、あるいは逆に、そうなっているから再生回数が急増する、ということでもありません。

結局、大事なことは・・

大事な要素としては、不快感がないこと、共感テーマがあること、有益な情報があること、でしょうか。そしてその次に大事なのは「継続」です。

3要素に共通することは、視聴者(お客様)に視聴価値ある、ということです。

わかりやすい事例で言うと、私が投稿した動画の多くは大した再生回数ではないのに、一部に数多くの再生回数とエンゲージメントを記録した動画もあります。経験の長さやクオリティとは無関係に、純粋に率直に評価される側面を持っているという裏づけでもあります。

一見、お遊びのようなYouTube投稿ですが、真剣に取り組めば取り組むほど奥が深く、ビジネスに通じる点が多いのも事実です。

そしてYouTubeは、投稿するためのプラットフォームではなく、企業による広告掲出と集客で成り立っている一媒体であるという認識も必要です。

そして本日の動画

動画の中の「露天風呂」は今までのアウトドア経験になかった発想でした。いつかやってみたいものです。

時間のない方は、13分50秒あたりからどうぞ。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

明日もいい一日でありますように。

バンライフ, ライフスタイル

秘密基地NVANでランチダイエットを始めました

ランチタイムを1個のりんごで済ませてダイエットを試みるおっさん。

先週月曜日から初めての成果は・・・、減量数値は1kgちょうどでした。

1週間やってわかったこと

りんご1個でも充分腹持ちする、ということがわかりました。

食べるのは一日1個ですが、車内にはいくつのりんごは常備しているので、車に乗るたびに漂うりんごの香りが邪念から遠ざけてくれます。(特に王林)

そしてもう一点。

BGMを聞こえるか聞こえないかくらいのボリュームで流してヨコになると、短時間で集中して眠れることがわかりました。気持ちがとても落ち着くのです。

BGMは、Sound Cloudというドイツのベルリンに拠点を置くSoundCloud Limitedが運営する音声ファイル共有サービスから好みのジャンルをダウンロードしています。

アカウントを取ると自分のページを持つことができてなかなか便利です。YouTubeの動画BGMとして使用している人も多いと聞きます。もちろん、無料。

静かに静かに過ごすランチタイムも贅沢です。

食べ物

メスティンで「激辛紅鮭の炊き込みご飯」を作ってみました

今夜は手抜きメニュー、炊き込みご飯にしてみました。

そう思いついたのは、スーパーにあった「激辛紅鮭」が美味しそうだったから。

ここで言う「激辛」とは、塩辛い鮭のことです。

作り方は簡単です。

吸水したお米に定量の水と、日本酒大さじ1、白だし大さじ1、だし昆布を入れ、炊き上げます。

炊き上がったら、一旦、鮭を取り除き、小骨をとって、ご飯に戻してかき混ぜるだけ。

吸水と炊き上げに時間は要しますが、作り方はとても簡単です。

見た目も美しく、ピリッとした塩辛さでご飯がすすみます。

そして本日の動画

動画の内容はもちろんですが、青森弁がどこか耳に心地よく、観入ってしまいます。

動画の中では66歳とのことですが、頑張っていらっしゃいますね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

明日もいい一日でありますように。

食べ物

メスティンで「ベトナムフォー風玉うどん」を作ってみました

ダイエット3日目の夕食は「うどん」にしてみました。

トッピングに鶏むね肉を使おうかとも思いましたが、アウトドア生活を想定しているうちに、サラダチキンの流用を思いつきました。

「思いつき」でしたが、想像以上にホンモノっぽい風味で大成功。アウトドアでも簡単に作れるうどんレシピをご紹介します。

ハーブやスモークなどの種類もありましたが、プレーンの切り落としを選びました。

結果的に、見た目も味もこれで正解でした。

材料

ナンプラーを大さじ3杯使いました

<スープの材料>

水・・300ml

創味シャンタン・・・大さじ3

ナンプラー・・・大さじ3

生姜・・・適量

塩・・・適量


<メインの材料>

うどん・・1人前(今回は冷蔵玉うどんを使いました。)

パクチー・・適量

サラダチキン・・1パック

作り方

まず最初にサラダチキンに下味をつけます。

下味といっても岩塩、コショーを適量ふりかけるだけです。そのまま食べても美味しいと感じるくらいの塩加減で良いと思います。

次にスープ。スープの材料を全て水の中に入れ、沸騰させ、味を見ながら塩で味を整えます。

スープができたらうどんを投入して2〜3分。

サラダチキン、パクチー、ライムなどを乗せて出来上がりです。

生姜は1片だけの使用でしたが、上品な辛さを引き出して、とてもいい感じに仕上がりました。

そして本日の動画

働く女子のありのままの生活感を収録しているようで、観られることをしっかり意識している感が伝わってくるのと動画中のコメントのセンスに惹かれ、最近ハマっています。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

明日もいい一日でありますように。

食べ物

メスティンで「スープ水餃子」を作ってみました

便利で簡単。味の素「ギョーザ」を使ってスープ餃子を作ってみました。夕食とつまみを兼ねた、質素な食事です。

普段の中華が劇的グレードアップ

町中華では「焼き」に押され、主役になりきれない水餃子ですが、味わいに深みや香などのオリジナルの特色が出るのでは?と思い「八角」加えてみました。

写真は以前スーパーで買ったもので今回が初登場。128円とか、そんな値段だったと思います。

「八角」について調べたら、中国原産の「トウシキミ」という木の果実を乾燥させたものらしいです。松ぼっくりの仲間かと思っていましたが、果実だったのですね。

パッケージには香が強いので少量に割って使う、との注意書きがあったので、5㎜ほどの欠片にして加えました。

「スープ水餃子」の作り方

作り方は簡単。水300mlに対し、創味シャンタンを大さじ1杯ほど。

冷凍餃子(味の素冷凍餃子)5~6個と八角を入れて煮込むだけです。

「創味シャンタン」と「八角」。たったこれだけで、優しく上品な味わいになりました。驚きです。

酒を飲んでいるうちに冷めたら温め直してもいいし、メスティンの後片付けもサッと洗うだけで簡単です。

アウトドア以外でも、なにか物足りない時や不意の来客の一品に便利なメニューです。

おすすめします。