ツール

【おすすめ】防犯対策にも有効なドライブレコーダー

少し前から気になっていたドライブレコーダーをご紹介します。NEOTOKYOというブランド名で販売されているミラー型ドライブレコーダーです。

WEBサイトでは消費者の立場にたって詳しく解説したコンテンツに溢れ、商品はもとより、その説明が良くできていて関心しておりました。

すでに多くのメディアで取り上げられている製品です。

おすすめの理由

1.フルHD高解像度の前中後3カメラで24時間同時撮影で死角が少ない

2.24時間赤外線で盗難やいたずら被害も常時監視

3.GPS装備で走行位置も記録

交通事故と盗難リスク

昨今ブームの車中泊ですが、宿泊地間の道のりは、普段は通ることのない知らない道を通る上、車中泊翌日は寝不足だったりと、こちらが加害者となってしまうリスクも伴います。

コロナ禍もあり、昨年以降、自分自身が市街地駐車する機会はほとんどなくなったので、街中での車上荒らしなどの被害リスクは少なくなりましたが、その反面、近所の交番発行の新聞では、最近、住宅地での車上荒らしが多発していると伝えています。

飲食店の営業時間短縮や外出自粛の余波で、盗難多発地域の色分けも変わるかもしれません。

ライフスタイルや昨今の社会情勢を振り返ってみると、多くのリスクに囲まれて生活していることがよくわかります。そしてそのリスクはいつも一定ではなく、いろんな局面で変化するものだと理解していた方がよさそうです。

駐車中の車内外を赤外線で常時監視する機能は万が一の時に役立ちそうです。

NEOTOKYOミラーカム

【テレビCM放映開始】ネオトーキョーから最強のドラレコ「ミラーカム」登場!デジタルミラー+リアカメラで後方視野を大幅に拡大。死角を減らし、より安全な走行を可能に。荷物や後席乗員も視界のジャマになりません。さらに前後とも強力な暗視性能を持つソニーIMX307センサーを採用。真っ暗な夜道も肉眼より明るく映し出します。カメラは前後ともフルHD高解像度で前後車のナンバーもしっかり撮影。GPS装備で速度や走行位置も同時記録、専用アプリで走行経路をGoogle Map上で再生できます。設置はかんたん、本体を既存室内ミラーに付属のゴムバンドでかぶせ、シガーソケットに挿すだけ。

こんな方におすすめ

1.夜間や休日、母屋から離れた場所に駐車している人

2.視界が良くない車両(窓ガラスを遮光している場合など)

3.日常的に車を使う人はもちろん、たまにしか車を使わない人もぜひ。

お求めはこちらからどうぞ

ツール

【おすすめ】室内外を測れるメモリー機能付き温度計

NVANのメーターパネル内には外気温表示があるもで、運転中には外気温を常時確認できるのですが、エンジンを切って車内で過ごす時でも気温を確認できたら便利、と思い、Amazonで調達した温度計をNVANに取り付けました。

写真は、車外にセンサーを取り付けるため、ルーフレールに這わせたコードです。剥き出しですが、車高は約2mあるのでルーフレールに隠れて見えません。

センサー先端には吸盤が付いています。私はルーフキャリアの取り付け金具の内側に設置しました。

車内にはバックドアのゴムパッキンに挟み込むようにして車内に引き込みました。

これが車内に設置した温度計本体です。

裏側にマグネットがついているので、NVANオプションの有孔ボードにそのままくっつけました。

本体収納式のスタンドも付いているので、自宅内でもちょっとしたスペースに置いて使うこともできます。

おすすめする理由

この温度計は、放置するだけで、室内、室外の、それぞれ最低・最高気温とその時刻を記憶してくれます。

おすすめする理由は、朝起きた時に、昨晩は何度まで冷え込んだのかを知ることができるからです。つまり、車中泊時の防寒対策の効果を、体感と実測値をもとに確認・評価ができるので、寒暖対策のスキルアップにつなげられるワケです。

家庭生活においても、室内外の気温を常時表示する機能は便利です。

おすすめする温度計は

例えば、室内温度が暖房使用により快適であっても、室外温度が極端に低ければ、暖房を消した後の夜間の冷え込みを想定した対応を取ることができます。

購入したのは、Amazon クレセルというメーカーで、1,000円ちょっとだったと思いますが、今サイトを見たら、3,980円で掲載されていました。

コロナ禍も起因してか、Wi-Fiでスマホでデータを確認できるものや、さまざまなタイプがあるので、商品レビューを確認して目的に応じて選ぶのが良いと思います。

車中泊時の体感温度は

一昨日、宮城山形にまたがる蔵王山で車中泊した時の車外最低気温は、就寝時より約4℃下がったマイナス5.8℃(室内は19℃→マイナス2℃)でしたが、寝袋(ナンガオーロラ650DX)だけでも十分に暖かく、全く問題なく快適に熟睡できました。

使用したマットは、サーマレスト社リッジレストソーラー(R値3.5)です。マットも暖かさや快眠に大きく影響しますので、ご参考にしてください。

バンライフ, 旅と温泉

【車中泊】無人の共同浴場めぐり(2)

昨晩は蔵王スキー場付近の駐車場に車中泊しました。厳冬期の車中泊体験すで次につながる何かを発見したいのと、温泉に浸かってリフレッシュすることが目的です。

今日は6:00営業開始の共同浴場へ。ここから5分ほどの距離にありますが、昨日の共同浴場も、これから向かう共同浴場も初めての体験です。

昨晩は熟睡しました。ナンガの寝袋(オーロラ650)は寒さ知らずで最強です。まずは眠気覚ましにコーヒーを。やかんの上にあるのは自然解凍させたニチレイ今川焼きです。最近ハマっていて、自宅から1個だけ持ってきました。

共同浴場で一番風呂

時刻は朝6:00を少し回ったところ。スキーを担いだ若者数名を見かけた以外は車も通っていませんでした。本来であれば、夜明け前といえども除雪作業で慌ただしい朝なのかもしれませんが、雪が降らなかったのでとても静かです。

「蔵王温泉下湯共同浴場」は、昨日行った「上湯共同浴場」の2〜300mくらい手前、至近距離にありました。蔵王温泉街の中心部から少し奥に入ったところにありました。

ここは番頭さんはおらず、時間で自動的に施錠、解錠する仕組みで運営されている無人の共同浴場。浴場内の作りは上湯共同浴場と似ています。

泉質は強酸性は昨日と変わりありませんが、若干、透明度はこちらの方が高いような気がします。それでも温泉特有の匂いは半端なく、今、こうして記事を書いている時でも温泉の匂いに包まれています。身体中の毛穴を通じて細胞にまで温泉成分が染み込んだような感じです。

蔵王温泉の共同浴場めぐり似て車中泊の旅、趣も泉質も最高でした。来週は修理を依頼したMacBookの引き取りがあるので再訪したいと思います。

バンライフ, 旅と温泉

【車中泊】無人の共同浴場めぐり(1)

MacBookの修理依頼で山形市にやってきました。

明日も休みなので、泊まるもよし家に帰るもよしのノープランですが、8割方、何も予定のない時間を満喫する覚悟で自宅を出てきました。

MacBookをApple正規プロバイダへ預けた後は自由です。まずは蔵王温泉にある共同浴場へ。

入浴料は200円、泉質は蔵王温泉特有の強酸性で熱めの湯。酸性なので肌に傷があったりするとヒリヒリします。

コロナ対策もあって、入り口には6名まで、との注意書きがありましたが、先客は地元民っぽい人が一人だけで、5分もしないうちに独り占め状態となりました。

時折り、学校帰りの女子児童の笑い声が聞こえるだけで、それ以外は源泉が湯船を満たす音しかありません。なんとも贅沢です。

ランチには蕎麦かラーメンでもと考えていたのですが、買い物しているうちに食いそびれ、山形蔵王スキー場を見下ろせえる場所まで来てしまいました。

ここはスキー場の駐車場っぽいです。それも第4とか第5とか、場内が満杯になった時に使われる駐車場のようですが、誰もいません。

今日はここに投宿です。

メスティンでマグロ丼を作ろうかと思って買ったメバチマグロ。

早く落ち着きたくて、ご飯は炊かずに刺身でいただきます。

豪雪地帯の山の頂付近ですが、今は降雪も風もなく、とても静かです。

車内は快適な気温です。

ウイスキーに切り替えてもう少し飲んだら、星空撮影に挑戦して、明日朝6:00営業開始の共同浴場を楽しみに、シュラフに入ろうと思います。

グルメ, ツール

【メスティンレシピ】簡単フルーツゼリー

メスティンは加熱調理で使うことが多いですが、熱伝導率が高いアルミ製なので、今時分であれば、車中泊時に外に放置するだけで、ゼリーも簡単に作ることができます。

メロゴールドは258円とちょっとお高いですが、いちごだけだとコスパ悪いので、メロゴールドも加えてゼリーを作ってみました。

作り方は簡単

基本的にはゼラチンをお湯で溶いて、砂糖を加えて冷やすだけ、です。

難しいのは、メロゴールドの薄皮剥きでした。大玉サイズなので、薄皮を剥こうとしても実も割れやすいのです。

実割れさせることなくきれいに剥くことができたのは数少ないですが、食べるには全く問題はないでしょう。

アレンジの幅も広そう

ゼラチンはお湯で溶きましたが、燗をつけた日本酒ならどうでしょうか。

近々、実験してみたいと思います。

グルメ

【メスティンレシピ】簡単で美味しくて割安「いわしのレモン煮」

近所のスーパーで「丸干しいわし」を買いました。5尾入って298円と庶民価格です。

ここ数日、メスティンで簡単に作れる料理のバリエーションを増やそうと色々チャレンジしていますが、これがなかなか楽しいです。たまに失敗することもありますが、容器はメスティンなので、1回あたりに作る量は少なく、失敗も怖くはありません。

材料も手軽

レモンとオリーブオイルと塩があれば簡単にできてしまいます。

材料やレシピ、というほど、手間はありませんが、インスタ映えを狙い、飾り付けと香りづけに、ミニトマトやローズマリーなどを使いました。

弱火で15分ほど煮て完成、とても美味しくいただきました。

ご飯のおかずにも酒のつまみにも、洋酒にも合いそうです。

次回の課題

写真右のスパイス、「ピンクペパー」を使い忘れてしまいました。鮮やかな彩りで青魚の臭みを消すのに役立ちそう。次回の課題です。

バンライフ

NVANでくつろぐ時の目隠しアイテム

HONDA純正のプライバシーシェードは、純正なだけあって寸法もほぼピッタリの上、白地厚手の生地は、黒生地と比べて圧迫感も少なく、明るさもあって車中泊時にはとても安心感があります。

運転席と助手席側に窓がついているので、外の天気なども確認しやすいような作りになっています。

しかし欠点もあります。車中泊など長時間、車の中に滞在する時は便利なアイテムですが、ランチタイムなどちょっとした休憩時間に設置するのは面倒です。(後部座席と後方ガラスは常時設置しています)

全席を覆う生地は、両手を広げても足りないくらいの長さがあり、しかもいびつな形状なので折り畳むのもコツが要ります。

クッションがちょうど良いサイズ

NVANの長所のひとつに、助手席背もたれを前方に倒すことができ、車内をフラットな状態で使用できます。

しかし、背もたれを前方に倒すと、背もたれ裏側のビニール素材が表面に剥き出しになるのですが、冷たく安っぽい感じ丸出しの質感を隠すため、「しまむら」でたまたま見つけたクッションを使用しています。

そのクッションが、助手席窓ガラス寸法と同等ということに気づきました。

ただし、そのままで助手席窓に立てかけただけでは安定感がないので、純正のプライバシーシェード設置用のマジックテープを活用して固定することにしました。

こんな感じで固定することができました。(運転席は100均の銀マットを使用しています。)

車内から見ると、両サイドが大きな隙間になっっていますが、車外からは思ったほど車内は見えません。

ひとつだけ気になることが・・

先のこの画像は、スマホで撮影したのですが、マジックテープ部分を二次元バーコードとして誤認したようでした。

「WEBサイトを開きますか?」というメッセージが表示され、すぐに消してしまったのですが、カメラがマジックテープを二次元バーコードと誤認識したままWEBサイトを開いたら、どこのサイトに繋がったのか、とても気になりました。

その後、何度かチャレンジしたのですが、二度と誤認識することはありませんでした。

それでも軽自動車は、こんな些細な工夫が楽しいものです。

最後までご覧いただき、ありがとございました。

デジタル

視聴回数が増えたYouTube投稿動画

2019年末、自然や田舎の風景のタイムラプスや環境音を中心に収録・配信するYouTubeチャンネルを新たに追加しました。

以下は温泉に浸かっている時の音をテーマにした投稿動画です。「動画」といっても、正しくは静止画ではない、というだけで、画像にストーリーや大きな動きが動画ではありません。

YouTubeチャンネルには今でも時折動画を投稿しているのですが、当面の目的は、投稿を体験して、前後のさまざまなスキルや知識を身につけることです。

「量」はいずれ「質」に転化するとの考えで、目下、研究を重ねているところです。

YouTube収益化への道

巷には動画を投稿するだけで収入になる、と誤解している人も多いようです。

YouTubeで収益を得られる動画を制作するには、多くのスキルが要求されますが、それ以前に収益化するまでにはいくつかの条件があります。

1、チャンネル登録者数1,000人以上

2、動画再生時間4,000時間以上

これといった得意分野も世界観もない私にとっては、上に記載したどの条件も難関です。当時の投稿動画は短編中心だったので、「再生時間4,000時間以上」のクリアは特に難しいと思いました。

理由は、1〜2分の動画であれば12〜24万回の視聴回数が必要だからです。

*現在、8分未満の動画にはミッドロール広告が入らなくなり、収益化対象外になったようです。

YouTube動画投稿に重要なこと

そんなこともあり、投稿動画は1時間前後の長尺にし、3〜4年後に条件クリアできればいいという思いで投稿しています。

冒頭の温泉動画は、投稿後しばらくはひっそりとしたものでしたが、気づけば、動画再生時間は今日の時点で1,752時間(視聴回数で約9,500回)となっていました。43.8%の進捗状況です。単純計算ですが、今年11月頃には再生回数時間の条件をクリアできるペースです。

YouTubeに投稿する人は、投稿後しばらくはほとんど見向きもされず、99%が1年未満で脱落すると言われています。収益や再生回数、チャンネル登録者数を期待するあまり、心が折れてしまうからでしょう。

それでも継続さえしていれば、世の中の何かがきっかけで、存在が認知され、知らぬ間に再生回数が増える、というのもよく聞くエピソードですが、まさか、自分にもそんな体験を得られるとは思ってもみませんでした。

数多くのSNSが普及していますが、Instagram、LINE、Twitter等では、投稿記事の鮮度も重要ですが、YouTubeは違います。数年前に投稿された動画を偶然見つけたり、視聴したりすることは珍しいことではありません。

多くの人に見てもらおうと思うのであれば、「継続すること」がもっとも重要です。

YouTubeはマーケティング

視聴回数を押し上げた「緊急事態宣言」

上の図は、私のYouTubeチャンネルの管理画面で見た、冒頭の温泉動画の視聴回数グラフの一部分を切り取ったものです。縦軸は再生回数、横軸は投稿後からの経過日数です。

4月10日(金)から折れ線グラフが右肩上がりに伸び始めています。

緊急事態宣言が出されたのが4月7日でした。外出自粛で増えた在宅時間と溜まるストレスから、温泉動画で癒そうとした人も多かったのではないでしょうか。

実際にそのようなコメントも多々頂戴しました。

趣味ジャンルを除く動画では、社会情勢によって出現する検索ワードに左右されることも多いと思います。

意図どおり視聴されたか

温泉動画は、温泉に浸っている雰囲気を味わってもらう意図で制作したものでしたが、実際はどうたっだのでしょうか。

上のグラフは、温泉動画から離脱した時間帯を表したものです。

グラフからは、映像に変化のない1時間もの超大作でありながら、約1割が最後まで離脱せずに試聴されていることが読み取れました。

最初の数分で多くの人が離脱していますが、それ以外の視聴者は最後まで視聴されています。想定では最後まで視聴される人はほとんどいないと思っていましたが、そうではありませんでした。

よくよく振り返ってみれば、動画タイトルから受けるイメージと相違ない内容だった、ということも離脱を最小限になっているポイントになっているかもしれません。

ちなみに、この折れ線グラフ途中に山がある場合は繰り返し再生されているシーンです。グラフ曲線の形から、視聴者維持率を左右する重要なシーンを分析することができ、投稿者は次作の動画編集に役立てることができるのです。

このほか、チャンネル登録者は、YouTube管理画面でさまざまな分析ツール(アナリティクス)を使うことができます。

Googleでこうしたツールをチャンネル登録者に提供することで、投稿画像の質を高くすることができます。それがコンテンツと親和性・嗜好性の結びつきの強い視聴者を増やすことにつながり、結果、YouTubeでの広告効果も高くなる仕組みです。

動画への流入経路

チャンネル登録者数が多いと動画再生回数も増えると思われがちですが、これも間違いです。

動画への流入経路は、チャンネル登録(投稿後に通知される)からは約2割しかないと言われていて、残り8割は主に「検索から」です。実際、温泉動画もそれ以外の投稿動画も流入経路は検索が大半を占めています。

つまりは、動画タイトル、動画説明欄、タグなど、きちんと考えて作らないと数字に結びつきません。

動画投稿自体はスマホやアプリの性能向上により、身近で簡単なものはなりましたが、「数」を増やそうというのであれば、撮影技術、編集スキル、文章表現、SEO対策、データ分析力など、実に多くの技術と知識、経験が必要です。

しかし、こうした裏側の仕組みなどを一つひとつ、調べて、体験して、解決していくことは実に楽しいものです。その積み重ねが「無限の自由旅行」を現実のものにしてくれることでしょう。

やってみなければわからない、やった人でなければわからない、ということだけは言えそうです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ビジネス

ストックフォトクリエイターへの道

昨日、今年6点目の画像がダウンロードいただきました。

クリエイター登録350,753人中、44,307位です。

350人中44位と受け止めてみれば、駆け出しの身としてはまずまず希望が持てるランキングです。

「作品」とは違う

ストックフォトは、プレゼン資料やHP素材などに使用したいと思った人が、手っ取り早くイメージにあった画像を調達できるサービスです。

風景写真家が時期を狙って、時には待機しその瞬間を撮影する「作品」とは若干、異なるわけです。

これまでは、「作品」を撮影しようと力んでばかりいましたが、ストックフォトを選ぶ人の立場や写真の役割からからすると、画像に文字を組み合わせる使い方も多いはずです。

中心となる被写体が、構図の中央にあっては使いにくい写真になることもあるでしょう。

また、ヨコ画像ではなくタテ画像の方が使いやすいかもしれません。

これからは、一つのテーマ・被写体でも、右寄り、左寄り、ヨコ、タテと複数の構図でバリエーションを増やして出品しようと思います。

選んでもらうための気配りと工夫、選ぶ側の立場に立った発想が必要ということに気づきました。

経験してみてわかったことは成長の糧と信じて、これからも日々、精進です。

ビジネス

コロナ影響の本質

こんにちはtamasabuです。本サイト名称を本日から変更しましたが、テーマに変わりはありません。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

さて、昨日から緊急事態宣言が発出されることになったと盛んに報道されています。コロナが収束する気配はいまだなく、この影響がいつまで続くのか、誰もが気にしているところでしょう。

報道は緊迫感を増す一方ですが、私の身の周りで、TVの情報番組で見るような経済的に危機を迎えている気配を感じることはありません。なぜなのでしょうか。

コロナ前後での収入増減比較

コロナ禍ではさまざまな分野で直接的・間接的なマイナス影響を受けています。これはまぎれもない事実であり、この後もしばらくは続きそうです。

しかし、約7,500万人いると言われている年金受給者と公務員の計約7,900万人は、コロナ前後で収入に大きな変化はありません。年金受給者すべての人が豊かな暮らしかどうかは別として、1億2,600万人のうち約65%の人は、コロナ前後での収入に大きな増減はなさそうです。

そしてさらに、就業人口約6,630万人のうち約33%にあたる約2,200万人が非正規雇用と言われていますが、コロナ後に収入が減少した人は全てではありません。

家庭内の職業構成や雇用形態構成にはいろいろなパターンがあるので、単純に雇用形態の人数だけをとりあげて単純比較はできませんが、コロナ後に収入が激減した人の数は、TVの情報番組が伝える印象ほど多くはないのかもしれません。(収入が減少した人にとって深刻な問題であることには間違いありません。)

みずほ総合研究所の分析

2020年7月発表の「みずほ総合研究所の分析レポート」に、職種別の雇用者所得前年比の件があります。それによると「宿泊・飲食」が最も大きなマイナスで、次いで「生活関連・娯楽」、「製造業」、「卸売・小売業」と続きます。(「金融・保険」は最も大きなプラスになっています。)

しかし、雇用者所得の減少率が合計値より相対的に大きかった「宿泊・飲食」、「生活関連・娯楽」、「製造業」、「卸売・小売業」の4産業に就業している世帯主の割合は、合計で約25%で、世帯ではなく人数(就業者数)ベースで割合を計算してもほぼ変わらないとしています。

影響を大きく受けている家計は上記4業種以外にもあることや、この4業種内でも影響が小さい家計があるため、昨今、貧困を伝えるTV情報番組から受ける印象は、実際よりも過大になっている可能性が考えられます。

だとすれば、慎重になるがあまり、後手後手に回っているように見える政府の姿勢もわからないでもありません。

私の考えですが、コロナ影響の本質とは、影響を受けている人数の大小ではなく、深い傷を負っている人に差し伸べる手や声が掻き消されるような政治判断の誤り、進化するテクノロジーを学ぼうとしない管理職と組織の悲劇、交流の希薄化で身の置き場や生きがいをなくした高齢者の3点だと思います。

ホームレスのSNS進出

コロナ禍に関連した溢れる話題を自分なりに情報整理しようとした昨晩、ホームレスにまつわるYouTubeチャンネルを見つけました。

コロナ禍で仕事と住居を同時に失いホームレスとなった人に密着し、経緯や生活の様子を取材する内容で、チャンネル登録者数3.8万人と多くの視聴者から支持を受けているチャンネルでした。

「ホームレス」というショッキングな響きとコロナ禍に便乗した、迷惑系YouTuberかと思いきや、内容はとてもまじめです。

ホームレスの方々の求職活動を支援したり、食事や面接のための散髪代やスーツ代を肩代わりするなどのサポートの様子も動画にまとめています。

ホームレスへの求職活動支援など、共感を呼ぶストーリーは動画再生回数も伸びやすく、チャンネル開設者の収益にもなる、意義のあるビジネスモデルです。また、絵が得意なホームレスの人が描いた作品を、路上やネット販売して収益化にもつなげています。

ただし、ホームレスの存在がなければ成り立たないビジネスなので、求職活動支援に矛盾を感じないこともないのですが、応援したいという視聴者も多く、コンテンツとしては面白いです。

取材を受けたホームレスの人にとっては、動画再生回数を気にする場面もありました。自身がYouTubeで取り上げられることで、ホームレスから卒業できるきっかけになればと期待しているようです。(ホームレスの人は公衆WiFiで通信できるSIMなしのスマホを持っている人も多いようです。)

見ていて気持ちのいいものではありませんが、現代人の志向と社会問題をとらえた素晴らしいコンテンツではないでしょうか。加えて、チャンネル開設者のInstagramでは、専門雑誌のようなアングルでその世界観を描いていて、表現方法としてもとても勉強になります。

身の周りで経済的危機を感じない理由

ところで、冒頭記載の、私の身の周りで経済的な悲壮感を感じないのは、住んでいる場所が農村部の田舎ゆえ、その4産業に従事している人が周囲にいないだけと思います。

コロナ影響は確実にこれまでの生活や消費価値を変化させています。これからも続くと思いますが、TVだけの情報に頼らず、かといって安易に身の周りの様子で楽観視することもせず、データを元に、状況を正しく理解することが重要です。